隣り合わせたくない人

最近、いやな人の近くにいると体がこわばるのに気が付くようになりました。
だからそういう人とはなるべくお近ずきにならないようにしています。とはいえ公共ののりものでは相手を選べず、時に辛い道中になることがありますね。

その公共の乗り物で最近、遭遇したのはこんなケースでした。
f0073848_1243039.jpg

人にこの話をするとプレミアムに乗る人の中にこの手のプレミアム・バブルな人が少なからず混じっているとのこと。プレミアム・バブルといいますかプレミアム成金な人の特徴は
●多くお金を払っているのだから、元を取った上に得してやろうという根性むき出し・・・そうですねえ、今回私の隣に乗り合わせた若い女性も「シャンパン、白ワイン、グレープジュース、温かい紅茶」を弁当とともに流し込み、いつまでも紅茶についていたクッキーをぼりぼり食べていました。
●私はお金を払ってんだから何しても文句ないだろタイプ・・・足を広げて女性週刊誌を読んでいた女性はこのタイプかな。生足を座席にくっつけて座っていましたが後で座る人が嫌だろうという想像力がないのは「お金はらってんだから何してもいいだろう」って理屈かな?

男の人のほうがまだ行儀がいいですね。プレミアムにはどっかの惑星でも十分生き抜いていけるようなすざまじい感性の女性がまぎれていることがあります。

一時間ちょっと、体がかたーくなりました。こんな風になっては女もおしまいよってなことを教えに来てくれたありがたいお手本でした。

by yoshi-aki2006 | 2011-10-07 00:24 | 人間考察 | Comments(0)  

<< 素敵な仲間から教わるお付き合い... やっと届いた合格通知 >>