東証+YOU 一人一人が日本経済!大阪講演の成果~マネーストラテジーとカバコで乗り切る!

10月27日大阪講演会では大変盛り上がりました!ご来場の皆様、関係者の皆様に心から御礼申し上げます!
政治も方向性が混迷、ひたひたと迫る日本解体、外資開放路線に際して、個人個人がどのように株に対して、資産運用に対して考え、自分のお金を守るストラテジーを持つか、皆、真剣に思うところをお持ちだからこそ、ご一緒のひと時を充実したものにできたのではないかと思います。

会場をご提供くださいました光世証券さんの前で、晴れたことに感謝~!
f0073848_15232218.png

光世証券さんは東京兜町と大阪北浜に同じ石造りの雰囲気のある建物が拠点。美術館と間違えて観光客さんが入ってきたりするとても素敵な建物です。入ると創業の心であるヘラクレス像が!
(大証ヘラクレス市場の名前の由来になったとか)私もしっかりお客様のハートに届く言葉でお話しようと思います!
f0073848_1527532.png

さてさて、お話のスタート!
f0073848_15284882.jpg

どんどん行きますよ~!
f0073848_15293230.jpg

私は日本の政治、世界の動き、株価の展開、取るべき作戦などをお話ししました。
この後の塙麻紀子さんのカバード・コール戦略が思わず使いたくなる株の変動要因と時期が将来的には必ず来ますねえ!
f0073848_15304282.jpg


というわけで私のフアンダ+チャート分析+ストラテジーのお話の後は塙さんのカバコ戦略のお話です。
カバコとはカバード・コールを使った資産運用法。現物を持ち、コールを売ることで配当や優待を得ながら、カバコの利益も得て、うまく結果が出なかった場合は、現物を渡すことでリスクを限定できるというもの。
信用売りの場合は配当は信用買いした人に渡るためもらえるのは優待のみ。
その点、配当と優待をもらえ、うまくいけば現物も持ったままで、コール売りの+アルファが得られるので、カバコも一考の余地ありというわけです。

こうした個人投資家が資産防衛のためのヘッジができるデリバティブを取り扱う数少ない証券会社が光世証券さんです。美術館みたいなので敷居が高いかもしれませんが、個人投資家向けの会社です(現物は対面、カバードコールはネットとなっているそうです)。

塙さんのストラテジー、とてもわかりやすくてためになりました。

東証のサイトにもカバードコールについて解説されたページがあり
将来に備えて勉強しておきたいと思います!このページもわかりやすく紹介されていますよ

将来、欧米の考え方がもっと市場に大きな影響をもたらす日に備えていろいろな資産防衛、運用法を知っておきたいですね!

by yoshi-aki2006 | 2012-10-29 15:48 | マネー | Comments(0)  

<< オバマVSロムニー 米大統領選... リーマン・ショック前にはもう戻... >>