昭和を彩った人がまた去っていく

ビックスター高倉健さんのご逝去からあまり日数がたっていないのに菅原文太さんがご逝去とのこと。
日刊スポーツの記事サイトにリンクします

スポニチの記事も

さびしい限りですね。

ロンググッドバイ(NHK)の最終回を思い出します。

「さよならをいうのは少しだけ死ぬことだ」


私の死生観は「死ぬのは次の生への準備のため。次の新しい目覚めのため、少し、眠るようなもの」というものなので、また、どこかでお二人とは俳優と観客としてだでけはなく、
お会いできることだろうと思います。

たくさんの素敵な作品で魅せてくれた名優でした。

SEE YOU AGAIN!

by yoshi-aki2006 | 2014-12-01 14:37 | 感謝 | Comments(0)  

<< 寒風ドライアイ完封! 晩秋を風邪を引かずに乗り切るコツ >>