辰巳天井を乗り切る!~上げ相場で間違わないために~

相場格言では「辰巳天井、午下がり、申酉泣いて戌笑う」とか「戌亥の借金、辰巳に返せ」というふうに言われます。
辰年、巳年相場は高いという過去の経験則からのようで、過去の相場展開を干支に当てはめてみると時間サイクル論として一致するところもあるため、参考にしている人は少なくないと思います。
さて、辰年は昨年で、今年は巳年ですよね。

昨年から今年にかけて、確かに幸先がよく、いやがおうにも「辰巳天井」の「高値はいくら?」という点に期待が高まります。

でも、展開がいいと「もうちょっと、もうちょっと」と欲を出していまいがち。
自分のポジションは整理して、ノーポジで人のお金で沸き返る天井を眺める、てな優雅な天井の過ごし方をぜひとも実践したいものです。

たいていはソドムの塩柱の伝説のように、「けして振り返るな」との警告を破り、振り返った途端、塩柱になって終わってしまうもの。

そうはなりたくないですよね。

f0073848_0275839.png

成田近くの会場で(小さい点に見えるのは飛行機です)
f0073848_0285372.png

外房は温かかったのですが、(海岸すぐの会場で講演させていただきました=写真を撮り忘れたので雰囲気が近い<前の会場での写真です)
f0073848_0303089.png

滋賀、米原、京都は雪ですね。新大阪を過ぎても延々と座席に座るのは大変ですが仕事に「大変でないもの」はないので、全く苦にはなりません♪
f0073848_0502442.png

ただ、出張続きの時はどうしても野菜不足になり、これか゜体調管理上、ちょっと困ることかも。
が、広島駅前の「ぶあいそ」という名前のレストランではバイキングで野菜をたっぷり食べられるランチを設けてくれていました。ここで野菜を堪能しました! 長旅の疲れも吹っ飛びます。

上げ相場で間違わないために! 念じるのはこの一点です。

翌日はFPの仲間と勉強会です! FPの先生のご尽力で素晴らしい会場で勉強会ができました。
みんなで勉強会の後も活発に意見交換できて有意義でした! それをお客様にフィードバックして参ります! 会場の先生たちも同じ志をお持ちでした♪
f0073848_036133.jpg

f0073848_0362486.jpg

撮影/遠藤正美先生

by yoshi-aki2006 | 2013-01-21 00:37 | マネー | Comments(0)  

<< 高額衣料品売り場にバブリーな風... 東証フェスタ2013年の歩き方 >>