世界的建築家 竹山実先生のセミナー

f0073848_232362.jpg


私の母校の一つである武蔵利美術大学名誉教授で世界的建築家の竹山実先生を大学の新宿サテライトに学部や同窓生の会がお招きし、卒業生の私も聴講させていただいた。

竹山先生はひょうひょうとされた方。偉ぶらず、とても自然体。
若い才能と渦潮のようにゆっくり交わられる。

柔らかく吹く風、
葦のような生命力
人肌の水
そんな印象を受けた。

そこにおられてお話になるだけで、その場の空気が心地よくなるような気がした。

周囲の環境となじむ建築、相対主義の理念をまさにご自身が体現されている。

そして私は「私のいる世界となんだか違う」とも感じた。
その場にいる学部学生、建築家、インテリアデザイナーなどの同窓生がかもし出す雰囲気はいつも私が接している世界とは何かが違っている。

マネーの世界とこの場の空気の違いは何だろう?

それはモノを創り出す人とそうでない人との違いではないか?

こっちの世界で、つまりクリエーションな世界でやんなきゃな! そう強く思えた数時間だった。


人に喜ばれる場所を作ろうとする建築家に信じられる何か大切なものを教えられた気がした。

by yoshi-aki2006 | 2010-04-30 04:35 | アンテナ | Comments(0)  

<< レンピッカ展 過ぎし来し方 >>