少子高齢化で減収になる仕事、増収になる仕事

美容師さんが言ってました。
「月末になると資金繰りするのですが、カツカツですねえ・・・・・」と。

とても腕のいい美容師さんで海外の人気店でも修行してきた腕自慢。だからほとんど予約でいっぱい。
そんなお店でも経営は大変そうです。
というのも今の若い人は美容室にそんなにいかないらしく、
お金をたっぷり使ってくれ、かつ、足げしく通ってくれるお客さん層には高齢化が進行。

「行きたいけど足腰が・・・・」というかたも増えており、介護施設に入所したり入院したりで拠点も変化。主力のお客様として次第次第に後退しつつあるそうなのです。

一方、店は増加し続けているのでどうしても料金面での競争になりがち。

すると人気店でもカツカツという状態に。

美容室だけでなく、コンビニ、歯医者さんも同じような激戦状態。
人口が減少していく中で利益確保が難しいんですね。
利用者は少なくなるのに、供給は増加していくのでレッドオーシャン化するわけです。

私の仕事世界にも少子高齢化はいやおうなく影響してきています。

テレビ、単行本、雑誌等という華やかな世界より基調講演中心の講師業をメインに据えてから、すっかりスケジュールがたてやすくなり、大学院にも2つ通えたし、習い事もたくさんできています。

講演はたまに午前午後という日もありますが、早くから予定が決まるので、とてもスケジュールがたてやすい仕事スタイルになっています。
だから日常生活も十分に満喫できているのですが、

だんだん「セミナーにいつまで通えるかしら? 足腰が弱ってきたわ」というお客様の声を聴くようになりました。

うーむ。レッドオーシャンを避けつつ、対策せねばな。
ちなみにレッドオーシャンとはたくさんの参入者がいて競争が激しく、安売りかつ忙しい世界のこと。

その領域を避け、ブルーオーシャン道を歩き続けるのが私の戦略です。競争の激しい世界で勝つのに血眼になるなんて無駄だと思うから。でも勝たなければ気が済まない人には合わない意思決定かも(^^)

美容室の場合、逆転の発想で足腰が弱まったお客様の元に訪問美容室を展開して増収になっている人が出てきています。

私も出張サロンをしようかしら? (^^)

少子高齢化がこれから急激に進行するため、今までのスタイルでいると減収になる仕事はほかにも多いと思います。


増収になる仕事は逆転の発想ですね。
美容室だけでなく、スーパー、病院、などお客様のほうに出向いていくなど。
f0073848_00240628.png
今はどこの会場でもたくさん、ご来場いただいているのですが、こちらから出向いていくことも考えたいですね。
お写真は8月5日マジカルポケットIRフォーラムでの基調講演の様子です。


さて、いよいよ来週は札幌へ。お盆の混雑のときは出張しない、お盆でお客様がお墓参りや家族旅行を楽しまれるときはセミナーを打たないというブルーオーシャン戦略の取引先に恵まれていてありがたいです(^^)

f0073848_11543590.png

どなたでもご入場していただけます。ふるってご参加くださいね。


コラムが更新されました!




by yoshi-aki2006 | 2017-08-24 00:27 | マネー | Comments(0)  

<< メルカリで持ち物処分、1300... 素敵な人の素敵な習慣 >>