経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

TPPのすべてを知る男・甘利大臣はずしは日本の損失?

連日、「大人気ない」ニュースばっかりな中、気になるのが甘利大臣問題です。

甘利大臣がお金を受け取って、どうしたこうしたと報道されていますが・・・。

告発者がお金を渡す前に札のコピーをとっている、という点で、もうそれだけで、「図られたな・・・・」と感じるものがあるのですが、

実際、もらったのかどうかはともかく、政治家であれ、誰であれ、「ごっつあん」とばかりに金の入った封筒をもらってはいけないですよ。後が怖いから。

その点で、相手が言うとおりなのなら、「まずかった」と思います。

パーティ券と引き換えにとか、著作物代金とか、
常識で考えて誰もが「ああ、それなら」と納得できるやり取りをするべきですよね。

さて、それはそれとしてTPP調印前に甘利大臣を狙い済ましたかのような告発には「裏」に何かあるのか、とかんぐりたくなりますね。

ここは安倍総理の判断どおり、TPPのすべてを知る男・甘利大臣の続投が日本の国益にかなうことだと思います。

担当者が変わって調印するTPPは消費者の立場から非常にリスクを感じます。
それとも、乗り切り上手な茂木さんあたりが代行に浮上しているのかな。

いずれにしても、TPP調印前の甘利はずしは非常にリスキー。

それと冒頭にも書いた昨今の大人気ないニュース。
聞くたびにとほほ、と力が抜けるような事件ばかりが取り上げられますが、下記のようないいニュースもあるのですよ。
子供を殴って死なせる大人気ない人ではなく、下記のようないい話に登場する人たちが日本人のスタンダードなのだと思います。

●スシザンマイの社長が海賊撲滅に寄与したいい話(検索すると出てきます)
●九州有田市の人達が雪で立ち往生した電車にのっていた人達を助けようとツイッターでの呼びかけに応じておにぎり250個、毛布、おでんなどを持ち寄って向かったことなど。

甘利大臣のTPP交渉期間中の物悲しい表情から、相当のことがあったのだろうと思います。
大人は見えないものを観ています。
コピーされた札のほうを観る人ばかりではありません。
TPP調印前のスキャンダルの背景に隠されたものもきっときっとあるのだろうと思います。

引き続き、ニュースに注視していきたいですものですね。

追記
あーあ、辞任されてしまうのですね。TPPの中身、大事なことがいいようにされなければいいですけど。調印してから進退を決めてもらいたいものです。
ヤフーニュースにリンク

それにしても露骨な書割ですね。

2011年3.11東日本大震災で東電弱体化→2016年電力自由化
5年の歳月をかけてアライアンスがまとまったTPP調印前に甘利大臣狙い撃ち。
2012年アベノミクス相場序章から先発外資が購入した日本株総額18兆円。
日銀ETFの購入額2015年末までで累計7兆円。2016年3兆円、2017年3兆円、2018年3兆円として合計7+9で16兆円。
日銀黒田氏2018年任期満了。

見えないものを観る大人なら、見える図式。

もちろん2016年電力自由化のダークサイドだってもね。
by yoshi-aki2006 | 2016-01-28 12:56 | アンテナ | Comments(0)