粋な人、野暮な人、残念な人~人は年齢ではなく行動で見る~


いやはや、いやはや!

忙しいです!
トランプ政権誕生後の筋読みで要人の行動、発言を追いながら講演するのって、口内炎になるくらい頭が忙しく、脳みそ沸騰。これを言葉に直し、個々の銘柄に落とし込んで、60-90分の講演ストーリイにレジュメにし、講演するのは全力疾走アスリートみたいな感じになります。

しかも、筋を書く人たちは見破られないよう、最後の最後まで筋読みされないように行動しているところがあるので、難しいですね。

さあ、夜、一つの講演が終わり、次の朝講演が始まるまでの夜ご飯。
エキナカの立ち食い寿司に立ち寄ったのです。

金曜日夜遅めともなると込み合って行列もできていたのですが、ふと、カウンターを見ると、飲み、食べも終わって、追加注文もないようなのに40歳代らいの会社員数名が、酔いもあってかぐだくだ、くだくだ、とぐろを巻いている・・・・。お待ち人数はどんどん膨らんでいるのに、まるで気にする風もなし。

思わず「野暮だねえ!」と思っちゃいました。

「ささっと食べて、ささっと飲んではけようぜ」とか、上司みたいな人が言えば粋なのにねえ。
残念!

と、その時、

「おい! ふざけんじゃねえ! この野郎。なんだお前!!」と団体職員風のこちらも40歳代くらいの男が気色ばんでるんです。

一体、どうしたのかしら?

と見ると高校生くらいの若い女の店員さんがお客様の確認をしているのに、自分が最初にカウントされなかったことを行列の先頭にいた男が怒って抗議しているようなのです。

「俺が先だろ! ふざけんじやねえ!」

これから寿司を食べようって時に何を野暮な声を上げているのかしら?
全く、粋じゃないわねえ・・・・。

一応はそれなりの人に見えるのに、何だろう、としげしげとみてしまいました。

こういう人は職場ではおとなしいんでしょうけど、ちょっと状況が変わると、豹変するタイプかな?

それ以上、女性店員に絡むようなら、

「ちょいと、おにいさん、何、大きな声だしてんの?」くらいは言ってやろうと思いましたが、それ以上は何もなかったので、まあ、こちらも黙っていました。

さて、翌日。
朝活セミナーが終わり、老舗和紙屋に千代紙を買いに立ち寄ったのですね。
すると!

そこにも野暮なお客さんがいました。
千代紙の売り場を二人のアクティブおばばさまが独占。私も含むほかの人も「千代紙、見たいなあ」と背後からちらちら、そわそわしているのに、「あら、これもいいわね」「あら、あなた、こういうのもあるわよ」と場所を独占。

仕方なく、端っこのほうで、ホルダーを順次見ていたら、そこに片割れのおばばさまがやってきて、金地に招き猫の図柄の千代紙を見つけ「あら、猫のがあるわよ」とお友達おばばさまに。私がホルダーを上げて、招き猫の千代紙を取りやすいようにしてあげると、「ありがとう」もなく、お友達おばばさまのところにそのホルダーを持って行く。

はあ~、粋じゃないわねえ、先輩女性としてもう少し、素敵なお作法をお見せいただきたかったわとと残念な気持ちに。

「千代紙はホルダーごとレジにお持ちください」とホルダーに表記されてあるのに、全部、抜き出してしまうおばばさま。

この世には二タイプの人がいて、一つは「ああ、あの人みたいになりたい!」という姿を見せて教えてくれる人。もう一つは「ああ、こんな人にはなりたくない」という姿で教えてくれる人。

どちらもありがたい現神様なんですって。

今回の全員に共通するのは、「野暮」

つくづく粋な人になりなさいってことを教わった気がします。

人は自分の姿で誰かの役に立つ。

私も「昨日はバリバリ滑舌が良かったけれど、今日は滑舌悪かったなー」と思うことがあります。そういうときはその後の登壇者を引き立てたんだ、と思うようにしています。emoticon-0105-wink.gif

さあ、12月4日は名古屋に行き、13:00から講演です。

f0073848_21351533.png



東京での講演が二件。

f0073848_21390660.png


f0073848_21334839.png

頑張ります!









# by yoshi-aki2006 | 2016-12-03 22:10 | 人間考察 | Comments(0)  

20歳代で1000万円資産を作る!

今、20歳代で1000万円の資産を持つ女子というのがちょっとしたブームになっているのですね。
「えっ?」と驚く人もいると思いますが、自分の実感として不可能ではない、と思います。
かくいう私も、20歳代でかなり資産形成ができた経験があります。商売をしていた両親のお金の苦労を見て育ったので、高校時代から「自分で管理できるお金は必要だな」と感じ、早くから頑張ったからだと思います。

が、最初はホントにお金がありませんでした。父親の事業の厳しい時には子供たちのおこずかいを貯めた定期預金まで解約しなければなりませんでしたから、自由になるお金がホントになかったのです。朝ごはんのない日もあったり。不況の時は家全体が「お金がないよう~!!」という状態でした。

お年玉やおこずかいをいくら貯めても金額は知れたもの。使う前に商売の焼け石に水にされてしまう・・・・。そこで自分で稼ごう!と思い、高校時代にスケートリンクのラーメン屋さんでアルバイトを始めました。が、時給で稼ぐ効率の悪さに立ち仕事でむくんだ足をさすりながら、「どうしたものかなあ」と考え込む日々。

大学時代は塾の先生、学園祭では農家から大根の葉をもらって、それを具にしたおにぎりを作って売ったり、カッパを仕入れ、にわか雨の時に売ったりしました。このときはわずかながら利益が出ました!商売のほうが雇われるより儲かるし、絶対面白い、と思いました。

若い時ならできるのではないか、と思い、何度もチャンスがありましたが、なかなか決断できませんでした。親の例もありましたし、幸か不幸か私には才覚もなかったし、店を出したり、会社で人を使って大きくしたりという具合に展開はしませんでした。

今の年齢になって言えることは商売人として成功する人もいるけれど、何千万円も借金を背負う人もいて、失敗者の老後はかなり悲惨だということです。だから、国民年金などの最低限のセーフティネットは自分で意識して、不払いなどせず、取り組んでおいたほうがいいですね。節税にもなるのだし。

また、若いうちに商売で成功しバブリーな味を覚えると、いい生活、華やかな交友関係、成功体験から逃れられなくなり、困った中高年になる負の遺産も意識しなければならないでしょう。

が、そんなこんなはともかく、就職率がいまだかつてないほど改善し、ほぼ100%就職できる人手不足の時代に入った今、給料収入がある間、せっせと貯蓄したり、許容範囲で資産運用も実践したほうがいいです。

いきなり投資で成功するようなことは偶然の産物なので、手堅く、基礎的なお金をまず貯めていくところからスタート。
22歳~28歳の6年間、月給30万円、年収が360万円の人なら毎月5万円は貯蓄するとして360万円貯められます。これを資金にして次のステップに進んでいくというコースを考えます。

私も最初は収入アップと支出セーブでせっせと基礎的資金を貯めました。
初投資は20歳の初めころ。株式投資デビューは26歳ころ。投資にはビギナーズラックがありました。そのフローで初めて中古マンションを六本木に購入したのは28歳でした。

ローンを組むとき、「女が不動産を買ってどうする!嫁に行けなくなる! 借金が返せなくなったらどうする!」と父は大反対でしたが、その言葉にメラメラと闘魂に火がついて、私は24時間365日営業も辞さない覚悟でひたすら原稿を書き、人の本の出版の企画などもして30歳前には売り上げ1000万円を達成できていました。

そして一時期はいくつも不動産を持ち、大家さん業にもいそしむことに。

大家さん業のことはメリットデメリット含めてまたの機会に書くことにしますが、「一人親方フリーランサー」では、フルに働いても売り上げ1000万円の壁を破るのはなかなか難しいものです。ここから頭一つ抜け出すには、よほど時流に恵まれるか、出演や連載を何本も持つか、印税で稼ぐとか、フローが生まれる仕組みを作っていくなどのシステムが必要です。才覚がある人の場合、そのステップに進めるのでしょうが、私の場合は忙しくなるとイライラしたり、税金の支払い、病気のリスクを考えるとホドホドの仕事量がいいと思えたり、老親介護、食事など家族の世話もあり、それができなくなるほど忙しいのは嫌だと思ったり。
また、株式という時価ネタを扱い、主に人前で話す商売なので、パーティ会場に呼ばれる寿司職人さんや出前ネタをされる職業の方に近い収入以上に伸ばすのは難しいと諦観したり('◇')ゞ
(売上から原価を引くと一人親方業の純利益はびっくりするほど低いですよ~
(;^ω^))

才覚がある人はもっと年収は多く、会社役員などになっている人の場合はゼロのけたが一つ二つ違うんですけど、ま、「ヒステリーにならないでやれるペース」「病気しないペース」を維持できていればいいかなと継続こそ力なりで今の身の丈にあった状態で低成長ながら配当は漸増スタイルで来ています!(^^)!

