思考の畑を耕す午後

ながら仕事の合間に見たテレビに衝撃。
派遣切りにあい、住まいも仕事も失ったAさん(48歳)密着ドキュメント。
せっかく仕事のクチが合ったのに「相部屋ですか・・・・。それに給料も安いし・・・」と応じず、ただで振舞われるご飯情報を求めて必死に駆けずり回る・・・。

Aさんの考え方にものすごくショックを受けました。

相部屋でもなんでも飛び込んで働けばいいじゃん!!

たぶん、Aさんは「相部屋で窮屈な思いをして、いくらもらえるか分からないのに、飛び込むだけ損」という考え方なのでしょう。

損得勘定。

街でただで振舞われているご飯を逃すのは損。

食べそびれるのは損。

だから食べに行くし、その情報収集には駆けずり回る。

状況を変えると、こういう人はたくさんいますね。買う気もないのに、デパ地下で試食しまくり、得した気分を満喫。もらえる権利にはすごく敏感。

ただで使える資源、若さ、美貌、性、ヨイショ、くすぐり系の下心ある笑顔を武器に相手からの親切、好意を無限に引き出そうとする要領のいいピンクのきつねさん。

たとえ、どんなにおいしそうなものが振舞われていても、それをただ食いする目的で驀進する人間にはなるまい。

どの世代にもあつかましく、卑しい人はいて、そういう人があらゆる手段を使って利権に巣食うんだろうなあ。

「行き場のない、ある種、気の毒な人々」ということを考えても、深く深く考えさせられる。棺おけのふたが閉まるとき、惜しまれるような、死後にもその人の光が人を照らして輝くような人生を願わくば送りたいと思考の畑を耕してみる休日の午後。

by yoshi-aki2006 | 2009-04-05 12:09 | 人間考察 | Comments(2)  

Commented by ken_pp at 2009-04-05 23:13
私の身近な所に三人の50代男がいます
それぞれこの3月職を失った
損得勘定抜きで責任を背負う立場についた二人
損得勘定で断った一人
これからの人生がどうなっていくのか
私も知らぬふりはできない付き合いの三人なのです。
先生のブログをみて 改めて考えさせられました、、、
Commented by yoshi-aki2006 at 2009-04-06 09:26
ken_ppさま
消費者は王様。そんな時代に人格形成した人には辛い時代の到来ですね。生まれ変わらないと・・・。自分もそう思います。

<< 大地真央さん スペシャル ビューティ 継続こそ力なり! 2 >>