人生のカ・ナ・シ・ミ

ものごとの渦中にある時はあまり感じないが、それが過ぎ去ってから、ああ、あれがカ・ナ・シ・ミであったな~とわかる。

昨年の今頃、私はカ・ナ・シ・ミ道を驀進中であった!
理由はたくさんあるが、これをおいては語れないことの一つに歯を抜かれてしまったことが挙げられる。
歯医者は歯を抜くのが好きなのか?
いや、そんなことはなかろう。
必要があるから抜くのであろう。
しかし、しゃべりが商売の私にとって奥歯一本を抜かれたままの数か月はものすごく大変なことであった。

試しに体験されるとわかると思うが(誰が好んで追体験したいと思うか、は置いておいて)
奥歯がないと話せない。
食べてもまずい。
精神が不安定になる。
ち、ちらい~。

だが、先生は「土台が固まるまでは何もできないから!」
とおっしゃり、
「どーんな人も体験することだから!」
と仮歯を入れてくれなかった。その医師は評判の腕前で信頼のおける人であるから、しぶしぶながら従うことに・・・・。

悪い予感がした。

そして、それは当たった・・・・。
滑舌が悪く、きちんと話せなくなり、以下省略。

歯を入れてくれ~。
一刻も早く入れてくれ―!

何度も何度も訴えてようやく入れてもらい、カ・ナ・シ・ミは突然、どこかへ飛んで行った!

ああ、良かった!

こんなカ・ナ・シ・ミは二度とご免だ!

と、また、この春、カ・ナ・シ・ミは突然、舞い降りてきた。めんちょうつーか、なんつーか。顔にカタ―い吹き出物だ。
春のカ・ナ・シ・ミ。
春一番のカ・ナ・シ・ミ。

ええい! 一気に潰してしまおうか~。
思うようにならない自然現象。
人はかように無力な存在であります。

~お知らせ~
●今週の土曜日は渋谷第一商品本店で13時~為替講演会です(無料)
奮ってご参加くださいませ。

●金価格の見通しは今週発売の日経マネー特別付録をご参考にしてくださいね!

by yoshi-aki2006 | 2012-02-20 09:45 | 日々雑感 | Comments(0)  

<< 鉄の女~サッチャーさんの映画封切り! オリバー・ストーン氏の息子さん... >>