私の場合は資産も知識もゼロから貯蓄、仕事、不動産、外貨、株式投資で最低限の「余白」を作れる状態=ちょっと仕事を休んで海外に語学研修に行ったりしてもなんとか生活が回せる程度の維持がようやくできるようになりました。

私よりももっと豊かな生活を送っている人はたくさんいますが、ゼロからスタートする、という人向けに成功談や失敗談はたくさん、お話しできると思います。

ゼロからスタートする女子向けのリート・セミナーが
12月2日夜18時45分~
 
下のIRセミナーをクリックするとお申込みできます
 木村佳子の基調講演40分とリート3社の会社説明です。
主催はIRセミナーで定評のあるマジカルポケット社。
営業はありませんので安心してお越しください。女性向けです

f0073848_06105906.png
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


12月5日夜18:30女子資産運用
基礎から応用までのセミナー(言葉がわからないという状態から木村佳子が90分フルにご説明します)
下の画像をクリックするとお申込み画面にたどり着けます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


すでにベテランの資産運用者向けには12月15日
いずれも東京であります。男性も女性もご参加くださいね。
この日は個人投資家向けIRセミナー+木村佳子の基調講演です(主にストラテジーをお話しします 下の画像クリックでお申込み画面にたどり着けます)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

休日午前中なら出かけられるという方は
12月3日朝活セミナー 男性も女性もご参加くださいね。 
有力企業の個人投資家向けIRセミナー+木村佳子の基調講演(30分)
があります。



20歳代で1000万円作る!を目標に頑張れば、仕事にも張りが出ると思います。今、20歳代の人に贈る言葉としては
「成せばなる!」ということとでも、「決してケチケチ人間になるな」と「社会のルールを逸脱したことはしないでね」「能力開発投資は怠るな」です。

能力投資とは「きれいに食事するマナー」であったり、「英語でさらっと話せる能力」だったりです。

生活は地味に。
付き合う人は自分よりどこか優れた人と。







# by yoshi-aki2006 | 2016-11-21 06:52 | マネー | Comments(2)  

情報収集のコツ~人の話を聞く力~同じ情報でも100倍生かせる人とそうでない人がいる!

話すばかりでは成長できない。聞く側に身を置いて、聞く側がどんなことを聞きたがっているのか、身をもって体験しよう!

というわけで、とある大手セルサイドのイベント・プロモーションで株式投資関係のセミナーに潜入してみましたemoticon-0105-wink.gif

まず最初に登壇されたのは40歳代の女性課長。
声がよく通り、聞きやすい!
話すテンポもちょうどいいですねえ。落ち着いていて安定感があり、いいぞぉ~!
外見力も地味ながら知性的でアクセサリー、髪型もGOOD。フリーランサーにありがちな(私もだ~)いかにも出がけにヘアケア商品塗りたくりましたなどの「いじりまくりました」感がなく、自然です。

体格がよく、姿勢もよく、貫禄一歩手前で踏みとどまっているところが旦那さんとの仲は良好なのではないかな~などの想像もわき、(貫禄ベースに比重が乗っかっている場合、旦那さんを意識しなくなっているとみなせるため。踏みとどまっている感がある場合は、旦那さんの視線を多少、意識していると想像して・・・emoticon-0105-wink.gif)

が、あえてアラさがしをすると、通り一遍、つるりんとしたプレゼンで、「これではうーむ、とっかかり感がないかもなあ」と思いました。私も講演の時、気を付けなくては!!

理由は会社が大企業で安心感があるからなのかな???

安定感が停滞感になってはいけないので、ビリビリした電気を利き手に伝え、電流を流さなくてはなりませんね。崖っぷち感がない分、停滞感にもつながりかねない安定感がでてしまうのかも。
うむうむ、勉強になるぞ~! thank you berry match!

次はゼロから起業した若手創業社長登場!(お仕事で大変お世話になっている社長さんです!)
自分で起業して一部上場企業にまで育て上げた今、まだ40歳代の社長さん。もはやレジェンド。

彼のプレゼンでは電流出まくり。

とても参考になり、重要なことをずいぶんインプットできました。

さて、聞く力について。

セミナーの会場設営者側の意識の問題かと思うのですが、
途中入場者を真ん中の空いているお席に案内するため、
話に聞き入っている時にはとてもつらいものがあります。

私も遅れることがありますから、遅刻される方の立場も気持ちもよくわかるのですが、少なくとも話が佳境に入っている時に真ん中座席に座ろうとしたり、案内者が真ん中座席に座らせようとするのはいかがなものかと感じました。

真ん中座席に早々と荷物を積み上げて、絶対、真ん中座席に来てほしくないサインを出している人もいますが、それも社会性がない行為だと感じるため、私はなるべくしないようにしているのですが、主催者は頃合いを見て、途中入場者を座席に誘導すべきです。

それはバレエやフラメンコ、音楽などの催しにも言えること。
遅れた場合は後ろで控えたり、モニタールームで見て、頃合いを見て、会場座席に座る社会性が欲しいですね。

それとレジュメに書いてあることをしゃべっている、と飲んでかかって、携帯、スマホをいじり始めたり、ガサゴソガサゴソ、音を立てて荷物の整理を始めたりする人が少なからずいます。

新幹線車内やお芝居などの舞台でもガサゴソ音を立てて、お菓子などの袋を取り出す人がいますが、ほかの人にとってはノイズですよね。

人が話している時はちゃんと聞かないと(これは自分にも言い聞かせたいフレーズです)。

こんなに気分散漫では大切なポイントを聞き漏らすのではないか、と自分で自分に問いかけたいものです。

創業社長のお話の中にはたくさんの重要情報がちりばめられていました。しかし、社長の癖で、笑いながらサラッとおっしゃるので、ともすればたわいもないことのように聞こえなくもないのです。聞く力がない人はそれを聞き漏らしている。だから大切なお知らせを聞き漏らしたことにすら気が付かないまま、そうそうと帰り支度をして、まだ、お話が続いている最中に時計を気にして帰ってしまう。

社会性がないなあ・・・・。と、思います。

もちろん、自由社会ですから、「帰りのバスが無くなる!」とか「今日は用事がある」という事情で帰る場合もあろうかと思います。

しかし、「あ、だいたい分かった」みたいな帰り方は話し手に失礼であるばかりか、自分のためにも「せっかく時間を費やしたことの見届け」不足であるかもしれないのです。

ちゃんとしっかり聞く。
聞けたことは何だったかを顧みる。

その作業ナシでは何度、人の話を聞いても何か残るとか、次に生かせることはないのではないかと感じました(私も気を付けなくては)

耳は二つ。
口は一つ。

話す以上に聞く力が大切です。

というわけで、聞いたことを咀嚼して自分の栄養に換え、これからの聞いてくださる方に還元すべく、これから準備に専念です!

