「その人」がズバリ出る服装の話~ビジネス服装コードの知識を磨こう!

オフの時の服装は自分の日ごろ感が良く出ますね。

先日、研修先で飲み会がありましたが仕事相手のAさんの服装を見てびっくり!
えっ! この人、こういう人なのか―!とある意味、新鮮な驚きを覚えました。
Aさんは30歳前後のビジネスマン。
いつもピシッとスーツを着た姿でお会いするのですが、その日の服装はジャニーズ事務所の若手タレントのオフ会のような印象のおしゃれ度。

男性もアクセサリーで決めるんですね。
シルバーのペンダント、半パン。
さくっとした麻系のシャツを羽織り、その上から綿ベスト。

ファッション誌に掲載されていそうななかなかのオシャレ。こうしてオフを決めてメリハリつけているんですね。

ビジネススーツの時には見えなかったその人の「遊び」の部分に何か別の世界があるんだなと感じた一コマでした。

一方のBさんはジャージ系の紺の上下。
オフ会なので、楽なのがいいということだったんだろうと思います。
どちらかというと私がもし、男性ならBさん系の「楽なのがいい」派です。

でも、最近、ちょっと考え直そうと思うようになりました。楽服は楽でいいのですが、どうしても体型も楽化=だらんとしていきます。
出張の時、乗り物移動が長いので移動中はできるだけユニクロ+アジアンテイストみたいな楽服がいいと思っていたのてすが、「楽」といってもここまで「楽」してはちょっと・・・・このまま現場に入りにくいと感じるようになりました。
f0073848_24757100.png

夏の出張移動によく着た楽服。我ながら、さすがにちょっとくつろぎ過ぎだと思いました。

どこで誰にあってもいいような服装コードを意識したいですね。

仕事着は派手にならず地味にならずがいいと思います。
以前は『華やいだ服装』を意識しましたが、今は講演内容の邪魔にならない服装を心掛けています。
f0073848_21243482.jpg

モノトーンは使える服装コードではないかと思います。
f0073848_212625.jpg

色は地味でもデザインが凝っている服装も結構、着回しが効きます。
f0073848_21275452.jpg

こういうワンピースも派手過ぎず、地味すぎずいいと思います。白もしくは青系のジャケットを羽織るとビジネスの現場でもOKです。でも、よいものはすぐ売り切れですね。
この服は買いそびれ、手に入りませんでした。残念!

f0073848_21293674.jpg

この服はチャリティバザーだったと思います。ビジネスにはちょっと不向きですが、お出かけ着には素敵ですね。この紫バージョンを着たいのですが、まだ入手はできていません。趣味のお出かけ時間用の服装コードですね。

f0073848_2131717.jpg

このモカカラー+白も定番として活用しています。

f0073848_21431789.jpg

この服は和紙で作られています。着心地はとてもいいのですが出張の時、しわになるのが難点ですね。

f0073848_21452396.png

この服はデザインはいいのですがレロレロした布地なのでちょっと扱いにくいです。気がつかなかったのですが袖が長いために折っていたまま、登壇していますね(袖を伸ばして登壇したかったです!)
f0073848_2233891.jpg

中のワンピースは網のような素材で体によくなじみますが、難点は胸元までの幅広過ぎる襟ぐり。もしジャケットがないと両腕むき出しになり、NGですね。なぜか襟ぐりが広すぎる服が多いですね。もっと襟ぐりが詰まった服がいいのですが。
f0073848_2494861.jpg

最近、気に入っているのがこの服。しわになりにくく、派手なようですが落ち着いた色なのでいい感じです。
ただ、結構重たい素材です。

売り場を回るうち、最近ではようやく女性のエグゼクティブ・スーツが妥当な価格で出てくるようになりました。
今後はもう少し、年齢的に若いラインも出てくることでしょう。

売り場では女性の遊び着系はたくさん売られているのですが、何気なく品質のよい、しかも着やすい服、組み合わせしやすい服はまだまだ少ないです。

女性のビジネススーツは派手過ぎず、地味すぎず、着やすく、組み合わせやすいが基本。妙にセクシーである必要はなく、淡々とした上品さが求められます。

品よく、若め華やぎラインも加われば、組み合わせがもっと楽しくなると思います。

続く~

by yoshi-aki2006 | 2015-09-14 22:06 | ビジネス | Comments(0)  

<< もう強欲資本主義はこりごりだ!... 女性と仕事~女に甘え、頼ってく... >>