日本国債暴落Xデ―の研究

日本国債の金利が上昇=価格が暴落する日はいつなのか?

それについて講演では「煽りたてるような話はしたくない」というスタンスで財政規律+成長戦略へのかじ取りが必要という点にウエイトを置いてお話しておりますが、聞き手のお客様にはさまざまな情報から非常に不安に思って独自に御研究されているかたをお見受けいたします。

そこで気になるニュースを数点、リンクしておきますね。
リンク切れの場合はご容赦のほど
意外と近いという印象に傾くであろう内容です。

こうしたニュースに私はできるだけ冷静に対応すべきだと思っています。
アメリカは「だから早く消費税をあげなくちゃ」とせかしているように思いますが、私は何か消費税を上げさせたい理由が他にある、と見ているため、煽られるまいと慎重なスタンスで対しようと思っています。

そんな未来が感じられない日本の国債を外国人がせっせと買い続けること自体、不思議です
日本国債の外国人向けIRはしているようですが
日本が外国資本に国債を買ってくれとせがんでいるのではありません。
外国人が日本国債を買いたいのです。
理由は関与といいますか、関係性を強めたいからでしょう。

ウォールストリートは財政再建に意欲的な日銀委員人事に関心があるようですね

日本国債が暴落するということに心配な方は光世証券が取り扱う日本国債先物取引個人版でヘッジするのも手です。ただし、東日本大震災の時、円売りに動いた日本人投資家を待ち構えて円高に仕向けてロスカットさせられた例を忘れずに、思い込みありきでの投資には注意したいですね。

追記
そうそう、日本は世界的な債権大国。
その債権にはこういう難しい問題があるため、日本人は結局有効活用できないかもしれませんね

また、国民財産は日銀2011年10~12月統計速報で1483兆円あり、家計負債を差し引いても1120兆円の56%ほどのお金が預貯金に回っています。
日本の対外純資産は250兆円ほどで依然として世界一です。ただし、これを国債の償還に使うことはできません。民間の資産も入っているからです。しかし、日本が金持ちであることには変わりありません。
イメージをつかむためにあえて強引に計算してみると・・・・。
国債発行額残高がざっくり700兆円として250兆の対外資産を引くと450兆円。
税収が40兆円として11年分の借金残高があるわけですね。
財務省の表記では17年分の借金と書いてありますが。

日本人の金持ち感覚や金貸しの考え方が日下公人さんが指摘されているように「世界の非常識」である点の克服が必要ですね。国債問題も考え方を変えるべきだと思います。

また経常収支が赤字になるうんぬんの心配については円高が元凶なので、それをしっかりと知るべきですね。

by yoshi-aki2006 | 2012-03-25 20:09 | マネー | Comments(0)  

<< いっそ消費税20%時限立法は? ルースチェンジ~日本語吹き替え版 >>