12月3日朝活セミナーのお申し込みサイトが完成しました。
概要がご覧になれます。
ぜひ、お時間がありましたらお出ましくださいませ!
http://irforum.jp/irseminar/161203/












# by yoshi-aki2006 | 2016-11-17 10:24 | 人間考察 | Comments(2)  

女子会で知る女子の「幸せ探し」は永遠に~


トランプ政権がアメリカに誕生し、11月14現場でお話した私の講演で

為替は年内に107円到達、
日経平均株価は申し上げた日頃までに控えめに見積もって18300円到達

とお話してきましたが、為替は2円ほど円安化が進行していますが、株価はほぼ射程圏に入ってきました。

あとは「転換点はいつか?」だけに集中して意識を向けていればいいので、今のうちにできることは全部しておこう、ということで長らくお会いしていなかった皆々様と女子会を開催。

月、火と続けて大人の女子会!

月曜日は銀座のレジェンド・バーテンダー岸久さんのスタアバーに。
f0073848_12023992.png
この建物の地下にあるお店がスタアバー。
とても素敵な場所でした。飲める女子の皆さんとご一緒だったので私もつい2杯。
最初は葡萄がベースのカクテル。
二杯目はサイドカー。ブランデーベースの強めのカクテル。
これでどん!と酔いました。

リーダーシップを発揮してくださったメンバーの機転でこの日のイベントは先に食前酒としてカクテルを飲み、その後、食事という流れだったので食事会ではリラックスして、酔い覚ましができました。感謝感謝!

ご一緒させていただいたメンバーは本当に素敵な方たちで改めて彼女たちの今の過ごし方に尊敬を覚えました。お一人は老親戚宅のおかたずけを体験し、ご自身の今後に断捨離断行を検討されているとか。ものであふれる我が家を思うと、「そうだな!」と思いあらたに!
彼女は誰でもがなれるわけではない役職につかれた経験を持ち、今はゆったりとマイペースで仕事をされています。一度、社会的に高い位置の役職につかれた後、どう引いていくかは永遠のテーマではないかと思います。

武田鉄矢さんが「登ったまんま、降りてこれない人生を遭難という」という言葉に救われたというように、人は役職や権力をいつかは手放さなくてはならないのです。しかし、一度登った山からは降りたくないのが人情です。引きずりおろそうとする相手を倒したり、策を用いて陥れたり・・・・。老害、老醜と言われても握ったものを手放したくないのも人の真実。そのむつかしさがあるから、「住友銀行秘史」が読まれるわけで、きれいに引いて、今、マイペースでご機嫌に仕事されている彼女に尊敬を覚えます。

もうお一人は体を鍛え続けていること。私も気を付けていますが、「あ、しんどい」と思って手抜きしがちなので頑張ろう!と思いました。体を鍛えると脳に効くというのは実感してとてもよくわかります。頭と体の乖離が始まる今の年齢に心身一体を継続できるのは大いなる強みです。頭と体が乖離しないというのは幸せの一つの形ではないでしょうか。

翌日は一つ年上のお姉さまと。

彼女はこれからもベストパートナーを求め続ける夢を捨ててない点で、「すごい!」と感心しました。

「ともかく仕事以外のことで頭を使うのはひたすら面倒くさい!」と思う私には遠い世界・・・・。新しい彼との楽しいデイトを語る少女のような先輩女性にまぶしいものを感じました~。

彼女がよく行くという六本木グランドハイアット東京にあるオークドアでホスピタリティあふれる若手のバーテンダーの素敵な対応にも感動し、

キールと
コスモポリタン

を楽しみました。

f0073848_12192698.jpg
六本木グランドハイアット東京のフロント近くにしつらえられた木の香りのする素敵なチャペルで。

人は人に元気を与えることができる! たくさん話してたくさん刺激を伝達して前向きに。
お時間を共にしてくださった素敵な女性たちに感謝です。

さあ、ぼつぼつ連続講演の準備に集中します。
講演でお会いできる日を楽しみにしています!






# by yoshi-aki2006 | 2016-11-16 12:23 | ライフスタイル | Comments(0)  

何故、「あってはならないこと」のように大騒ぎするのか?~トランプ氏はアメリカ国民の投票の結果

メディアでは連日のように

●トランプが選ばれてしまった
●これは大変だ
●日本はえらいことになる
●アメリカは分断騒ぎ
●世界経済は大変なことになる

などのテーマで大騒ぎです。まるでトランプ氏が選ばれたのが悪かったようなトーンなんですよね。私はこのトーンにとても違和感を覚えます。

なにもトランプ氏が不正をした結果、勝利したわけではなし、アメリカ国民の選択の結果がトランプ氏なのです。

2016年11月13日朝刊・朝日新聞の社説にアメリカ国民の声として「トランプ氏を選んだことに対する結果こうなったことに驚かれていることに驚いている、という声がある」という趣旨の記述がありました。私もなぜ、そう、マスメディアが驚くのか不思議です。

ならばウオール街や大企業から多額の献金を集め、メール問題をずっと蒸し返される危険のあったヒラリー氏をアメリカ国民が選んだほうが良かったのか?
夫がアメリカ大統領で自身も国務長官を務めた経験があるからエスタブリッシュメントにとって安心だったのか?

女性の代表だから、ガラスの天井を破る存在として、ヒラリーが大統領になる現実をみんなが望んだのか?

それはエスタブリッシュメントが想定している机上の計画図として都合がよかっただけだったのではないでしょうか。

普通に働いて、アメリカの中産階級から滑り落ちた生活者の実感からは遠かったから

・不法移民を国に戻そう、安く働く彼らが自分たちの職を結果的には奪ったのだから
・自由貿易でグローバル競争を進めるのはNO=職場が無くなったのはグローバル競争の結果だからそれに反対

を表明し

わかりやすいスローガンを掲げて自分の力で不動産王になった男=トランプ氏に票を投じたわけですね。

それに対して、各メディアの驚きようは何でしょう? メディアは「大変だ~」が商材なので、わからないではありませんが、民主主義の結果がトランプ氏を選んだことに対して、もう少し、敬意を表するべきだと感じます。

もちろん、民主主義も時に間違うのは歴史が証明しているとおりです。

美濃部都政で大借金ができ、改革派の都知事として青島幸男氏、石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏、舛添要一氏らを選んできたのは都民ですし、その流れで小池百合子氏も選ばれた流れを見ると、

・このひとこそは

で選んだ人にいい点とそうではない点があり、いい点がそうではない点を下回ったり、基本的なスタンスとして「これだけはNG」という点を守っていなければ、

・次こそいい人を

と次の人に託す。

黒人初の大統領として選ばれたオバマ氏のもとで黒人が何度も白人警官にむやみに命を取られたり、格差が広がるばかりで、財政赤字も膨らんだ。

だったら、手あかのついた人ではなく、今までとは違うタイプの人がいい、

というわけでしょう。

心配するとしたら、トランプ氏の「不法移民の強制送還」に反対する勢力からの報復でしょう。人気のあったレーガン大統領にもそうした不穏な変事がありました。

来年、トランプ氏は警護を万全にすべきでしょう。
というわけで、「トランプ大統領誕生は民意」ということから過剰に逸脱した扇動的な報道に毒されすぎないことが大切です。

アメリカの現状がけして「アメリカン・ドリーム」を醸成するものではない、ということが疲弊した中間所得層の実感であり、その打開をトランプ氏に託した、その動きにこそ、視線を向けるべきでしょう。

中間所得層の下流化はもうすでに始まって久しいとはいえ、数年後の日本はもっと格差が開いているかもしれません。日本の政治がロールモデルとしているアメリカはすでにその道をたどってきたわけです。

自分の未来に自分がしっかり計画性とセキュリティ対策を立てないといけませんよね。

●12月5日女性のための資産運用講座
ご参加は以下のリンク先からどうぞ!


f0073848_09372629.jpg
f0073848_11032510.png






# by yoshi-aki2006 | 2016-11-14 10:49 | アンテナ | Comments(0)  

トランプ大統領誕生で団塊ジュニア世代がもっともヤバい~社会保障と安全保障

えっ、アメリカ大統領選挙票の集計やり直し次第では、ヒラリー・クリントンさんが当選の可能性があると言っている人がいるんだって?

