困った時も乗り切れる法則

困った時こそ、乗り切れる! 今回はそのセオリーについて、です。

●困れば通じる! 困窮はアイデアの源泉!

出張が相次ぐ時期、次の出張まで1.5日(36時間)しかない時は新幹線乗車や羽田に便利な事務所に泊まることが多くなります。ところがどうしたことか事務所で寝泊まりすると、虫に刺されてしまうことが多いので困っていました。
同じ場所を6か所くらい、ぼこぼこにかまれて、毎度真っ赤に腫れ上がります。先日は腿を。そして前回は二の腕を派手にかまれたうえに、「おまけだよん」とばかりにほっぺも少しかまれてしまいました。

 顔の肉は固くてまずかったのかちょっぴりしかかまれませんでしたが、二の腕はよほどお気に入りだったようで大きな腫れがいまだ赤く熱をもって盛り上がっています。腫れがおさまってもシミになるから憂鬱です。

「一体、何にかまれているのだろう?」

ずっと気になっていました。

 たぶん、実家のヨークシャーテリアが外歩きしたときに付着した虫が事務所用として家族から寄贈された布団にくっついてきたのだろうと推測。彼女は何しろ、羽根布団が大好き。布団を車に積む間、母の目を盗んでしっかりその上に乗っかっていた可能性は大です。
 この推測が正しければノミですね。ノミは服などにしがみつき、獲物が来るまで何カ月もじっと待つと聞いたことがあります。そして、体温を伴ったものが接近してくるや、ばっと飛びつき、しっかり栄養補給をするらしい。

 しかし、その退治のために今からパルサンを炊くとなるとこの忙しい時にめっちゃ大変だな~と新幹線が事務所のある駅に近くなるほどに悩ましく・・・・・。もしも、夜中に煙で火災警報器が鳴ったりしたら皆さんに迷惑もかかるし、第一、焚き上がるまで私はどうしていりゃいいのだろうなあ・・・・、とか。観葉植物も大きなビニールをかぶせたりケアしなければならないし、オオゴトです。

 ならば、応急処置として布団にドライヤーなどで超熱風を当てるべきか? それもこの限られた出張と出張の貴重な時間がもったいないなあ・・・。
どうしたらいいのだろう???? 

ええい、かまれるのを覚悟して眠ったもの勝ちか?

 と、その時! ビビッとひらめきが!!! そうだ、アロマオイルのラベンダー! そのボトルがあることを思い出しました!
 そこで、事務所に着くや、布団にていねいに掃除機をかけ、ラベンダーオイルを敷布団と掛け布団に数滴たらして就寝してみることに・・・・。するとあら不思議! その日は全くかまれませんでした!

ラベンダーは虫よけ効果がありますものね。ケミカルで処理するのも一方ですが、毒は毒。その点、アロマなら安心です。
困った時にぱっといい考えが浮かぶ! まさにそれを体験しました。
よかった~!

●人に親切にすれば思いがけないところからお返しがやってくる!

 ある人から今勉強している分野の課題レポートの相談を受け、今まで貯めてきた資料のうち使えそうなものをコピーして提供しました。苦労して集めた資料だったけど、私はすぐには使う機会がないので、使ってもらえたらと思ったのです。

  すると、全く思いがけない人から、私が必要としている資料を「もし良かったら使ってください」と申し出が!
電車の中で手帳を忘れた人の届出を買ってでたら、まったく別の日に自分がなくした冊子を無償で提供してくれる人が現れたり・・・・。
 こういう不思議なことってよく体験します。見返りを期待しないで人に親切にすると、まったく思いがけないところから、お返しが来る!
 だから、人に親切にするときはそれが信条に反していないことである限り、気持ちよく提供して上げればいいと思います。
 情けは人のためならず。したことは必ずどこかから返ってきます。いいことはいいこととして。そうでないことはそうでないこととして。

 だから、自分の信じたことは実践すべし!

●子供や高齢者、弱い者いじめについて

 弱い立場の人につけこんでさまざまなことが起こっているのを知る機会が多くなりました。昔からもあったことでしょうけれど、ネットなどで「こんなことがあるんだ」と知る機会が増えています。

 この間は駅で自分の子供に蹴りを入れている母親の映像がアップされ、何万人もの人がそれを見て、ついに母親が特定され、今は行政が介入して、子供の保護につながっているとか。

 私も手荒なお母さんの姿を何度か目撃しています。そして、そうした時にはできるだけ、声をかけるようにしています。「どうしたの?」と。すると周囲の年上の方たちも集まってきて、「大変だよね」「お母さん、大変だね」と母子に声をかけたりして、「場」の雰囲気が変わります。それでキレかけていた母親が冷静さを取り戻すように思います。

 それ以上の介入はなかなか難しいのですが、一つ言えることは、子供を手荒に扱えば、将来、自分がその子供に手荒に扱われる可能性は低くないよ、親が手本になるのだからね、ということです。

 大人と小さい子供では大人のほうが圧倒的に有利です。体力充実の青年期と高齢者も構造は同じです。体力格差がある時は力任せに相手を制御したとしても、立場はいずれ逆転します。それを考えたいよね、ということです。

 自分が弱ってきた時にかつて蹴りを入れ、手荒に子育てしてきたそのツケが成人した子供からもたらされるかもしれない。
一時の感情の爆発で子供を手荒に扱えば、それこそ思いがけないタイミングで、その時のお返しが来る。そのことをキレる親によく考えてもらいたいと思います。

  こうしたことは資産運用の世界にもいえます。「今だけ良かったらいい」みたいな運用は成果がよくありません。将来、今とはまったく逆の状況がやってくる。その時に沈まない運用が大切なのです。

 資産運用も人生も同じこと。「今の一時の感情だけ」でやっつけないことです。

●常識を疑え!

家族の健康管理の観点から「減塩生活」をスタートさせることになりました。健康面では一日6グラムの塩分が理想らしいですね。ところが朝のトーストからもはや黄色信号。食パンにそれなりの塩が入っているので、減塩面では朝、食パン二枚食べると一日に摂取してよい塩の量は残りわずかに。困った、困った!

 そこでサラダもヨーグルトをかけたりして食べることに。
すると今まで、なんだかんだとトッピングしたり、いろいろ添加していたものってはたして本当に必要なものなのか?という素朴な疑問がわいてきました。

 ●●には××が必要・・・・・と思っていたけれど、それって単なる思い込みでは?  今、している習慣を「それって必要?」と今一度、点検してみるとまったく新しい視点が開ける気がしました。余分なことをしないでいると健康にもよくお財布にもいいですね。

というわけで、困った時こそ、チャンス! いろんな知恵が湧いてくる。そのアイデアとともにピンチをチャンスに変えてまいりましょう!

 
f0073848_1025610.png

         (大阪会場で。多数のご来場ありがとうございました!)


さて、今後のセミナーの予定です!
1月26日は防府
27日は新山口
f0073848_10581728.png

防府と新山口はすでに満杯のご予約をいただいておりますが、当日ご参加ご希望の場合は支店にご連絡いただければキャンセル待ち等のご案内ができるかと思います。

28日は呉にうかがいます! こちらはまだお席がご用意できますので奮ってご参加くださいませ!
f0073848_10521097.png

呉セミナーのご案内とお申込み先です

by yoshi-aki2006 | 2015-01-24 10:59 | 感謝 | Comments(0)  

<< 思うは招く~夢は実現できるんだ! 2015年初からきな臭いマーケ... >>