周囲から押されて社長になる人、自称・社長でつぶれる人

「やっぱり社長になる人は違うなあ!」と思うことがあります。
Aさんがそんな一人でした。

ともかく、対応が的確。
挨拶状や慶弔などにも素早く反応。

社会性が備わっているからこそ、周囲から押されて「あの人なら」と人の上に立つのでしょうね。

社会性とは自分の事より他人のことを考えられる知性のことです。

一方、自称・社長になったBさん。
誰しも、独立したては応援してあげよう、と思うものです。

しかし、応援してもらうまでは下手(したて)に出ているものの、うまくいくとすぐ天狗になって自己肯定→自分が一番病気の発症→自分に甘いため社会性に偏り→逸脱ということに。

Bさんも仕事が順調に動き出すと、それまで世話になった人を見下して、自分の我流、偏向で仕事して顰蹙を買う羽目になりました。

持前の調子のよさで、とりあえず仕事ができていたけれど、一度、裏目に出始めると「調子がいいだけで誠実さがないよね」との評価になって人がしらけて離れていくことに。

このトピックで周囲の会社の役員の方たちの話を総合すると、

寝首をかくような人はどんなに仕事ができても引き立てはしない
バカ真面目で隠れて悪いことはしないタイプがまずは望ましい
そういう人でおしえれば、呑み込みのいい人がさらにいい→つまりは素直

自分より目立ってしまう人は周囲に置きたくない→かくれ目立ち志向を持つものはおのずとわかる

周囲から押されて社長になる人は
真面目で
おしえられたことの本質をよく理解して遵守し
不断に努力する
地味目な人

ということになります。そして決して暗くなく、話せば愉快な人であり、家庭が安寧な人。

こういう人が押されて社長になる人の特徴かなと思います。

一方、要領、調子がよく、仕事はできるけれども
本質的に甘ちゃん(どうしても女好きになったり、人に甘える)な人は
いえば不真面目くんであり、
思い通りにならないと陰口、悪口が多くなり、
不真面目な部分を持つがゆえに嘘があり、自分が一番という思いがあるために、人の寝首をかくのも平気ということになり、
仕事ができてしまえ、調子よさゆえに独立し社長になったとしても、

不真面目ぶりがいずれはあぶりだされて、数年と持たずに砂鉄をこうむるケースが多いようです。

挫折から何かを学んでうまく復帰する人もいるので、一概に調子よすぎの自称・社長でも化けることがあるけれど。

投資するならなんといっても前者の社長の会社がいいと思います。

こつこつ型の会社で新興市場から一部市場に上り詰めた会社の多くは天才ひらめき型より真面目一徹企業です。

そんな企業の株主でいれば資産は漸増していくことに。いい銘柄を探して講演でお知らせしていきたいと思います。

講演の日程、詳細を更新しています


東京では10月15日武蔵小杉朝活セミナー10:00-11:30があります。
f0073848_7393241.png

当日は冒頭にあかつき証券武蔵小杉支店長のご挨拶がありますが、営業はありません。
お口座がなくてもご入場していただけます。
どんどんご参加くださいませ。
レジュメのご用意かありますので予約していただけると幸いです((#^.^#)
f0073848_745172.png

by yoshi-aki2006 | 2016-10-11 07:45 | ビジネス | Comments(0)  

<< スーダラ節を歌わそうとするアベ... えーっ?! 旅作で禁煙明記がな... >>