その場合は議会の指名で大統領が決められるそうですね。が、議会は共和党過半数となり、ねじれが解消したので、いったん手にした共和党筋の大統領という流れを共和党員が手放すのはどう考えても得策ではない。
だから、デモでトランプ大統領誕生に怒りまくっている若者を沈静化するために、ヒラリーに若干、花を持たせようとした話かもしれません。

トランプ大統領誕生に嫌気した人の中にはカナダ移民になる手続きを始めようとしたり、様々な動きがあるようですが、大統領選挙後の国家分断の危機は今に始まったことではなく、オバマ大統領が選出された時もありました。

オバマ大統領誕生の時はアメリカ株式市場は大幅に下げ、「財政の崖」問題からアメリカはマイナス成長に陥る、と就任前から、やはり大騒ぎだったのです。

そのオバマ大統領がなしたのは金融緩和と非戦争、黒人だって
大統領になれるというアメリカの自由の象徴役を果たしたこと。

しかし、金融緩和と非戦争姿勢に対しては歴史の評価を待つ部分があるものの、8年間、表立った戦争をしなかった点ではオバマ氏はノーベル平和賞を何もしない段階でもらってしまった恥を返上したのではないかと思います。

ただ、オバマ氏は特殊警察を使っての反体制派の制圧には歴代大統領から突出しているといわれます。けして、人道一辺倒ではなく、目立たないところでは冷徹に掃討や制圧はしてきた人なのです。

さて、トランプ大統領の政治手法はまだわかりません。
しかし、海外メディアではトランプ氏のトランプタワー高額購入者にはロシアの資源関連の富豪が少なからずいたことが報道されており、ロシアは経済制裁を受け、欧米で自由な経済活動を行えなくなっていることから、この解除に動くものとみられます。

すなわち資源価格の上昇によって錬金術的なマネーの流れを作ってアメリカ経済を潤すであろうという予測が持てるわけです。

もう一点は2024年オリンピック開催有力国はロサンゼルスの可能性が強まったということです。

トランプ大統領はインフラ整備に力を入れるとみられ、その案件に合致する喚起装置はオリンピックが最適です。

さて、ロシアと手を結びオイル・マネーの流動性を誘導、インフラを喚起する装置としてロス・オリンピック招致、以外に何が必要か。

それはジャパン・マネーでしょう。

そして、その流れにもっとも影響を受けるのは団塊ジュニアでしょう。
詳しくは11月28,29日
12月2,3,4,5日と続く講演でお話します。
講演の詳細とお申し込みは以下のサイトに掲載しています。どんどんご参加くださいね。
http://blog.goo.ne.jp/kihachi-mitsu
f0073848_09372629.jpg





# by yoshi-aki2006 | 2016-11-12 09:37 | 時事 | Comments(0)  

秋冬ヘルスケア~幻の石鹸を求めて~いい匂いのするあの石鹸はどこの?

出張の時は風呂を使っている余裕はないので、しばらく出張がない時こそ、しっかりバスタブに浸かってボディケアをしたいなあ・・・・・ということで、最近立て続けに購入したのが石鹸の類です。

玉の肌石鹸(けっこういい感じですね)からロジェ・ガレなどのブランド石鹸まで20個くらいバラで買い求め、使い心地を比較することに。

アマゾンで見つけたものも通販ショップで見つけたものもみんなそれなりにいい感じです。
配送料金も込みだとだいたい一個1000円くらいになりますが、さすがにそれだけ出せばまあ、それなりによくなくては困りますよね(*^-^*)

f0073848_20341957.jpg



手前がロクシタン(たぶん (*^-^*)) 花の恰好のはたぶんコーセーさんかと思います。その隣の長細いのは包み紙を捨ててしまいましたのでどこのものか判然としませんが(たぶん外国の( ^ω^)・・・かと)、なかなかいいです。しっとり感があり、香りもいい感じ。包み紙は取っておかないとだめですね~。アマゾン履歴があるから大丈夫かも。ただ、アマゾンで買ったものは石鹸一個がバラバラで届いたので、おまとめ包装にしないと受け取るの、忙しいですね(*'▽')

(⋈◍>◡<◍)。✧♡名前がわからなかった石鹸を履歴から調べてみました。アルガン石鹸でした。
しっとり感が自慢なわけですね~。

一つ、忘れがたき石鹸があり、札幌に出張に行ったとき、大丸で売っていた石鹸がとてもよかったので先日の出張で札幌大丸で聞いたところ、特設ものではないかとのことで、その時は一階売り場で見つけることができませんでした。レジの女性が上の階に売り場のある修道院製の石鹸を案内してくれたのですが、箱がビミョーに違っていました。私の求めている石鹸ではなかったのですが、一個試しに買ってみて、それはそれでなかなか優れものではありました。

f0073848_20232773.jpg

かつての幻の石鹸は確か、ユーロ圏の修道院で作っている、とか聞いたような・・・・。そこで探し回って、東京でそれらしきお店を見つけたのですが、なかなか対応していただける順番がこず、「石鹸一つでどんだけ待つのかしらん????」というくらい待って、それでもらちが明かないので、その日は帰りました。

石鹸はガラスケースの中に入っており、鍵がかけられてあり、顧客が依頼しないと鍵を開けてもらえないので、ワンバイワン対応してもらえるまで待つしかないようでした。

香水が16000円していたので(前のお客さんが買っていた)、石鹸はたぶん2000円くらいはするのじゃなかろーか?


その後、東京で買いに行ったお店の価格表を見つけました。石鹸、3000円近くするのね。。。。。
価格表

札幌大丸のはそんな高くなかったんだけどなー・・・・。


幻のソープが手に入るまでの間、目下は通販で買える石鹸をあれこれ買ってみているところ。
f0073848_20453100.jpg
ルイ14世が石鹸産業を押し上げたんですね。いい香りのサロンドマルセイユ。思っていたより小さかったです(*´∀`)

【使用感報告】
最初、(?)と思うほど地味な洗い出しなのですが、その後、あっと驚きのミクロ泡が楽しめます。タオルでより、手に取って使うほうが体滑りがいいです。手が荒れていて、なかなかしつこく治らなかったのですが、この石鹸のおかげでしょうか。翌日はたいそうよくなっていて驚きました。
裏書きによるとルイ14世がマルセイユに石鹸生産工場の独占権を与え、質の良い石鹸を製造させたようです。このサロンドマルセイユは現在、マルセイユに残る唯一の石鹸メーカーだそうです。


f0073848_20472520.jpg
へええええ~、初めて求めたのですが、牛乳石鹸のローズ版。


f0073848_20482418.jpg
これは泥系の石鹸です。
どこかの国のスパ石鹸。

ヨーロッパに散在している奇跡の泉系のものってきっと温泉みたいなものなんだろうと思います。泥系石鹸も気に入っています。


最近、ほとんど美容というか、お肌のことはほったらかしだったので、入浴し、しっかり保湿して栄養のあるものを食べてケアしないと、美しきOBABA様にはなれそうもないわ~。ガンバローっと(#^.^#)

それにしても最近、もう一つ買いたいものとしてツバメの巣などが気になります。お高いので、しっかりマネーケアもしなければ!

f0073848_18524224.jpg

届いたお纏め買い石鹸第一弾。

この後もまた第二弾、第三弾が。結構、買っちゃったわ。お散財。。。いたたたたた・・・・・(;'∀')

けど、株の銘柄探しとしてヘルスケアはかなりかなり有望だと思います。
風呂に入りながら銘柄アイデア、まとめてみます!!(^^)!
お楽しみに!

