出張手配な日々

出張手配は結構、大変ですね。
全部、やっていただけるケースもありますがキップをデリバリする途中でなくすリスクがあるため、インターネットが普及した今は本人が手配し後日清算というスタイルも珍しくありません。

今日は延々と出張手配をしました。

結構、骨ですが、講演の前にいろいろ頭を整理できるメリットもあります。

が、てんこしゃんこな手配ミスもしてしまいました。

ある地域に行くのですが、関係企業様数社と打ち合わせもかねてのランチョンミーティングがあります。それを開催地で行うのか、市街地で行うのか、わからず念のため、開催地でとあたりをつけて早朝の便を手配したら市街地で面談とのことでした。

ホテルは開催地に取ったので、ランチまですごく時間があまってしまいそう。

こういう時はせっかくのチャンスなので地元の美術館に行くことに。

開催地から急げば最終便まで間に合うはずと帰りの便を手配したら、路線バスを利用した場合、絶対間に合わないことがわかり、「旅割」だとチケット変更はできず頭を抱えることに。

どうやって間に合うように飛行場まで行くか、対策を講じなければなりません。

ま、何とかなるさー、とアレンジしていたら何とかなりそうでした(よかった!)

さて、手配のみならず、出張先ではいろいろな経験をします。

「今なら一時間に一運行している列車に十分間に合い、乗れるから」
といわれて駅に行くとその列車は出たばかり。

仕方なく駅のベンチで一時間を過ごしましたが、コスモスが咲いていることに気が付いたり、海風が吹いていい匂いだったり、思いがけず楽しい時間を過ごせてよかったことも。

ココからバスに乗れば飛行場につくから、
と聞いてバスに乗ったら反対方向の病院行きで、やむなく手に汗握り、タクシーを飛ばして飛行場に急行したり。

ともあれ出張先では東京とは違う時間が流れているので、そんなドタバタも含めて楽しみです。

どこに泊まれば「あたり」なのか、ホテルの写真からあてるのもまた楽しい!

ある場所では天然かけながし温泉付き、ビジネスホテルに驚く安値で泊まれることになったのですがそれも今から楽しみです。

そして最大の楽しみはどんな方たちとお目にかかれるのか? ということ。
いろんなご感想をいただけたり、握手したり、写真を撮ったり。
何度もご来場くださるかたと久しぶりの再会ができたり。

今からわくわくです!

by yoshi-aki2006 | 2011-09-09 00:48 | 工夫 | Comments(0)  

<< 皆で息の長い日本再興を! 企業価値の最大化について >>