ガルバンゾー

今日はガルバンゾー。
エジプト豆とかひよこ豆ともいわれる。
メソポタミア地方原産の豆でインドでは挽いてパンにしたりしてよく食されている。
日本でも比較的簡単に手に入り、カレーやサラダの食材として使われる機会が多い。
レバノンではフモス(日本のズンダみたいなものかな)にして食べるそうだが、私はまだ食したことがない。

以前、スペイン人のアーティスト、アントニオさんが振舞ってくれたガルバンゾーの煮物にはにんにくが山ほど入っていて強烈だった。
とってもおいしかったが私は胡椒、タカのつめ、ローズマリーやバジルでスパイシーに。

ガルバンゾーを前日からふやかしておいて、鶏肉、たまねぎ、人参と合せてスープ風に。トマトともよく合う。
豆は良質のたんぱく質摂取に欠かせない。多めに煮ておいて、味付けする前のものはサラダのトッピング用として取りおくとGOOD!

by yoshi-aki2006 | 2006-03-14 11:27 | 医食同源 | Comments(0)  

<< 蓼食う虫 とりかえばや >>