クリスマス・パーティ~シーズンの歩き方

クリスマス・パーティつーか、忘年会のシーズンです。

しかしながら、この時期、雑用なり、急ぎ仕事などがたまっていることが多いですね。
仕事を片付けるためには、酒飲んでお料理をいただいて、浮かれている場合ではないのは頭の片隅ではちゃんとわかっています。
だから、誘われた時、速攻で「あいにく用事が~」と断ることもできるんです。

できるはずなのに、断ると、なんか、惜しいことしたような気になります。

なんでなんだろうー?

お酒やお料理が楽しみで行くわけではないのだし、ね(いや、それも、ちょっとはあるか?)
ばーっと仕事をかたずけて、パーティに紛れ込み、おいしいもんとお酒と見たい顔の人に囲まれる幸せは主催者様から見るとえげつないお客であることがわかる年齢層に達したのだし。

確かにパーティで飲みまくり、食べまくるのはミス・ユニバース養成で名をはせたイネス・リグロンさんも戒めていることであるからして、ちと知性のある女性なら多少はカッコつけてシャンパングラス片手に人に囲まれている状態が望ましいことくらい先刻承知の助。

いい匂いが立ち上る料理に目もくれないふりをして、にこやかにグラス片手に人と談笑し続けるつーのは結構、しんどいこと。

酒でもない、料理でもない。にも関わらず、参加しないことの何が惜しいんだろう?

きっと、何かしら人が集まり、わいわい楽しげに、参加した人らが共通の話題で盛り上がる、その場所に自分も居たい。そんな気がして、人は集うのだろうと思います。

有するにコミュニティというか、コロニーというか、帰属意識というか、
そういうもんに惹かれて参加してしまうのだというのが私の仮説ですね。

で、12月第二週は3つのクリスマスパーティがガチンコになってしまいました。さすがに、どんなに無理繰りしても2つしか参加できず、しかも、いい年をして、手ぶらつーのもなんだかなーと思い、お土産に花束を2つ携えました。

一つはあまり貢献もしていないのに毎年パーティに招いてくださる主催者様にお礼を込めて。
もう一つは抽選会のプレゼント用に。

さてはて! その抽選会でなんと!
総額6万円強のお品を当ててしまいました!!(エビで鯛を釣り過ぎでしょうが!)

誰もが欲しい、5万円のあの美容液だけでも超ド級なことなのに、かねがね大尊敬する大先輩からも思いがけずクリスマス用オーナメントを頂き、腐らないメロン成分から開発されたメロンリペアなど、感涙のお品々!
f0073848_1231995.jpg

あまりの強運に思わずほほをつねくるワタシ・・・。
こうして当たりをとると、「運が減る」
という人もいますが、私は単純に「吉兆」と受け取ることにいたします。

そして、しみじみ、「そうか! クリスマス・パーティは来年のフォーチュン・クッキーみたいなもんなんだ」とのインスピレーションにうなずきもしたのです。
どっかにいいエステないかなーと探していた答えをこのプレゼントでいただいた気までして、求めよ! さらば与えられん!
との思いまでオマケしていただきました。

帰り道、この時期だけのにわかクリスチャンはアーメン!と感謝して空を仰ぎ見たのでありました。ありがとう! 今度はもらった分以上のお返しを世の中に還元いたします! もちろん、主催者様にも。
与えよ、さらば与えられん!

アーメン!

by yoshi-aki2006 | 2011-12-10 23:15 | 感謝 | Comments(0)  

<< 美しく怒るレッスン イスラエル風ポテトサラダに挑戦! >>