チャートレッスン

ここの所の株価波乱について。

最安値を買いたいと思っている人はスタンバイ、もしくは打診買いのタイミングにきつつある。
チャート

をみるとわかるように全ての移動平均線がデッド・クロス方向。
株価は先行して下げ。

外国人は売りこし。

全くよい状況ではない。

ボールを投げるとどこかにこつんとあたってまたリバウンドする。
また下落する。そのうち、下げの勢いがおとろえる。
そしてどこかでトレンドが変わって切り返していく。

今は、まだトレンドが変わって上げて行ける状況ではなく、下落途中のリバウンド、また下落というリスクをはらんだ場所にいる。

しかし、最安値のピンポイントで買えることは少ない。

だいたいのざっくりした安値を買っていく姿勢をとるなら、好機到来といえよう。

今日はそんなことを詳しく大阪でお話する予定。

by yoshi-aki2006 | 2006-06-15 07:31 | マネー | Comments(2)  

Commented by hikosaka at 2006-06-15 08:44 x
今日は、先生が言われた四季報の1年で大切な(決算が載っている)発売日である。金の卵、を見つける為に、、、小型株を中心に探そうと思っている。村上ファンドの福井総裁、他「だーれ」?、まさかK総理?
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-06-16 07:40
いえ、それはありえないと思います。
もっとびっくりする人のお金でしょう。
過去、そういうお金を扱った人はたいてい変死しています。
「T商事のN氏」もテレビ中継の最中、襲撃されましたし、o教のM氏もでしたね。私はあのファンド代表は相当やばいお金を扱っていたと思っています。彼は人にいい格好をし始めたら止まらなくなる自己陶酔型のインテリなのではないかと思います。ほどほどに、ということが分らない一種、×××だと思います。四季報、読みこなし、がんばってくださいね。

<< 講演会のコツ 本日のレポート  >>