高学歴・高キャリア女性、山尾 志桜里さんが残念なことに・・・・。小池百合子さんの高笑いが聞こえてきそう

あー、山尾 志桜里さん、やっちゃいましたねー。
真偽はともかく、完全にアウト。
子供をほったらかしにして男性と週4密会はないでしょう。

もし、週刊誌の報道する通りの疑惑があるとしたら、それほど、お相手との関係にのめりこんでいたんですね。
それにしても、残念です。
政治家として大いに期待していたし、どちらかというと好きな政治家さんだったのになあ。
「これから」というときに男問題、不倫疑惑で失脚だなんて。

私が彼女の親族だったら、
まったく自覚に欠けている、この大事な時に、男に入れ込んでいる場合か?
そういって叱責すると思うけど、知り合いの男性は
「いいんじやない、仕事さえしてくれれば、ゲス不倫していたとしても」
と鷹揚なことをいう人もいました。


フランスのような成熟国家では政治家もいろいろだし、国民も目くじらを立てない傾向があるようだし、
「日本もいいんじゃない、そろそろ」
というわけです。

まだ、日本ではそこまで行ってないと思いますが・・・。


さて、今回の山尾さんトピックでびっくりしたのは
東大卒、ヤメ検、民進党幹部候補者、政治家として「これから」というてんこ盛りのお宝と引き換えにしてでも山尾さんが「男」だった
点です。

そんなしてまで?
手に一杯、お宝を持っている身で?

場合によっては今のダンナ、子供との関係もおかしくなる可能性があるわけで、それを失っても、
それでも「男」だったんか?!

それがあまりにも残念で、あまりにも人間的で

政治家として今まで着ていた衣は「借りものでした」ということがばれて、
もう、政治家として人の信任を得ることはすぐには無理だと思いますが、

人間としては「ばっかだなあ=好きだなあ」というところに素のままで立てたのではないかと思います。

だから、山尾さんへのアドバイス。
もともと「アニーよ銃をとれ」で女優だったんだから、政治家をやめて女優に再チャレンジしては?

ところで今回の山尾さんトピックで一番、得をしたのは自民党ではなく小池百合子さんでしょう。
きっと高笑いしていると思うなあ。

民進党から国民ファースト党に人が採れるじゃないですか。離党ドミノのスイッチを山尾さんトピックが押したも同然です。
まさか、今回の文春砲の前に頻繁に会合を持ったといわれる国民ファースト党(小池新党)結党企画者といわれる若狭勝氏と民進党を離れた細野豪志さん。細野豪志さんがいくら離党したからと言って仲間だった山尾さんのスキャンダルを党員獲得に意欲を燃やすとみられる若狭勝さんにリークすることはないでしょうし、元自民党の広報本部長としてメディアに幅広い人脈を持つ小池百合子さんが山尾スキャンダルをリークして民進党離党者ドミノ倒しを狙ったということもないと思います。

が、小池さんの評判はいろいろあり、聞く限り「あまり好きじゃない」という意見が多く、都知事に立候補する前の小池さんを知る人によると、「安倍さんの冷遇に非常に強い不満と危機感を持っているように感じられた」とのこと。都知事に立候補したいきさつもそれを聞くと符合するという人もいて、端的に言えば都知事選で冷や飯返上に打って出たといえます。

政治信条は蛇行というか、何が本筋か、はっきりしない、女優が政治家をやっているようなもの、という意見があり、
そういう意味で小池さんを見れば、確かに観客が何を求めているかをつかみ取る能力にたけていらっしゃる点で女優さん的といえます。

政治家と女優。

共通点はあると思います。

もう、政治家としての未来はない、と思える山尾さんの持てる魅力を生かすには女優による表現者の道を歩まれたほうがいい、と私は思うのですが。
なんてね。

【追記】
それにしても、43歳で今まで積み上げてきたキャリアの大きな部分を失ってしまうなんて、これからどれだけのことが待っているんだろう?
とつくずく、今後の大変さに彼女ならずともため息が出てしまいます。
43歳で、痛いなあ・・・・今回のナイアガラは・・・・と思っていたところ、
そうだ、
この年周辺は厄といわれる時だよね、と気がつきます。

女性の厄年は数え年で19、33、37、61歳でその前後1年が前厄、後厄といわれます。

しかし、仕事を持つ女性は男性と同様に
25、41、61歳が本厄、前後1年が前厄、後厄を適用するほうが現実的といわれます。

いずれにしろ、その年恰好のころは慎重な行動をとらないとならないと昔の人の確率論から生まれた言い伝えといえるでしょう。

積み上げてきたすべてをなくさないよう、仕事を持つ人、家庭を持つ人、それぞれに自戒したいものですね。

by yoshi-aki2006 | 2017-09-08 11:50 | 日々雑感 | Comments(0)  

<< 女の厄年、男の厄年を乗り切る秘策 皆の心配~これから日本は戦争に... >>