# by yoshi-aki2006 | 2016-11-06 10:35 | アンテナ | Comments(0)  

長生きしたいですか? 短命の人、長命の人の生活習慣、気持ちの持ち方

ラジオ日経のお仕事で日経BP社の主席研究員の西沢邦浩さんとお仕事させていただきました。
健康情報に非常にお詳しくて、いろいろなお話しを教えていただきました。
「長生きしたい場合、どうしたらいいか?」
その答えは、
「他人の役に立ち、それを喜びとする生き方」
この喜びがオキシトシンという物質を人にもたらし、長生きサポートをしてくれているといいます。
逆に短命な生き方は
「人をねたむ生き方」
いろいろな短命物質が出るのでしょうね。

笑って、人のためになることをし、無茶な食生活をしなければまず、長生きできるってわけです。

私は人の役に立ちたいとは思いますが、「笑う」という余裕はなかなか持てないですねえ。
株式投資の領域では見通しや銘柄が当たらなければなりませんので、当たって当たり前、損になったら叱られる、というか、承認されないため、
当てなければならない、
という緊張感が常にあります。
また、人のため、になることをしているつもりでも自分の完璧主義の癖でしつこく丁寧にしてしまっているのかもしれない、と思うことがあります。


「証券会社の人の平均寿命を知っているか?」と証券会社の役員に聞かれたことがあります。「短いんですよね?」と聞くと、
「64歳だよ、特に●●証券は」
と教えられました。

えっ! 64歳って会社辞めるころにはもう亡くなってしまうってこと?

激務ですからねえ・・・・。証券会社は。


証券営業も株式評論と似て、当たって当たり前、その反対になったときは厳しい世界が待っていますから、喜び少なく、負荷の高い仕事です。
そして、そのわりに昔ほど収入は伸びていないのではないかと思います。

誰のために生きるのか?

長生きしたいのか? したいなら笑って人のためになることをする生活を・・・・というわけです。

いろいろためになるお話しを伺いましたので11月23日19:00~のラジオ日経の放送を聞いてみてくださいね。
ラジコでも聞けるんですって。

さて、講演ラッシュもしばし一服。
あとは11月28日名古屋今池レオパレス
f0073848_00592319.png
11月29日福岡天神
f0073848_01010323.png
また12月2日、3日と東京でセミナーがあります。
4日は名古屋でラジオ日経セミナーです。
5日は取引所で女性講座が開講になります。

つどつどご案内していきますね。

あ、そうそう、西沢さんに「納豆と骨折の関係」も教えていただきました。納豆を食べていると骨折防止に役立つというお話でした。

骨のためにぜひ、納豆を食べましょう!

f0073848_00574285.jpg
下は大阪光世証券さんの投資の日のイベントです。
f0073848_00571347.jpg
f0073848_00565262.jpg



# by yoshi-aki2006 | 2016-11-04 01:04 | ライフスタイル | Comments(0)  

社長の気持ちがちょっとだけわかった一日~イベント主催でわかること

111 トリプルイレブンを私は「いい、アイアールの日」と命名し、イベントを開催しました。

というのもNPO法人日本IRプランナーズ協会第四代理事長に就任したので、自分の代で今までの理事長が積み上げてこられた業績に少しでもプラスアルファができれば・・・、会員の皆々様にますますのベネフィットを還元せねば、との思いを抱いたからでした。

事務局担当の町山三郎公認会計士事務所の本当に優秀な若いスタッフに支えていただき、
また、「何とか応援してあげよう」という皆様の温かいご参加をいただき、

会は盛会のうちに終了いたしました。いろいろ、私の至らない部分はありましたが、まずは終わってほっとしました~。
脱力~~~

それにしても
ロート製薬、オムロンの若手の女性IR担当さんがものすごく優秀で、さっすが~とうれしい驚きと、
ああ、年長者がアレコレやきもきしなくても、
若い世代がこんなにも頼もしいのなら、

任せて陰で見守ることが大切だな、

とか、多くの気付きをいただきました。

そしてこうしたビジネスセミナーを開催して、「あ、こういうことだったんだな」との発見も多々ありました。

まず、発言の機会をもらった際は、上ずったり、上がっては絶対いけないというか、損だということです。
早稲田大学大学院の試験の時もそうでしたが、私は知らない領域で試されているとか、競い合う時、ものすごく、上がってしまい、よく頭の中が真っ白けになって脳みそが溶けてしまっていました。

スポーツでもそうですが、いかに自然体で持っている力を発揮するかが大事で、上がってしまってはせっかくの舞台も生かせない、というわけです。ましてや脳みそが溶けていては目も当てられません^_^;

その点、ビジネスセミナーで大勢の背広姿の方の前でプレゼンテーションを務められたロート製薬とオムロンの女性IRご担当は若いのに、とても落ち着いておられました。

緊張で声のトーンがちょっと上ずりそうになるはずなのに、落ち着いて落ち着いて話されていましたし、笑顔も忘れず立派でした。

頼もしいな♪

それとびっくりポンだったのはパーティに行ったら、多少は食事もするのに、自分が主催の時にはまったくお腹が空かなかったことでした。
皆さんが召し上がっているかな、名刺交換が進んでいるかな、どなたが壁の花になってしまっているかな、とか、気になるので食べるどころではありません。

そして、終わったら、今度は事務方の皆さんへの感謝と会場スタッフの皆さんへのお礼と。「長」になるということはこういうことですね。

会社の社長さんになられる方は多分、ビジネスにおいて、こうしたことに象徴される細かな配慮を怠らないのだろうな、と新米の理事長として感じました。

これまで招かれっぱなし、甘えっぱなしできた身には「理事長職」から学ばなくてはならないことがとっても多いです(^^ゞ
それと、今までは「出席します!」と回答して当日用事ができたときは「直前でドタキャン連絡も無粋かな」と当日欠席でも特に連絡は入れなかったことがありましたが、

参加者名簿に名前があるのに当日、参加しないというのはやはり先方さんに心配をさせることになるのでNGですね。立場が違うと、「あ、相手にこういう気持ちを味わせてしまっていたんだな」と気がつきます。反省、反省、スミマセンです!!


なので、学びたいときは相手の立場に立ってみる練習をしたらいいんですね。すると、いろんな発見があります。

さて、仕事やイベントばかりでほとほと疲れてしまい、何かがおいしい、とか何かが楽しい、と感じる気持ちをすっかり忘れてしまったので、久しぶりに遊んでみました。
f0073848_1551925.jpg

なんか、猫ちゃんの顔がいまいちかわいくない・・・・。
そこで黒目がちに書き足してみました。
f0073848_1454838.jpg

可愛くなった~
f0073848_14552666.jpg


さあ、11月3日はラジオ日経大阪セミナーです。
f0073848_15153811.png


28日名古屋
f0073848_151679.png

翌日、福岡のあとはどどどどとーーーーっと東京で講演(例・12月5日東証大ホール18:30~なと゛)が続きます。
どうぞ、ご参加くださいね!

# by yoshi-aki2006 | 2016-11-02 15:18 | ビジネス | Comments(0)  

スーダラ節を歌わそうとするアベノミクス3

ひゃゃゃゃゃー、今月の出張の多さといったら、まったくのびっくりぽんです。
ガツンと遠い浜田があって金沢があって、加古川、播州赤穂と続き、
21日は志木、22日は大阪、25日東京日本橋、27日大阪。

11月1日東京、11月3日はラジオ日経大阪セミナーです。

一体全体、なんとしたことでしょう????

