高齢者にみる若者の原型

日本には素敵な人が増えたと思う一方で、
時々、70歳以上の高齢者の行動にびっくりすることがある。
私の住まいの近所にはご高齢のかたが多く住む。
駅に近く、商店も多く、マンションも多いため、夜でも明るくて治安がよい。あまり事件事故、火災の類が発生しない。適度に高級住宅地も点在し、それなりに文化度、オシャレ度も高い。
住みよいところだと思う。

40歳くらいでこの地に住み始め、70歳を過ぎた今もマンションに1人暮らし、というようなご婦人。

30年前というと日本は後期高度成長期前後。都市部にマンションが建ち始めた頃で、その頃、そうしたマンションを求めようという気概の女性といえば洋裁などで身を立てた人、化粧品店、小料理屋、バー経営などの水商売といった職業で資産形成をした人ではないかと思う。

そうしたかたたちが現役を引退して年金生活者になってこの地で暮らしておられる。

今日のびっくりは正月用品の買出し客でごった返すマーケットでのこと。台の上でひとしきり荷作りを終えた80歳前後のご婦人が荷物ができたのでほっとしたんだろう。市場の買い物籠を籠ケースに戻さないままその場を立ち去った。ここの売り場ではこういうケースは多々ある。するとその後にやってきたやはり80歳近いご婦人が、まったく何の関係もない人々に向かって、「誰だよ! こんな籠、ちゃんとしまわないとダメじゃないか」と啖呵を切ったと思いきや、籠を思い切り籠ケースに投げたのだ。

頭に毛糸の帽子。色の付いためがね。スパッツ履きのそのお姿は全身黒ずくめ。

この威勢のよさは傾向として酔客をさばいてきた人によく見られるよな~とチラチラ見ながら、それにしても、こういうような人をどっかで見るよな~と考えながら私は家路に向かう。

今の若者にもこういう言動の人がいる。

原型はここにあったのか。70歳~80歳というと戦争体験者の世代に当たる。おばあちゃん、親、そして私たちの三世代が何か、根本的に踏み残している「領域」があることを感じる。

それが何かを考えているところだ。

公衆ルールとか他者への接し方とかそうした共通のこつこつとしたものを積み上げるのを忘れて、高度経済成長というモーゼの杖で拙速に成熟国家を迎えているのだとしたら、今、積み残しがなんなのか、振り返るいい時期なのかもしれない。

by yoshi-aki2006 | 2008-12-29 05:16 | 人間考察 | Comments(2)  

Commented by ココナッツ at 2008-12-30 00:35 x
あのお店の出来事かななどと考えてしまいました。歳末で慌だしい時ですが他人、世間に対しての礼儀を忘れてはいけませんね。
Commented by yoshi-aki2006 at 2008-12-30 08:39
ココナッツさま

ご無沙汰です! 駅のあの店ですがこうした方々をよく見かけます。びっくりすることがホントに多いです~。

<< ごめんねサリーちゃん 日本は素敵な国になった >>