近隣不穏下でのアベノミクス・期待インフレ政策

北朝鮮の地下核実験が相場に響いて株価は引けにかけ尻すぼみ。
米中には事前通告があったとの報道に、何故、日本に少なくとも米国から教えてもらえなかったのかが気になるところです。

そんなこんなで、好調だった株価が出鼻をくじかれて急落した2011年3月の東日本大震災の展開がかすかに投資家の脳裏をよぎったのかもしれません。

しかしながら、今回は国際会議が目前で、立ち直れるチャンスも少なくありません。
今週モスクワG20が15~16日に。
翌週にはオバマ氏と安倍氏の会談が予定されており、日米で現在のフレームの中で日本はどうあるべきかが話し合われることでしょう。
株価も国際的なコンセンサスの整備を見れば落ち着くはずです。

さて、表題の一つの期待インフレについて。
インフレはお金の価値よりモノの価値が上がってしまうことですが、
期待インフレは「そうなりそうだ」と思える状況を作ることです。

今、買っておいたほうが後で買うよりもお得!

そう思える経済社会を取り戻そうというのが安倍新政権のアベノミクスの骨子で、期待インフレをいかに高めることができるかが主眼に置かれていると思います。

消費が活発化するように収入も増やそう、ということで安倍総理と経済団体トップの会合

も持たれ、感触は悪くないようです。

経営側にとって労働分配率が増えることは負担ではありますが、経済社会が消費行為で活性化すれば、好影響も手にできます。

「雇用不安」や「年金不安」で若者が消費に今一つ、前向きになれない状況の打破や
「いつまでも老後のために」貯蓄を続けなければ不安というシニア層がある程度、消費にお金を回せるように
新政権下で次々と対策が打たれようとしています。

しかし、気になるのが外部環境の不穏な空気。

アベノミクスで動意に拍車がかかる株式市場にもさまざまな影響を与えそうな外部環境。
アメリカからはアベノミクスの支持が出たばかりなのに、それに冷水を浴びせかけるような近隣国の動向です。
株式市場の格言では「遠くの戦争は買い、近くの戦争は売り」です。

アベノミクスで財政赤字が改善できず、
貿易赤字も資源輸入で恒常化すれば、
日本版双子の赤字となります。

そして近海で衝突が起こればミニチュア版のベトナム戦争時のアメリカと同じような状況に陥るでしょう。


日本はアメリカがベトナム戦争の際に貿易で大儲けしましたが、こんどは立場が逆転しないとも限りません。

世界経済や安倍新政権に影響のあることがもう一つ。
任期満了の4月8日まで待たず、3月19日に退任する日銀・白川総裁ですが、後任人事に名前が挙がっている一人はアジア開発銀行総裁の黒田さん(ご本人は否定)だそうです。
白川氏と黒田氏。
オセロのようなお名前の組み合わせ、ですね。
オセロのようにすべてがひっくりかえらないうちに、しっかり自分の金融リテラシーを確立し、自身の哲学に乗っ取ったマネープランを構築したいですね。

為替見通しについてはマネーパートナーズ(木曜更新)とあわせてヤフーファイナンスでも時々寄稿していますのでご参考になればうれしいです。

今週は2月15日金曜日が11時から東証フェスタで講師として登壇。

この日はほかに司会進行で2つの現場(①12時~、②14時15分~)でも登壇機会があります。

翌16日は東証フェスタ会場でもう1登壇の機会があります(12時半~大学対抗銘柄、市場見通し」)の司会進行をいたします。

f0073848_1655710.png
図はクリックすると大きくなります。

公演予定は
2月18日福岡


2月21日は
大阪


2月23日は東京

3月3日は桑名、大垣に伺います。
3月5日は
大阪
というスケジュールです。

お時間が合いましたら是非、講演会にお出ましくださいね!

by yoshi-aki2006 | 2013-02-12 11:45 | マネー | Comments(3)  

Commented at 2013-02-16 21:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2013-02-17 14:08
有難うございます!3月3日三縁証券さん桑名と大垣に伺います!
Commented by yoshi-aki2006 at 2013-03-04 13:23
ご遠方からお疲れ様でございました! いつも気にかけていただき大変感謝しています!

<< 専門家8割の法則~株高予測大合... 個人投資家は煽られ損にならない... >>