毎回同じ話はできないので、都度都度内容を変えていくのですが、前伺ったときのレジュメを取り出し、スライドがダブっていないように全部資料を作り替えていく作業も結構大変です。が、仕事あっての職業人生活です。

仕事で指名をいただいたら仕事で返していく。
そして、来場してくださった各主催者様の大切なお客様に喜んでいただくこと。
それを不断に続けることが信用につながります。
f0073848_20332072.png


頑張らねば、この山場。

が、忙しすぎると般若の形相でレジュメを作っている自分の顔が怖い~。
眉間にはビシッとタテジワ・・・・。いかんいかん・・・・・。

めったに講演前には食事しないのですが、腹力が抜けていると声も出にくいので加古川では名物の「カツメシ」なるものをいただきました。
柔らかめの熱いご飯の上にごく薄いカツがのっかっており、ちょっとドミグラス風のソースがかかっているものを箸で食べる。それが初カツメシでした。

名古屋の味噌カツともちょっと違う・・・・。
不思議なお味。優しいお味のカツメシでした。

さて、21日は志木に伺います。
f0073848_2034396.png


25日は日本橋です。
f0073848_20402631.jpg

いずれもあかつき証券主催ですがお口座がなくてもご入場していただけます。支店長挨拶はありますが当日、営業はありませんのでお気軽にご来場くださいませ。

さて、講演の資料を作る際、投資家さんにはできるだけ資産運用で元金を減らしていただきたくないので、どうしてもリスクを強調することになります。

しかし、昨今、アベノミクスの効果でしょうか。
人心がペシミステックでなくなってきたように思います。

姫路の商店街を歩くと安倍さんの肖像ポスターが貼ってあり、「景気回復、この道しかない」とのスローガンが白抜きで歌い上げられていました。

安倍さんはつまるところ、オリンピックから高度成長期の時の日本をもう一度、というところを目指しているのでしょう。テレビをつけると政治のがちがち話はすっかり姿をひそめ、お笑い、グルメ、恋愛、勧善懲悪のライトな番組が席巻しています。

つまりは植木等さんが歌ったスーダラ節のあのノー天気で明るい日本人よ、もう一度、というところを政策目標にしているのでしょう。

暗い話、悲しい話、辛い話は横において、
すいすい、すーだらっと明るくオリンピックを迎え、これからをライトに生きていこうよ、という方向を目指しているのだろうと思います。

いやはや、バブル崩壊から一貫して右肩下がりで大いに艱難辛苦を味わったわが身には
「ほら、食べろ」と出された尾頭付きにどこを食べてよいかわからぬ野良猫みたく、戸惑うばかり。

まあ、そうね。あとそんなにたくさんは生きない年齢層に入ってきたと思うから、愚民政策の主旨にのって歌って生きてもいいのだけどね、と思ったりもする次第。

とはいいつつも、仕事はかっちり、やり遂げなくては。
まだまだ、難所が続く出張シーズン。

明るい方向に目を向けつつ、

しっかり乗り切ってまいります!

# by yoshi-aki2006 | 2016-10-21 13:12 | ライフスタイル | Comments(0)  

周囲から押されて社長になる人、自称・社長でつぶれる人

「やっぱり社長になる人は違うなあ!」と思うことがあります。
Aさんがそんな一人でした。

ともかく、対応が的確。
挨拶状や慶弔などにも素早く反応。

社会性が備わっているからこそ、周囲から押されて「あの人なら」と人の上に立つのでしょうね。

社会性とは自分の事より他人のことを考えられる知性のことです。

一方、自称・社長になったBさん。
誰しも、独立したては応援してあげよう、と思うものです。

しかし、応援してもらうまでは下手(したて)に出ているものの、うまくいくとすぐ天狗になって自己肯定→自分が一番病気の発症→自分に甘いため社会性に偏り→逸脱ということに。

Bさんも仕事が順調に動き出すと、それまで世話になった人を見下して、自分の我流、偏向で仕事して顰蹙を買う羽目になりました。

持前の調子のよさで、とりあえず仕事ができていたけれど、一度、裏目に出始めると「調子がいいだけで誠実さがないよね」との評価になって人がしらけて離れていくことに。

このトピックで周囲の会社の役員の方たちの話を総合すると、

寝首をかくような人はどんなに仕事ができても引き立てはしない
バカ真面目で隠れて悪いことはしないタイプがまずは望ましい
そういう人でおしえれば、呑み込みのいい人がさらにいい→つまりは素直

自分より目立ってしまう人は周囲に置きたくない→かくれ目立ち志向を持つものはおのずとわかる

周囲から押されて社長になる人は
真面目で
おしえられたことの本質をよく理解して遵守し
不断に努力する
地味目な人

ということになります。そして決して暗くなく、話せば愉快な人であり、家庭が安寧な人。

こういう人が押されて社長になる人の特徴かなと思います。

一方、要領、調子がよく、仕事はできるけれども
本質的に甘ちゃん(どうしても女好きになったり、人に甘える)な人は
いえば不真面目くんであり、
思い通りにならないと陰口、悪口が多くなり、
不真面目な部分を持つがゆえに嘘があり、自分が一番という思いがあるために、人の寝首をかくのも平気ということになり、
仕事ができてしまえ、調子よさゆえに独立し社長になったとしても、

不真面目ぶりがいずれはあぶりだされて、数年と持たずに砂鉄をこうむるケースが多いようです。

挫折から何かを学んでうまく復帰する人もいるので、一概に調子よすぎの自称・社長でも化けることがあるけれど。

投資するならなんといっても前者の社長の会社がいいと思います。

こつこつ型の会社で新興市場から一部市場に上り詰めた会社の多くは天才ひらめき型より真面目一徹企業です。

そんな企業の株主でいれば資産は漸増していくことに。いい銘柄を探して講演でお知らせしていきたいと思います。

講演の日程、詳細を更新しています


東京では10月15日武蔵小杉朝活セミナー10:00-11:30があります。
f0073848_7393241.png

当日は冒頭にあかつき証券武蔵小杉支店長のご挨拶がありますが、営業はありません。
お口座がなくてもご入場していただけます。
どんどんご参加くださいませ。
レジュメのご用意かありますので予約していただけると幸いです((#^.^#)
f0073848_745172.png

# by yoshi-aki2006 | 2016-10-11 07:45 | ビジネス | Comments(0)  

えーっ?! 旅作で禁煙明記がないホテル部屋は喫煙可能部屋だったとは知らなかった!

出張続きでよく利用するのがANA旅作。
私は必ず禁煙ルームにするのですが、ここのところ続けざまにチェックインの時、「喫煙ルーム」と言われてビックリ!

「えっ?! 予約するとき、喫煙とは表示されていませんでしたよ?」とフロントでいうと、「禁煙ルームが満杯の時は喫煙ルームのみ旅作に出しているのです」といわれて「はあ?????」とびっくり。そんなの知らなかったですし、出張から帰ってきて再度確認しても、予約した部屋には喫煙の文字はどこにも見当たりません。念のためANAのツアーデスクに問い合わせると、「禁煙ルームの時は禁煙表示をしますが、何の記載もない時は喫煙も可能というルールになっています」とのこと。


知らなかったわあ・・・・・。

でも、出張で現地に着いてチェックインをする際、こちらは相当くたびれ果てているわけで、その場で「喫煙ルームをご用意しております」なんていきなり言われるのは困る。

それって商道徳としてどうなのかしら。こちらは予約するとき、何の表示もないため、喫煙ルームだとは知らないわけで、現地に着いてチェックインの時にいきなり「喫煙ルームをご用意しています」と言われるのはちょっといかがなものかと思います。

結局、「何とかなりませんか」と交渉し、追加料金を支払って禁煙に変えてもらうわけですが、空き部屋があるのなら禁煙ルームを最初から販売してほしいです。どうでも満杯で喫煙ルームしかない場合は
「嫌だなあ、喫煙ルームでやにの匂いに耐えながら過ごすのって・・・・・」と思いながら冬でも窓を開け放ち、消臭スプレーを部屋中に吹きつけて、さらに全調度品を水拭きして、やにの匂いを取るようにしています。

