経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

マネー敗戦~戦略なき者は食われる

アメブロに日経平均株価の見通しの続報をアップしました。
21日くらいまでに8600~8800円台で買えれば勝算はあると思います。

6月と8月もやな感じなので突っ込み買い、ほどほど売りでまいりましょう!

さて、表題のマネー敗戦。
つくづく、敗戦処理といいますか、どうしようもない泥沼で悪戦苦闘しているといえます。
取り戻そうとあがくこと自体、負け戦。
低金利、低ボラティリティな市場で運用しようとすること自体、負け戦。

こうした状況下でなされていることは「日本解体」である、と感じます。
日本を形づくっていた骨格、筋肉、代謝。
すべて一つずつ、解体されていき、淘汰されていく。

日本の文脈の改変期ではないでしょうか。

起は土光敏夫さん第二臨調あたり
承はバブル
転はバブル崩壊
結はマネー敗戦

体がよく動き、意欲があり、知恵がある。
そしてチャンスもあったのです。
稼ぎまくり、ちっとも使う暇がなく、ぽっくりなくなる実業家がいますが、日本はどうもそんな人と同じである気がします。

そして、その人の没後、わけがよくわかっていない人らによって、その財産が流出していく。

どこに?
資本市場に。

誰に負けた?
資本主義に。

敗戦後を生き抜くためには戦略が必要です。
しかし、自分が勝つために立てる戦略はあざとい。

負けないための戦略。
食われないための戦略。

魂を抜かれないための戦略。

そんなものが必要です。

資本主義に負けたくなければ、彼らのエサになりそうな資産をわかりやすい状態で持たないことです。
わかりにくいもので持つことが大切ですね。

文化や知恵、技巧、職人技。

そんなものがかつての日本の強さでした。

しっかりせねば金はなくなる、魂は抜かれる、いいことなしで短い一生を終わってしまいます。
ぱっちり目を開けてまいりましょう!
by yoshi-aki2006 | 2012-05-15 12:00 | マネー | Comments(2)
Commented by ココナッツ at 2012-05-16 00:19 x
まったくおっしゃるとおりです。
物や金の時代はすぎつつあります。日本は消費大国をめざさなくてもいいのです。生きるとはなにかをもう一度問い直しましょう。
Commented by yoshi-aki2006 at 2012-05-16 09:31
ココナッツさま

私もココナッツさんと同感です!
震災で被災したかたのドキュメントを観ましたが、「車を取りに戻ろうとして津波に流された、自分はかろうじて助かったが同じような行動をとった人が目の前で流された。命が一番大切なものだと気がつかされた」とのご意見に打たれました。

まったく私たちはモノ消費教に頭を書き換えられてい過ぎです。

生きていくのに必要なものはそんなものではないことに気がつくべきです。

おっしゃる通りです!