実は怖い食の真実~外食、コンビ二食、自炊のポイント

「家では一切料理しません」というキャリア・ウーマンの知り合いは少なくありません。
若い人、ミドル、シニア問わず、家では料理しない派は、
仕事で疲れているし、
買い物に行く時間もないし、
きれいにネイルした爪も傷むし、手も荒れる。それに家で作ると後片付けが面倒だし、
一人だと外食、コンビ二食のほうがかえって経済的かもしれない、
というのが理由のようです。

かくして彼女たちの食事は昼だけでなくよるご飯も外食、コンビ二食だったりするのですね。

一方で夕方のスーパーでは若い会社員風の男性が真剣に食材を選んでいる姿をたびたび見かけます。

カートの中身は「あ、この人は独身だな」とわかる量なので、経済面や健康に留意して自炊を選択しているのでしょう。

食事は今日の疲れを癒し、
明日に備える大切なもの。
食は人生全般を支える最高の投資という観点から、しっかり体にいいものを届けたいですね。

そこで、気になるニュースをチェックしておきましょう。

たとえば牛乳+サラダ+サンドイッチ
などの組み合わせはコンビ二・ランチでよくあるバターンかと思いますが、
牛乳にはこんな研究結果の例が。

さらにそもそもコンビ二弁当は怖いと主張する立場の方もいます。
添加物にはいろいろな成分が含まれているので、知識が必要ですね。

視察に行き、「コンビ二食は安全に作られている」という人も入れば、「いや、容器+添加物+塩分が体によくない」という人もいます。
追記
こんな記事も出てきました。
コンビ二おにぎりにリスク

容器といえばこういう意見も見過ごせません。
昔からこうした指摘は耳にします

カップ麺の容器問題は海外からも指摘されています。

笹団子や柿の葉寿司、竹の皮でラップしたおにぎり、熱いご飯は植物の茎を利用したすだれ状のものを利用した日本文化から考えても、当初、ケミカル容器はなじまない印象があったのです。
しかし、高度成長期の便利食として爆発的に人気化し、今ではすっかり当たり前になっているわけですね。

カップ麺の場合は、今一度、熱湯を注いだ時、石油系の成分が食材に移らないのか、スープとしてそれを飲んでも大丈夫か、コンビ二弁当の場合は容器そのまま、レンジにかけても大丈夫なのかを考えたいですね。

便利なコンビ二なだけに利用しない生活は考えにくいと思います。
だったら何を食べればいいのか?具体的にはこういうものならいいようですね。

スイーツはどうでしょうか?

外国での例ですがこんなリスクも。
お土産などでもらった場合、注意しなければなりませんね。


外食であれ、コンビ二食であれ、自炊であれ、できるだけ健康に安全安心な食材を選びたいものです。
最近、急にこうした報道を目にするのはTPP関係からでしょうか。

それはともかく、私自身も食の威力を日々実感です。

先日、3時間ほど集中してのIT関係の打ち合わせ、実務があり、ついに昼ごはんを食べそびれました。
そのまま、外に出て講義で頭を酷使した結果、ついに電池切れ。

「昼ごはん一食抜いたぐらいでへいちゃら」

と思っていたのですが、過信禁物。華麗なる加齢とともにエネルギーの蓄積量は次第に体から減少しているんですね。
華麗なる加齢はお肌からコラーゲンを奪い去るだけでなく、体の構成要素の一つ一つもも引き算し、持久力をそいでいくんですね。恐ろしい~!!

このまま倒れこむかも????と思うほど、授業中からへとへとになり、それでも言語を数式化しているうち、ふと、頭をよぎったのが「磯野貴理子さんの例」でした。

倒れこむ前に「どうせなら食べたいものを食べよう!」と決意すると、モーレツにすき焼きが食べたくなりました。わずかなエネルギーのすべてを帰り道のスーパーたちよりに使うことに!

そして、最後のエネルギー一滴で家につくやモーレツな勢いですき焼きを作り、生卵をデイップしていただくと、アラ不思議。
ほうれん草を食べたポパイもびっくり、元気がもりもりわいてきて、もう一仕事、もうひと勉強が可能に!

かくも食べることって大切~!

食は確実に見返りのある最高の自己投資です。
安全な食材でぜひ、健康と美を維持したいものですよね!

こういう外食なら本当に体によさそう!
兵庫県の名物~鯛麺(たいめん)
f0073848_8422345.jpg

朝食のとき、温野菜をサラダバーに配しているホテルでバランスを考慮して選んでみました。
f0073848_8423635.jpg

移動車中では揚げ物が入ったものより、こうした和のお弁当のほうがうれしいです。
f0073848_8424931.jpg

by yoshi-aki2006 | 2014-10-30 06:08 | 医食同源 | Comments(0)  

<< 大事なことをブレずに意思決定す... バターが入手困難に! ついに品... >>