特に室内にある鏡は拭くとビックリ。やにだらけであったり、鏡の縁などがやに汚れが強かったりします。

それにしても、以前は文句なしにANAが好きだったけれど、旅作・禁煙表記がかくなる事情である以外にも、「ああ・・・、なんだか前と違ってきている・・・・」と感じる点が出てきているように思います。

好きだった企業の評価が微妙になっていく時、株価にもそうした「空気」が漂うもので、なかなか株価が上がれない企業に共通の微妙感があるように思います。

ちなみにJALツアーではキチンと禁煙と喫煙表記がなされていて、ANAツアーのように禁煙と無表記ではないので、これからはANAツアー旅作を控えて、JALツアーを用いようと思います。表示で錯誤させておいてコンプライアンス徹底はないだろう、というのが選択変更の理由ですね。

ネット検索をしてみると「ANAからJAL回帰」の動きが少なからずあるようです。昔のLALは客を客とも思わない不遜さが不評でしたが、破たんし、稲盛改革によって「顧客ファースト」の原点からやり直した結果、サービス向上が図れているようです。

さて、11月28日名古屋のお仕事が決まりました。久しぶりに名古屋でうれしいです。
詳細が決まり次第、ご案内しますね。

また、来週から講演ラッシュです。
12日は浜田市に伺います。
f0073848_16331959.png




東京方面では15日(土)武蔵小杉のユニオンビルで10:00-11:30の朝活セミナー
f0073848_16335583.png

どなたでもご参加していただけます。
f0073848_16383249.png



16日は石川県金沢で「投資の日」イベントです。
f0073848_1641555.png

詳細とお申し込み先です


お待ちしています!

f0073848_16444947.jpg

# by yoshi-aki2006 | 2016-10-07 16:44 | アンテナ | Comments(0)  

福山雅治さん主演、二階堂ふみさん出演の映画「SCOOP」を観てきた!

「投資の日」のイベントで広島。終わるとすぐ2日(日)開催地の岡山へ。新幹線で移動し、岡山の宿舎につくと目の前に「投資の日」イベント会場「おかやま未来ホール」があるイオンモール岡山。
その中にはイオンシネマが!
吉田羊さんが「徹子の部屋」で映画scoopのパブをなさっていた時から気になっていて、ちょうど10月1日のこの日から上映。

「これは観ろってことだな」とさっそく、イオンシネマに。

福山雅治さんの3年ぶりの映画、しかもイメージチェンジも話題になっています。
f0073848_23144112.jpg

scoop公式サイトより転載

内容はこれから観る方のお楽しみとして書くのを控えますね。

まず、福山雅治さん。
私は大河ドラマ「龍馬伝」以来のファン。

龍馬伝で福山さんはキャラの立て方にとても成功していました。

続いて湯川博士のテレビドラマ、劇場映画でもキャラの立て方に成功されていました。
「そして父になる」の映画でもそれはあったと思います。

では今回のSCOOPでのカメラマン役は?

まず、カメラの構え方や扱いはカメラマンとしても活躍している福山さんならではの安定感があり、違和感は全くなし。とてもいい感じでした。

だけど今回のキャラはどうなんでしょう。

福山さんは性格がとてもまじめなかたなんでしょうね。
役つくりとして、持ち味の「真面目さ」を目立たなく鎮めていくのはそもそも、難しいのだろうと思います。

やさぐれた感じ、を福山さんという素材を通して出そうとするには
なかなか大変だなーと思いつつ、二階堂ふみさんの自然さに次第次第に、映画の中に引き込まれていく感じです。二階堂ふみさんは第二の宮崎あおいさんといわれるのもうなずけます。すーっと入っていけます。

そこに存在感がドラマチックな吉田羊さんや滝藤賢一さんが絡んでくるんですが、
なんといってもリリー・フランキーさんのすごみがすごい。

リリーさんって「どんだけ深いの?」という裂け目を持つすごい俳優さんです。作品次第では国際アカデミー賞も取れるんじゃないかな・・・。

さて、クライマックス。このラストシーンに至るまでの数分間の福山さんがこの映画の中で一番役になじんでいたなー。このキャラ路線で全編押し通せばよかったのにと思いました。

なので私が福山さんのプロデューサーだったら、次回作は高倉健さんが演じた「ブラック・レイン」の日本側刑事役みたいな役を取ってきたいなと思いました。

タバコ=福山さんのライフデザイン上の理由で本気吸いができなかった時期だったろうと感じますが、タバコの吸い方、扱い方で主人公のキャラを表現する余白はもう少し、あったかな~。

女性=真面目感、清潔感が出ていて、どちらかというと淡泊な人なのでは?

会話の妙=真面目な理性的な人だと感じられます。

よって今回の前半のはちゃけた破れキャラ協調路線ではなくラスト近くのキャラクター設計がファンとしてはリクエストしたいところです。

福山さんは坂本龍馬のような奔走し、調整し、成し遂げようと一生懸命挑戦する男役が似合う。

湯川博士のような冷徹、冷静、分析、解明役も似合う。

今回のパパラッチ役の前半部分はだから、ちょっと違和感があり、後半のキャラに幅寄せしていたら、また、もう少し違ったし、この作品ももう一味、化けたのになーと思います。

が、作品として不満かというと全くそんなことはなく、もう一回見たくなるようないい映画でした。笑えるシーン、楽しいシーン、驚かされるシーンもあった上に、
会場で泣いている人もいたから、福山フアンはハンカチ必需品かも。十分楽しめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、広島の投資の日のイベント。
f0073848_23535285.jpg


f0073848_2355437.jpg

2日はイオンモール岡山で13:00開場です。
f0073848_23584437.png

どなたでも参加していただけますので是非お越しくださいね。

# by yoshi-aki2006 | 2016-10-01 23:59 | アンテナ | Comments(0)  

肥っている人はよく食べる!~原因と結果は相関する!

ある日、かねがね「痩せたい!」と言っている仕事仲間のA子さんと夕食を共にしました。
私とB子さんはだいたい同世代。A子さんは10歳以上は若い世代だと思います。

まずは軽く乾杯。私はライトなドリンクを少々。
サーモンや野菜ステック、魚介類の蒸し物などを食べ、私としてはもうこれで結構お腹いっぱい。

このまま、デザートでもいい感じにお腹が仕上がっている気がしていました。
すると、A子さんは「メインに何食べます?」としきりに聞いてきます。

「うーん、夜だし、もう十分って気もするんだけど・・・」というと、「私、こんなんじゃあお腹もたない。ガッツリ主食を食べた~い」とヘビーな主食のオーダーを。

でも、「痩せたい」というので、「そりゃ、肥るよ~」と指摘しました。
だって夜にそんなにガッツリ食べていては太るに決まってる。
35歳を過ぎたら特に気をつけないと。

で、生活習慣を見てみるとB子さんは毎日、走っているので体に贅肉ナシ。

一方、A子さんは趣味が絵を描くこと。
長時間、座ったっぱなしを続け、気分転換におやつタイムを何度か設けているそうなのです。

やっぱ太るには理由があるな~としみじみ、感じた次第。

「象なのか?」と思うくらいうちの母親が肥っていた時、彼女もやはり食べ方が「肥る理由」になっていました。
何か一つ用事をするとすぐ、おやつタイムになり、甘味、果物、日本茶。
あまいものを食べると塩辛いものが欲しくなり、お茶を飲んでは交互に食べる。
スポーツの趣味がなく、40歳くらいからめきめきと肥っていきました。

DNAは同じなので私も油断すると「象」コース。
運動だけでは飽きるので舞踊の趣味を持ちたいと思うのだけど、

フラメンコは激しく床を足で打ち鳴らすたび、足裏の骨が砕けそうだし、
ベリーダンス、フラダンスはぎっくり腰持ちの現状では遠い世界だな~。

というわけで痩せたいなら夜ガッツリ食は避けるべき。そしてエンドレスなおやつタイムにもご用心。
私もそれは心がけていますemoticon-0105-wink.gif

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お仕事ですが、ひょっとしたら11月下旬、名古屋が実現するかもしれません。実現すればなかなか行けなかったのでうれしいです!

