経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

中国の温州市で金融ビックバンを実験的に開始

中国で起こっている不動産バブル崩壊を思わせる金融機関の不良債権問題。
民間人の投機失敗も推して知るべし。
中国も日本のようにバブル崩壊後の「失われた10年」の道をたどるのか?

さあ、どうなるか? と思っていたらこんな記事を見つけました。
温州市での取り組みを報道する記事
金融機関からお金をかりられない人がヤミ金に手をだし失踪したり自殺が相次いだことを受け、民間が銀行を設立することができる取組。

それだけ公的銀行が不良債権で民間に貸し付ける体力を失っているとも受け取れます。
たしか温州市の銀行が不良債権で苦しんでいる話はどこかで見ました(探せたら添付します)

また、市民が海外に直接投資できるようにもする。

ということはそのお金は日本にも海外にも来るということですね。
バブル崩壊後、日本も外為法を改正し、同じように直接投資が可能になりましたが、実験的にそうした取り組みをしてみるようです。

何しろ、日本の10倍もの人的規模の国。だからこそ、部分的に開放してみてダメならやめることができる。

日本はバブル崩壊後、外資に屠られましたが、中国は欲の宴の後始末、どうつけるでしょうか?
それとも宴第二幕?
どう展開していくか、今後の展開はけだし、見ものです。

さて、日本では強欲者らはなお長命で、昔の名前で出ていますの世界以外は見ようとしないがごとくですが、すっかり別の国のようになってしまいましたよ。

私たち日本人がまだ、江戸、明治、大正、昭和初期に培った社会観をなんとなく覚えていた頃、「なんであんなものを食べてあんなにふくよかになってあんなに車に乗って、ああした日常で平気なんだろうか?」と思っていたかの国の人々のミニチュア版のような都市生活者が増えてきました。

都市化という宴の後の少子高齢化社会で今、失った暮らし方を懐かしく故郷のように思い出しているところです。
by yoshi-aki2006 | 2012-03-30 10:53 | マネー | Comments(0)