雪のこる長野にて~おいしい竹風堂さんのお菓子にほっこり

長野に講演でお邪魔いたしました。
車中、新幹線は結構、混雑。
行きも帰りもです。
外国人の姿もたくさんみました。
欧米からのお客様が多かった気がします。

長野は夏行きますとはっきり、都会と空気が違うのを感じますが、今日はあんまり、空気に関しては違いがわかりませんでした。都心も空気はきれいになっているのでしょうか。

違いは雪。
長野では雪が残っていました。

東京を出発するとき、影の格好に地べたが凍っていました。朝日のあたっているところは氷が解けて濡れていましたが、影の部分は凍ってきらきら光っていました。

長野では雪が太陽の光を吸ってほっこり緩んでいました。
長野県人はこの間伺った徳島とはまたまったく気質や印象が違って、実直にまじめに規律正しくというかたが多いように思いました。山に囲まれ冬は厳しい気候の長野と一年中、すごしやすく海の幸山の幸に恵まれた徳島では備え方が全く違うでしょうね。


長野。教えられることがたくさんある気がいたします。長野の皆さま、本当にお世話になりました。
お土産の栗お菓子。さっそくいただきました。
「おひとり様」というネイミングどおり、先に一人でほっこりお茶の友でいただきました!
竹風堂のおいしいお菓子。竹風堂さんは軽井沢にも店舗をお持ちなんですね。
かさねがさね御礼申し上げます!
f0073848_20295434.jpg

by yoshi-aki2006 | 2011-02-09 20:29 | 感謝 | Comments(1)  

Commented at 2011-02-11 01:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< みかんの皮をむいて楽しむ! 三原淳雄さん逝く >>