それにしても10月は講演ラッシュ!
嬉しい悲鳴ですが、仕事が増えれば打ち合わせも増えるわけで・・・・、11月までに14現場はこなさなくてはならない中、この度、理事長に就任した日本IRプランナーズ協会独自のセミナーも11月1日東証会館18:30-20:30で開催するため、準備のためにぐるぐる、ぐるぐるあちこちに出歩いています(個人の方も参加できますよ、協会にメールで問い合わせてください)。

しかし、アウトプットばっかりしていると枯渇してしまうのでどんどんインプットもしないといけません。
資産運用セミナーだけでなく、
舞台芸術、
全く別分野のプレゼンテーション、
など、幅広く勉強をすることが理想ですね。

行ったとこのない街に出かけ、
様々な人情と接するのも気付きのためには有効です。

さて、この日は打ち合わせのために都内に。
時計を見ると「間に合うかしら?」というギリギリタイム。

見たかったベリーダンス・ショーが開催されるので、ちょっと足を延ばして下車したことのない街へ。
お知り合いと開演前に合うことができ、急きょ、当日券で入場できることになりました。
f0073848_2143760.png

ショーはこんな感じで左手がyukariさん。
ものすごくキレイ!

踊りが濃密で濃いい!

右手がayaさん。
若い実力者です。

お二人とも数多くのショーを体験されているし、何しろベリーダンスコンテストで優勝されている折り紙つきの方なので、踊りはもちろんのこと舞台空間の使い方が素晴らしいです。

ぎっくり腰に悩む私にとってお二人のスーパーエクセレントな舞踊は宇宙の旅くらい遠い世界の夢物語ではありますが、華麗なる世界にしばし時を忘れました。


私もこんな存在感のある舞台人になりたいな~emoticon-0115-inlove.gif

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月1日、2日
いよいよ広島、岡山講演から講演ラッシュの口火が切られます。
お近くに伺いましたら是非、聞きに来てくださいね~。

f0073848_2275376.jpg


f0073848_22161921.png

詳細とお申し込みは

f0073848_22164954.png

詳細とお申し込みは

# by yoshi-aki2006 | 2016-09-29 22:19 | アンテナ | Comments(1)  

お墓に持って行けるものと行けないもの~死んでから人々の心に生き続けられるような生き方をしたいものです

9月15日の敬老の日から一週間を老人週間として年齢の高い人を敬う週としている我が国日本。
すでにこの世にいなくなった人に思いをはせたいときでもあります。

さて・・・・私の場合は・・・・。

昔々、その昔。
いろいろあって手に入れた小さな戸建住宅がありました。
注文建築で家族みんなで住む予定でした。

ところが諸事情あって、その家は人に貸すことになりました。
新築を貸すなんて!

とご近所さんからは「もったいなーい!」と散々いわれたのですが、家は何戸あっても体は一つ。

不動産屋さんにお願いして賃貸人さんが決まるまで、ちょっと遠方ながら、畳がかびないように風を入れたりしないといけないんだけれど、体は一つ。仕事も家の管理も、はなかなか私には難しいことでした。

すると退職していた父が「どれ、見てきてやるよ」と時々、足を運んでくれたのでした。
その時は「自分は暇になった父に用事を作ってあげている」くらいに思っていて、あんまりちゃんとお礼も言わなかったし、交通費も返していなかったのですが、

今になって思うと、父はありがたい存在だったな、としみじみ思います。

世間知らずでわがままな母を連れ合いにして、ずいぶんガマンもしたろうな。

そういうこともわかるようになりました。

子供は母親を通して父親像を作るところがあり、うちでは母親から刷り込まれる父の行状ははかばかしいものではなかったので、父を不思議な人となかなか理解が進まなかったところがありましたが、

今になってみると母がいらだつ父の行動原理はよく考えると、そういう考え方の人なんだと理解してあげれば味わい深いものだったように思います。

母は父を「ねちゃこい」といって、もっと竹を割ったようなすっきりした男らしい人が良かったらしいのです。それは母方の父、私の祖父が軍人だったから、そういう人と比べると、私の父は「てれんこてれんこ」した「ねちゃこい」人だったかもしれません。

また、母は父のことを父方の父、私の父方祖父におもねり過ぎるというのも不満なようでした。

というのも父方の私の祖父は自分の仕事に対し「こういうのは斜陽産業だから、自分の代で終わりにしたい。そのかわり大家業がいいのだ」といってためたお金でどんどん不動産を買い、大家業に転じようとしていました。そして父には「継がなくていい。おまえは外に出ろ」と言っていたのだそうです。

が、父はそんな祖父を「可哀そうだ。自分が後継ぎとして頑張る」といい、いくら祖父がサラリーマンになれ、と言っても断って家業をつぎました。しかし、その家業は不況になるといっぺんに傾きました。

そいういいきさつを知る母は「アホや」となじり、弁護士、医者などの士業、師業を格上として迷走する父の職業人人生を非難していたので、子供心に私も父を尊敬できないまま、思春期を過ごしました。


が、この年齢になると、「父は優しい人だったんだな」と思います。
戸建に風を入れに行ってくれた優しい父。

祖父がたたもうとしていた家業を継ぎたい、応援したいと思った父。
私が多忙でできなかったことをしてくれた父。愛猫が亡くなったとき、深大寺で供養してくれたりもしました。

けして、気が弱いだけの「アカンたれ」ではなかったと思います。

それにしても孝行のしたい時には親はなし。

今日は小松原亜矢子さんのラジオ番組の放送がありゲストに呼んでいただきました。
f0073848_105793.png



「今晩のムーンライトサプリは、生活経済情報研究所 ビューズ代表 木村佳子さんをゲストにお迎えして

オトナのお金の備えについてお話しいただきます☺️

そして、今日のB'zもお楽しみに✨

是非、今晩もお聴きくださいね??

かわさきFM 79.1
#オトナの時間ムーンライトサプリ
毎週金曜日22:30-23:00

可聴区域外の方は スマホはリスラジ、PCからはサイマルラジオでお聴きください」


とテキストにあるように、リスラジやサイマルラジオなどで聴けるようです。

その番組の中で
「お墓に持って入れないもの→たとえばお金を追い求めるより、死んでも人の心に生きる生き方が大切」というお話をさせていただきました。

人の心に生きる生き方。

「ああ、あの人のしてくれたこと、有難かったな・・・・」
「うれしかったな・・・・・」
「助けられたな・・・・・」

そういうふうに感謝の気持ちで思い出してもらえるような生き方ができたら、それが肉体から離れた後の魂の栄養となって、死んだあとも人の魂はいい気持ち、幸せな気持ちでこの世とつながれるのではないかと思います(逆のことをすればいつまでもいつまでもつらいものと縁が切れないのだろうとも思います)。

ありがとう、と手を合わせる時が幸せ→手のシワを合わせる→拝む→拝まれる生き方

たくさんの人に拝まれる、そんな生き方が豊かな人生なのではないかと思います。

今夜は父の姿を思い出し、ありがとう・・・と拝みたいと思います。

さて、仕事ですがようやく念願の東京講演の機会をいただきました。

●10月15日武蔵小杉、
●21日新座、
●25日東京です。

主催はあかつき証券さん。お口座がなくても入場していただけます。当日の営業はありませんので是非ふるってご参加くださいね。

11月1日は東証会館でIRプランナーズの集まりがあります。いずれも会場が決まりましたらgooでご案内してまいります。


それにしても10月は12現場、11月1日東京と11月3日大阪も入れると14現場です。
うれしい大阪3連発と重なるのですが、なかなか伺えていない名古屋、福岡にも行けたらなあ、と思います。

# by yoshi-aki2006 | 2016-09-17 00:51 | ライフスタイル | Comments(2)