先人の地域貢献~上諏訪の片倉館

f0073848_2155814.jpg

上諏訪で講演をさせていただきました!
お天気に恵まれ、皆様に温かく迎えていただき、とっても有り難かったですねえ。

講演後、あまりに素敵な青空なのでちょっとお散歩もさせていただきました。

はじめての諏訪湖です。

この眺望は現在、キッツに社名変更されている北沢バルブさんの関連会社が経営している建物から見えるんですよ。

湖から駅までの道のりには諏訪美術館と国宝文化財の片倉館が。
美術館には諏訪ゆかりの彫刻家・細川宗英(1930―94年)の常設展が開催されているほか、絵画など見応えのある作品が・・・。
f0073848_0323391.png

f0073848_016493.png

上下の画像は諏訪市市職員さんの手によるブログ アートリンクの諏訪美術館案内コラムより
細川宗英さんの作風は土方巽さんや早稲田小劇場の白石加代子さん、寺山修司さん、大駱駝艦の世界を彷彿とさせる強い印象のモノが多かったです。

どれも素晴らしい力作でしたが、特に印象に残ったのは、これをあそこにおきたいなとすぐイメージがわいた絵画と彫刻で、各一点ありました。

美術館もとても素敵な建物なのですが、同じ敷地になおも素晴らしい建造物が続きます。
f0073848_1041342.jpg

f0073848_1051326.jpg


この建物は絹織物で財をなしたシルクエンペラー、片倉工業の当時の社主が海外視察旅行の際、海外では富豪があたりまえのように地域に社会貢献している事例を目の当たりにして、一念発起されて建造されたものとか。

f0073848_2263953.jpg

なんと80年余の歴史がある公衆浴場なんですよ!
建物が好きな人にも必見の芸術的な建造物です。
600円の入湯料でしたので思い切って入らせていただきました! とってもいいお湯でした。
諏訪市の公式サイトにお写真が掲載されていましたのでリンクし、画像をご案内いたしますね。
f0073848_23444498.png

諏訪市の公式サイトより

お湯を楽しんだ後は駅付近でおいしいお蕎麦をいただき、ホントに幸せなひと時を過ごしました。

さて、今週から来週にかけて金沢、東京での2講演でひとまず、一服と思っていましたら、また、追加で月内の講演が一件あらたに決まりました。

東京で3月後半、3講演ありますがすべて内容は変えますので、お時間がありましたら是非、お出かけください。お待ちしています!

●3月19日ホテルシャングリラ

●3月20日東証会館東証ホール

●3月28日東証会館東証ホール
f0073848_2212035.jpg

by yoshi-aki2006 | 2014-03-18 10:08 | 感謝 | Comments(0)  

<< 春の迎え方 新幹線の必需品は耳栓! >>