女は見ている

新旧交代シーズンの新年度を迎えてはや1ヵ月。
学生気分の抜けきらない新社会人が街の中で右往左往していたり、おろしたてのカジュアルルックが体になじんでいないシニアが電車の中で戸惑った表情であたりを見回していたりする。
大丈夫。あと1ヵ月もすれば今の状況に慣れるから。

この時期は新歓コンパが催される機会も多い。
そして、そんな席で昼間とは違う飲み会での顔をお互いにさらす。
彼女、彼氏が見つかる機会も多い。
当事者は飲んで弾んで異性と出会って舞い上がっているが、そんな席で意外と人は
醒めた眼で遠くの席から他者を観察しているものだ。

F子さんは色白でベビーフェイス。豊かな胸が眼を引くこけし人形のような愛らしい人だ。
一緒に仕事をするがなかなか行き届いた人である。
ところが同じ会社の女性たちの間で仕事以外の評価はくそみそである。
「何でよ? 」
「何でって彼女ったら飲み会の席のご乱行がすごすぎだもん」
酒に弱いのに飲み、飲むと激しく乱れて、ご自慢のぴったりニットで包んだ胸の二つのパイナップルで異性の顔をはさんでしなだれかかるんだという。男はタマラン。豊満な白魚がむこうからいきなり網に飛び込んでくるんだから。
同性はそうしたF子さんの有様をちゃんと見ていて
「あいつ、何だよ」というわけだ。
貧乳もいとわず胸のえぐれたカットソー姿で現れ、絶妙なタイミングで
「お布団の中で男性と太ももを絡ませあってスリスリしあうのって気持いいのよね」
などと自分のピロートークを話し始める年増女性もいる。
計算しつくしたものなのか、単なるスキモノなのかはともかく、彼女についたレッテルは異性を誘うお盛んなかた。
羽目をはずしがちな時期だが飲んでも飲まなくてもセルフマネジメントをちゃんとやろう。
特に新入社員の人はこの時期に「人は見ている」ということを忘れずにね。

by yoshi-aki2006 | 2006-04-19 08:41 | 人間考察 | Comments(7)  

Commented by JDTA 砂田 at 2006-04-19 10:47 x
木村先生、おはようございます。先日はお電話で失礼しました。

為替が動いているせいで、2日寝てません。。。
裁定ポジションのリバランスを含め50回以上ディールさせられました。

私はマーケットで羽目をはずさないようにします。
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-04-20 07:04
砂田様
コメントありがとう! 知る人ぞ知る、超有名カリスマデイトレーダーの砂田さんにコメントをいただき、喜んでくださるワンツモの友は多いです。ありがとうね! このブログには美人マネー占いの麗香先生や豊かなシニアライフをお送りのHIKOさん、株研究家のSANTAさん、会計関係のかた、お仕事がんばっている女性、踊り、競馬ファンなど多彩なかたが来訪してくださっています。デイトレの砂田さんに来てもらえて、ぐっと幅が広がったです。感謝! 近々ぜひお会いしましょう。 連絡します!
また来てね! 木村佳子
Commented by santarou at 2006-04-21 21:51 x
株の話で申し訳ないのですが、新興市場の底が抜けてしまったようです。あちこちで悲鳴が聞こえてきおり、退場者も続出しています。これが「もう誰もこれ以上買い上がれる人がいなくなった」という状態でしょうか?みんなが損して退場していく様を見るのはとても悲しいです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-04-21 22:51
SANTAさん、いずれワンツモ株投稿デーを設けますね。まだブログの試運転中で、試行錯誤の面もあり、少々お待ちください。それまで株の情報は増田足やストックウェザーなどでも拾っていただければと思います。

新興市場と対比して優良株オンパレード。この流れに乗っていくのも手ですよ。ヒントになるとうれしいです。ブログに近々、お役立ちの話を書くのでお楽しみにね! 木村佳子
Commented by santarou at 2006-04-22 13:06 x
ブログで新興市場がなぜ弱いのか、自分なりに『仮説的近未来予測』してみました。良かったら読んでみてください。
名前クリックでブログに飛べます。
ところで、僕の持っているブログの名前ですが、このまま使っていても良いでしょうか?なんか木村佳子さんが運営しているブログと間違われる可能性もあるのかな?なんてちょっと心配になってきました。
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-04-22 16:17
ぜんぜん。気にしないで運営してください。
SANTAさん、株は買う人がいて上がれるんですよ。誰が今の買い手か分れば、上がる株は推定できます。がんばってね!
SANTAさんのブログの名前、「木村佳子さん研究所」でしたっけ? さっそく読んでみますね。いつもありがとう。ところで羽咋はよく呼んで下さいます。ありがたいことです。木村佳子
Commented by santarou at 2006-04-23 00:22 x
ありがとうございます。このままのタイトルで続けさせていただきます。
今は自分の資産を増やすよりも、新興で損している人達を沢山見て、彼らをなんとかしてあげたい、と思い、なぜ彼らは損をさせられているんだろう?と考えています。僕一人考えたところでどうしようもないのですが…。
木村さんのほうからもどこかで損失スパイラルにはまってしまった彼等を助ける糸を垂らしていただけると嬉しいです。
ところで、羽咋ってそんな進歩的な町だったんですね。全く知りませんでした。

<< 孤独を恐れる人々 セミナー、パネルディスカッション >>