2009年の活動報告

ワンツモをご覧頂いているご機嫌な皆様、2009年もあと一日!
今年もお世話になりました。
個人投資家の皆様に現実感のある運用周辺情報をお届けする仕事に携わっている私、木村佳子を応援してくださったり、成長の機会を与えてくださっている皆様に心より感謝致しております。

今年はこんな活動と気付きがありました。感謝をこめてご報告いたします。

今年前半はリーマンショックの影響を受けたお取引先の会社さんの予算削減のあおりもあって仕事量は横ばい傾向ながらも、要所要所でお引き立てを頂きました。誠にありがとうございました。

年の半ばには研鑽のために所属している数千人規模のある研究団体での人事にまつわる様々な出来事があり、中堅どころのボランティアとして汗を流しました。ここでたくさんの気付きを得ることができ、残りの人生を考える考察の一助になったと思います。

主人公となった方々は昭和二桁が始まったばかりといった世代で、多くは非製造業で高度成長期、バブル期に人格と財産形成をされてきた方たちです。この方たちの中には若手、中堅に対する意識が戦時体制に似て、人の人格や生活、心のふれあい、喜び、慈愛といった私が重きを置いている価値観とは相当な開きがある方もいて、言うことを聞かない人を恫喝したり、登場されると都合の悪い人の予定を調べて、欠席が見込める日に重要行事を開催するなど、なかなかに大変なところがあり、また、若手や女性を育てるということとも遠い印象を受けました。

いずれ詳細をお話できる時期が来たら、自分なりに問題意識を持って、この団体における一連の問題点を明らかにしたいと思っています。

自己研鑽としての挑戦は昨年来からある学府で、これまで株式評論、経済や景気の見通しを仕事としている身を一度、マーケットから離れて、学問や実学の世界から俯瞰しようという取り組みをしています。
まだ、この取り組みは山を登っている最中なので、成果が上がったら何らかの形で投資家の皆さんに還元したいと思っています。

(あしたに続く・・・・)

by yoshi-aki2006 | 2009-12-30 10:19 | 感謝 | Comments(0)  

<< 2010年の予定 大忘年会 >>