人の間にいる時間~人間~

仕事場はしーんとしているほうがいいと思い、まったく静かな環境を自宅近くに確保した。
するとどうも困ったことがおきる。
まったく森閑としているため、ねむーくなる。
人の気配がまったくしないために深海魚のような気持ちになる。

するとぼよよーんと意識が広がり、まとまりがつかなくなる。

どうしたらいいかと音楽やテレビの音、雨音のみのバージョンなどで工夫してみたけれど、
解決法がひとつ見つかった。

ともかく、人の気配のする場所に行き、「人」と自分の間で呼吸する。

すると人間としての感覚が戻ってくる。
いっそごった煮の自宅で今までどおり仕事したら・・・・・?

いやー、「民宿 佳子」のお役目は20年で卒業したい。
休みの日の昼食、夕食。
すると私はウイークデーと休日のおさんどんで一年中、休みがない。

だからって森閑書斎で居眠り三昧をしていて言い訳ではないんだけど(編集者の締め切り目線がこ・わ・いっちゃ!)

でも、私を人間に呼び戻してくれるありがたい「人」の気配。

人とはありがたいものである、と森閑書斎で手を合わせる。

by yoshi-aki2006 | 2010-11-18 00:38 | 生きる力 | Comments(2)  

Commented by ken_pp at 2010-11-18 07:47
私もたまに自宅で森閑書斎状態になることがある
あまりの静けさに変になりそう
人の気配が感じられるとホッとする、

ああ、人とはありがたい・・・!! 同感です。。。
Commented by yoshi-aki2006 at 2010-11-18 09:53
ken_ppさま

ご無沙汰しています(^^)
人には迷惑をこうむることがある反面、自分を自分たらしめてくれたり、思わぬ力を発揮させてくれたりする力があったりで、よい人と人との間にいれば自分をよい方向で開花させられそうですね。
半世紀近く生きて、やっとどんな人の間にいればいいのか考えられるようになった気がします。

それにしても人とはありがたいものです。
人口が減って過疎地域が増えていくと思いますが、お祭りとか、人の集まりが今まで以上に貴重なイベントになっていくと感じます。
いろいろ人はヒントを与えてくれますね。どんどん人と接しないと・・・と感じます。プログで多日お会いしましょう!
これからもよろしくお願いいたします!

<< もう飲みましたか? 2010年... ミドルクライシスから立ち直れ! >>