日経平均爆下げでもあわてないテクニカル分析の楽しみ2015年1月15日東証アカデミーで勉強しよう!

日経平均株価が大きく変動しています。
18000円台から16000円台へ。
チャートで見てみるとこの数日の動きの激しさがわかりますね。
(チャートはゴールデンチャート社より)
f0073848_18494842.png

今日の反発はたいした幅ではないし、まだ下がる可能性もありながら、こういう時に前から欲しかった銘柄に少しずつ投資していければ、高値つかみを避けられます。
しかし、心理的に「もっと下がるのではないか?」と思い、実際はなかなか買えないのが実情ではないでしょうか。

だったら、下げ止ってから買う?

それもまた難しいですよね。
昨日のお題「明日ありと思う心の・・・」ではありませんが、あっという間に反発して、「わ! 出遅れた!」とあわてて参戦し、高値を買ってしまいがちです。

そこでテクニカル分析の出番です。
テクニカル分析は株価の値動きから妥当な買い場、売り場を探そうとするときに便利です。

難しく考えがちですが、まずは株価が居所のよさそうな位置はどこか? を過去データを使って推定していきま
す。
学者の間では「テクニカル分析で株価が予測できたら、こんな楽なことはない(だから、実際はそうそううまくいかないはずだ)」と懐疑的な見方をしている先生もいます。

さはさりながら、株で儲けるのはいわばカスタマイズの世界です。

お化粧と同じで、化粧品は元顔を根底から美しくするわけではないという前提に立つか、いやいや、使いようによってはものすごくきれいになれるという前提に立つかで使い方は違ってきます。

私は、「そりゃ、ファンダメンタル情報をすべて縦横無尽に使えたに越したことはないが」「それは難しい」という前提で、使えるツールは何でも使う、という観点からテクニカル分析でまずはざっくり足場固めが有効だと思っています。
使えるツールは何でも使って剣が峰を渡っていくのが株という変動性の高い対象と付き合うための備えだと思っています。
日経平均株価を分析するだけでも実にさまざまな示唆があります。個別銘柄にも応用して勉強してみましょう。

テクニカル分析の次のセミナーは無料で場所は東証大ホールです。
2015年1月15日18:30~20時まで。

お申し込みはここでできますよ! 数日前から募集開始です
f0073848_1963029.png

ご一緒に勉強しましょう!

by yoshi-aki2006 | 2014-12-17 19:13 | マネー | Comments(2)  

Commented at 2014-12-19 08:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2014-12-19 11:32
お待ちしております!!

このたびはご挨拶状をいただきました。いろいろ大変でしたね。ゆっくりなさってくださいませ。

<< マッサンの時代、日本人は何を食... 明日ありと思う心の仇桜 >>