報復するかしないか~菅さんと小沢さんの例に学ぶ

野田総理にも外国人献金が発覚しましたが、在日の方からの15万円×2がそれほどいけないことなのか、正直あまりピンときません。グローバル時代に大和民族だけに献金を認めるという法律に一考の余地があると思うのは私だけでしょうか。外国人献金枠を決めて、外国人からの献金は公表するとか何か歯止めを設けながらも性善説的解決法はないでしょうか。

日本国民のための活動として税金を処方して政策を行うことから外国に利することがあってはならないとの基本から外国人献金を禁じているのでしょうが、今の時代に見合ったルールに作り替えて欲しいなと思います。

でないと30万円くらいのことで内閣に与えられた貴重な時間をロスしてしまいます。

さて、表題にうつります。
菅さんの時は総理に就任してすぐ、小沢さんに対して、「お静かにしていていただきたい」など露骨な牽制をしました。

その場その場の管的発言だったと思いますが、これにモーレツに小沢さんは反発されたであろうと推測いたします。

小沢さんにしてみれば(私の勝手な推測ですが)
なにを菅ごときにエラそうにされることがある? 政治献金問題で困窮しているときに傷口に塩を塗りこむようなことをして! そもそも同じ党なら同志として物事を推進していくべきところ、パフォーマンスしおってからに。ええい、私が本気で怒ったらどれほど恐ろしいか、いやというほど思い知らせてやるわ!

そんなふうに思われたのではないでしょうか。小沢さんのような長年、世間にその名を知られたある意味、大政治家の面子をつぶしたらどれほど恐ろしいことになるか、それをご存じないとすれば菅さんは世間知らず、怖いもの知らずだったと思います。

震災がなければ小沢さんからもっともっと報復があったのではないでしょうか。
小沢さんでなくても、若造に舐めたことをされて報復しない政治家は少ないように思います。
小泉元首相も郵政民営化で対立した亀井静香さんの選挙区にホリエモンを刺客として送り込んだし、戦国時代の物語にも造反に対して報復した物語がたくさんあります。一過性の報復、延々と目に見えない何年も続く報復。人を真に怒らせるとまことに厄介なことになるのは歴史が証明するとおりです。

菅内閣がうまく機能したかどうかも歴史の判定を待つほかありませんが、最初のケチのつき始めは「小沢さんを怒らせたこと」。これに尽きると思います。

もっとも菅さんは「政治は誰かにびくびくして行うものではない」というポリシーだったのかもしれませんが。

さて、今回の内閣人事は多方面に気配りがなされたもので野田総理も言葉使いが的を得ているうえに非常に慎重であるため、誰かから報復されてしょっぱなからけつまずくような気配は今のところないように思えます。

しかし、洋の東西を問わずトップに立つとあらゆる試練にさらされるのは周知のとおり。
健康管理に気を付けて、失言で上げ足を取られないように、
復興推進内閣としての使命を果たされて欲しいなと思っています。

私と同じ「佳」の字をお持ちなのでついつい、シンパシーを感じてしまいますが、
よき日にお祝いをするというような意味を持つ字だそうです。
復興が進んで、本当においしい祝い酒が飲める日が来ますように!

by yoshi-aki2006 | 2011-09-04 09:09 | 人間考察 | Comments(0)  

<< 業務な日々 組閣人事大詰め >>