経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

壇蜜さんと鈴木瑛美子さんから学ぶ突破力~奇跡の女たち

最近、人に対して感動し、見事だなと思ったのは

女優でタレントの壇蜜さん

湖池屋のポテトチップスのCMで抜群の歌唱力で話題になっている鈴木瑛美子さん

です。

壇蜜さんはNHKの「お母さん、娘をやめていいですか?」に出演されているほか、映画「甘い鞭」でも主演されています(アマゾンの成人向けコンテンツなどで視聴可能)。


鈴木瑛美子さんは湖池屋CMの特別バージョンがYouTubeで見られます。
リンクを貼っておきますね。

ゴスペル甲子園優勝の時のもの youTube

鈴木瑛美子さんのYouTube

まず、壇蜜さんですが、グラビアモデルからタレントに。そして女優に。NHKほか、テレビ番組でも引っ張りだこの人気者です。
壇蜜さんがなぜ、ここまで売れるか、「人気株」「安定成長株」を探すのが仕事の株式評論家としてとても興味を持ちました。

まず、基礎的部分=ファンダメンタルが充実しています。

和であり好感度の高い幼顔。
秋田美人でお肌がきれいなのもいいですね。

次に声がいいです。

よく通り、聞き取りやすく、深く濃く、漆黒の墨のようなつやがあり、意思があり、官能的です。

次に彼女が最初に芸能の世界の足掛かりとしたグラビアですが、単にグラビアモデルでなく、また、タレントだけに終わらず、「甘い鞭」で石井隆監督の過酷な作品での役柄すら突き抜けています。まったく、役によって汚れない。
そして「次はこんな作品」「こんな展開」と次々と扉を開けさせる力を持つ。

それは、ひとえに過酷な現場を「これでもか」と与えられながら、その一つ一つに彼女が一生懸命に向き合っていることが伝わるからでしょう。「おかれた場所で咲きなさい」という信仰者の著書がありましたが、壇蜜さんがまさにそのことを体現されています。

それはお姫様役やかっこいい役だけで済ませられるに越したことはないでしょう。
が、来た仕事=おかれた場所で彼女は全力で真剣勝負している。

そのけなげな姿が人の胸を打たずにいられない。

かっこいい役、得な役でも全力咲きできていないケースもたくさんある弛緩と比べたら、壇蜜さんの濃厚な仕事ぶりの質的充実が際立ちます。

「この一生懸命な人に注目したい」「この人こそを応援したい」という気持ちになり、人を動かす力と動かされる自分の双方の間に生まれる第三極=奇跡の力に感動を覚える。

そうしたことに「そうだよ、そうなんだよ」と再確認させられる。

これはどんなビジネスにも通じることです。どんな過酷な現場でもこうして突破していくことができるじゃないか! と。

一生懸命さは何よりも強く人の胸を打ち、その感動は生きる力を与えてくれます。

官能的な壇蜜さんを数ある素材から選ぼうとする使い手の中にはそりゃあいろいろな気持ちを持つ人も含まれているだろうと想像します。

しかし、彼女の一生懸命さが胸に迫り、見る人に感動を与え、作品を超えていく。
結果的に雑駁なもろもろは吹き飛ばされていくのでしょう。


まったく分野も個性も違いますが

鈴木瑛美子さんも見事です。

鈴木さんの歌声、歌う姿そのものが、ドアを次々に開いていく奇跡の力になっています。
しかも存在がフェアです。
ものすごくわかりやすい。
誰もが納得です。


どんな分野であれ、なんであれ、自分しか使いえない奇跡の力は誰にもあるはずです。
それを見つけて真剣に一生懸命にドアをノックし続けることが人生を切り開いていくのですね。

その姿こそが何よりもフェアで強く美しい。

そのことを体現している壇蜜さんと鈴木瑛美子さん。

素晴らしいです!




by yoshi-aki2006 | 2017-02-26 11:09 | 生きる力