LINE、リクルートの上場、女性版ダボス会議開催で秋相場はどうなる?

今年の秋相場。

例年ですと、秋は台風シーズンで災害も多くなりがち。とても株どころではない、というムードが醸成されやすい時です。
また、3月本決算企業の9月中間決算数字を秋口、広げた風呂敷を畳むように修正する時期でもあり、あまりさえないことが多いですね。

でも、ここで株価が下がるようでは、アベノミクスに失望と批判が噴出するのは目に見えています。それを最も承知しているのがほかでもない安倍総理。
9月12日~15日には「女性版ダボス会議」を東京で開催することを企画。
さらに10月リクルート、11月にはLINEの上場で盛り上げ、「午年相場は尻下がり」にならないよう注意していると見られます。

そうです。安倍総理!
やれることは何でもやってくださいな。日本人の懐は他国で発生したリーマンショックに巻き込まれ、震源地であるご本家アメリカはまるでお金を吸いとったように高値更新を続けているのに、巻き添えをくった日本はまだまだ低い位置に据え置かれたままです。

バブル崩壊以来、日経平均は100万円が18万円になるのに相当する値下がりで、今も、40万円くらいに戻した程度です。

日本が戦後築いた金融資産はかくも酷い状態であり、誰かにかすめ取られたように減ったままです。リップサービスであれ、イベントであれ、やれることは何でもやって株を上げてもらいたいというのが投資家や証券ビジネスの人達の本音といえるでしょう。

積めるだけ積んだルーレット台のコインがこの先、誰の懐に入るのか?

富の移転市場である株式市場でしっかり見届けながら、ちゃんと資産運用しただけのことはあったとリスクをとった投資家に納得感を与えたい。それが私の仕事のペースですが、例年とは違う午年相場になりそうではありますね。
今週後半からまた怒涛の全国講演が始まりますが講演予定です
LINEの話題もお届けしたいと思います。
LINE
LINEを知るのにとても参考になるいいブログを読みました

21日は大阪講演です

by yoshi-aki2006 | 2014-08-18 10:58 | マネー | Comments(0)  

<< におい、気になりませんか?~加... 死とは、図らずも「私亡き世界」... >>