敬老の日は老親宅にお掃除プレゼント

老親宅に行くと、どこもかしこも掃除が必要、ということに気がつきます。
ジュースとか麦茶を飲もうとして食器棚からグラスを出すと、
なんかペタッとしているんですよね。

どうしてペタッとしているんだろう?

母親に聞くと「洗剤で手荒れする」といい、あまり洗剤をつけて洗っていない様子。
「手袋をするのだけど、忘れることもあるし。ささっと洗って伏せておくとこうなる」と。

きゅっと音がするほど光らせたいグラス類。
洗剤をつけて洗い、お湯で洗うとすっきりするけれど、
いずれも手の脂分まで流してしまうので、
手荒れします。

食器洗い機は「少ない食器を洗うのにもったいない」とか「使い方に確信が持てず怖い」とか「固形石鹸が解けずに残っていることがあり、なんだか具合が悪い」とかいろいろ言って使わない。

結果、自己流に洗い、食器棚にしまうからペタッとしたグラス類が並ぶことに。
フローリングの床もペタッとしているし、
抜け毛が洗面台に落ちているし、

あ~、なんか気になる~。
くつろぎに帰る、つもりが老親宅の掃除をしてくたびれ果てて自分ちに帰ることに。

食器類の掃除。特にグラス、急須。
重曹。
クエン酸。
手袋が必須です。

それと老親宅は臭気対策も必要。
トイレの掃除。
フローリングの掃除。
台所の掃除。

玄関まわり、庭掃除。

これに犬の散歩。犬のシャンプー。
買い出し。

布団干し。

ああ~、なんかもうクタクタ~。


自分ちに帰ると自分ちもとっちらかっています。だからこちらもまた、掃除するはめに。

すると一日中お掃除していることになり、すっかりくたびれてしまいます。
ほっとできるのは誰もいない事務所だけ。

でも事務所も掃除しておかないと。

お掃除。人にしてもらえる人はいいけれど、一生の課題ですね。

f0073848_01285501.jpg
サングリアを飲んでほっと一息。

株式市場に関するブログはアメーバで更新しています!


こちらがアメーバブログ

by yoshi-aki2006 | 2017-09-19 01:32 | 日々の暮らし | Comments(0)  

<< 頭の使い方、心の配り方は訓練の... 社会人大学院に仕事をしながら通... >>