持つべきものは管理能力のある友達さまさま

f0073848_2239920.jpg


今日はとあるパーティ。
私は久しぶりにピールやワインを飲んでご機嫌!まだ様々な仕事は残っているのですが、ま、たまにはちょっと飲もうじやないの~という気持ちになって、ほっぺが赤くなるほど飲んだのです。
前日に一目置いている知人から「パーティの心得」を聞いて、そういえばミスユニバース日本プロデューサーのイリスさんも同じことを言っていたと思い出し、くちやくちゃいろんなものを食べるのではなく、社交にウエイトを置いて会場を回ったのですが、飲みは少々、脇が甘くなってしまい、ほろ酔い加減に・・・。

写真はその酔いが程よく回ってきてご機嫌状態の私です。

さて、パーティはお開きになり、さっさと会場を後にして愛犬ベルの待つ実家に迂回しようとして実家の近所に差し掛かり、さて、電話しておこうとバックを見て、「はて?」と。

携帯がない。

あ、一式、会場に忘れてきたんだ・・・と
気がついたのでした。

だめもとで自分の携帯にかけてみると男性の声が!

「はいはい、僕ですよ」と聞き覚えのある声が・・・・。いつもお世話になりっぱなしのダンディRさんがちゃんと取り置いてくれ、ちょうど私の行く方角の人に託して無事携帯や忘れ物一式は戻ってきたのでした。

出てこなかったら買い換えよう、機種はあれにして、明日即、動こうと思っていたのですが、当面、ちょっとレトロっぽい今の機種を使い続けることに。

大事だ大事だと思っていたものでも、一瞬でも手放してみると、別にどうってことないやと思えてきたのが面白かった。
今日は「パニックでいかに行動するか?」というテーマの映画を見たのですが、私も携帯を忘れたことに気がついた瞬間、ちょっとだけパニクリましたが、「ま、今の状況で最善と思えることをするしかない」とすぐ、思い直しました。
それと、パーティ会場にいた人がほとんど信頼の置ける人ばかりだったし、特にダンディRさんなど問題解決能力の高い人がいてくれたことで「何とかなるや」と思えました。
その意味で優れた人とご一緒させていただいていることは大きな安心感につながっていることを実感。

また、一度、何かを手放したり、見つめなおすって新しい発見があったり気分が変わったりするなあということも楽しみました。

ちなみにRさんは「この携帯、鳴らないなー。忘れたことさえ忘れてるんじゃなかろうか」と人事ながら気になったと教えてくれました037.gifよく読まれてる~

by yoshi-aki2006 | 2009-02-01 22:39 | 感謝 | Comments(0)  

<< 血糖値 週末の恋人 >>