東京駅八重洲口北海道館のいくら蒸篭

f0073848_630073.jpg


東京駅周辺には各県の出先物産販売所があり、銀座、日本橋方向にも広がっています。こうしたお店に立ちるのが楽しみという方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。
昨日は道でフライパンの上に生卵を割りほぐせばきっといたまったと思えるほどの強い日差しで歩いているうちにくらくらしました。

ほほけた顔で砂漠にオアシスを見つけたようにソフトクリームを見つめている昨日の私ですが、実はその前にこんなおいしいものをランチで食べたんです。それがいくら蒸篭。

北海道というと
つい、新鮮な魚介と連想し、
こうしたものを注文してしまいます。
590円の冷やしラーメンにもいくらと鮭が入っていたので激しく迷ったのですが、
いくらのど迫力に魅せられてこっちを頼みました。いくら蒸篭おいくら?(おやじぎゃくがちょょょんですが)980円でした。037.gif

昨日は夕張メロンのソフト350円とあわせて量的にも質的にも結構満足感たっぷりのランチタイムをすごせました。

食べ物に満足できる日といえば、帰路、セイジョーのサラダを買ってみたんですけど、食べても食べても底から野菜が出てきて、ドレッシングもおいしくて非常に満足。

最近の食まわりの販売品は馬鹿にできないおいしさ、内容です。グルメが育てた食文化ですね、きっと。
株のほうも投資家が育てて行きたいですね。
月曜日の日経でご案内したように日経IRフェアが始まりますね。
9月9日には1日のIRセミナーに引き続いて、日本橋マンダリンホテル会場で講演いたします。

よい会社を発掘して株式市場を育てましょう!

by yoshi-aki2006 | 2010-09-02 11:13 | 医食同源 | Comments(0)  

<< 毎日筋トレやるべし! 東京駅前の北海道館で夕張メロン... >>