衆議院選挙~10月19日発売号の文春砲が決め手?


メディアで「衆議院選挙の行方について」が連日のように取り上げられていますが、

現在のところ、

寄せ集め感の強い「希望の党」に大事な国政を任せられるのか?

小池百合子氏は都知事に専念すべき

というごくまっとうな意見が過半数を占めているようです。

私もやはり、できたばかりの党、首相候補者がいない党と言われても仕方がない「希望の党」には信頼感はもてません。

なんだかんだ言っても安倍晋三内閣で株価も土地価格もデフレ脱却方向に動けているのだし、
オリンピックも決まって、円安でインバウンドも加速し、それで、有効求人倍率も上昇しているのだし、
少々、一強のゆるみがでてしまったことはあったとしても、
安倍自民党+公明党の従来路線のほうが希望の党よりは絶対にマシだと思います。

が、選挙はミズモノです。
この点で投資家は「どちらが勝っても大丈夫なように」ポートフォリオ強化が必要ですね。


特に仕掛け上手な人が仕掛けてくれば
10月19日発売の週刊文春、週刊新潮あたりで、

「えええええええーーーーーー」

というような話がどちらかに出てくるかもしれません。

今までのスキャンダルは元秘書経由で漏えいしたものが多かったように思います。各党の先生方、大丈夫でしょうか。

ちなみに小池百合子さんはこれまで、そのスキャンダルの追い風を受けてきた人です。
メディアの使い方もたけているといえます。

小泉首相の手法の研究もされたのでしょう。対立軸をつくり、相手を悪と決めつけ、自分が正義側につく。
「私を応援してください」という構図作りがうまいですね。

連日、メディアに取り上げ続けられるようにネタを提供し続ける。
パンダの名前発表から、大阪、名古屋の知事と連携してみせるなど、毎日、話題を提供し、顔を売って印象強化をしています。毎日、メディアが「小池、小池」と話題にするように仕向けている点で宣伝力はすごいですね。

これは影響力の武器を知っている人のやり方です。人はよく名前を聞く人に親近感を抱くということを狙っているのでしょう。

また、こんな例も思い出します。
古くは、彼女が防衛大臣の時。
当時の事務次官が更迭されましたが、追い風になったのはメディアによって事務次官氏の「くれくれ妻」「おねだり妻」のことが明らかになつたことが大きかったし、
先般の稲田朋美さん、安倍昭恵さんの報道の時でも、それがきっかけとなって安倍首相が窮地に追い込まれていくことになり、結果的に小池さんには有利になりました。

都議選直前の週刊新潮スクープの「このハゲー」もインパクトがありましたし。

もし、今の小池さんへの逆風を一転させたいということになれば、
誰が仕掛けるのかはわかりませんが、10月19日を狙って仕掛けてくる可能性もあるのでは、と一読者としては思います。

今の段階では、
「やっぱり安倍さんがいい」という声のほうが強い中、安倍さんは
「ええーーーーーー」というような仕掛けを仕掛けられないよう
最後の最後まで気を抜くことなく、
しっかりと国難回避に尽くしていただきたいですし、
各党各人も国難回避に真剣勝負で挑んでいただきたいものです。

選挙はミズモノ。最後の最後まで予断禁物。投資家はどちらがどうなっても大丈夫なようにポートフォリオを強化しておきましょう!

さて、経済+株式セミナーの募集告知サイトが続々と出来上がってきています。

名古屋は

f0073848_16585822.png
詳細とお申し込み先です




大阪は
f0073848_17014478.png


日本取引所グループお申込みサイト










by yoshi-aki2006 | 2017-10-01 17:18 | アンテナ | Comments(5)  

Commented at 2017-10-04 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by タリーズ at 2017-10-05 00:54 x
いつも木村さんのコメントが好きで長い事ブログを見てきました。迷いましたがコメントします。株価が安定している、マーケットに影響が少ない視点で安倍さんを押すコメントにはかなり違和感を持ちました。私は、小池さんの支持者でもありませんが、意味のない解散総選挙、加計、森友問題、教育勅語、安倍夫人の件など、一首相として考えると、許せないものばかりです。その見方の根拠がマーケットへの影響ならば、さびしいと感じました。一意見として、コメント致しました。
Commented by yoshi-aki2006 at 2017-10-06 01:21
コメントありがとうございます! 経済もミズモノですから政治的なスタンスは中立にして推し量らなければならないと思います。私は安倍晋三派でも小池百合子派でもなく、経済のみのスタンスですが、マスメディアの連日の「小池押し」に強い違和感を感じています。これはかなりおかしいです。世論誘導といわれても仕方がないのではないでしょうか。そういう意味では「不思議すぎる」と思っています。新しい勢力がこれからの日本経済に寄与してくれるのかどうかは不確実で、不確実なことに対して「期待」するか「疑問視するか」、両建てでとらえています。記事の趣旨はそういう観点で書いたつもりですが、アベノミクスのインフレ政策で株価が上がった点ではアベノミクスは効果があったと思います。その点は率直に評価はしたいです。ただ、日銀政策には「相場をゆがめている」という批判があり、これはリスクとしてとらえてもいます。また、私は愛媛の政策には国会で追及されたようなやましいことはなかったと加戸前知事の証言に信頼感を持っています。また、国会解散は唐突に見えるかもしれませんが、今、どうしてもしなければならない事情が報道には出ていない理由からの必然で、あったのだと思っています。私が安倍さんの立場でも今しかない、と判断したかと思います。しかし、その点についてはあくまでも憶測なので寄稿で触れることはむつかしいです。しかしながら、今後はご指摘のように感じられる読者さまもいることを念頭に、丁寧な寄稿を心掛けたいと思います。また、お気つきの点があれば、コメントしてくださいね。
Commented by yoshi-aki2006 at 2017-10-06 05:54
追記
過去の記事を見ていただければ、安倍昭恵さんに関する問題意識や内閣支持率低迷等、タリーズさんが安倍氏に感じておられることに関する寄稿もしていますので、ぜひ、ご一読くださいね。安倍昭恵さんに関しては私も問題意識を感じましたが、今は夫婦といえど、別人格の妻に言えないこと、制御できないこともあったんだろうな、とは思います。もちろん、首相の立場を考えれば昭恵さんは総理夫人として配慮と見識が足りない部分がおありになったと感じます。しかし、その自覚を人格尊重の見地から強制はできないのではないかと思います。そのありようは残念ではありますが、誰も強制はできず、そしられるとしても、それも含めて総合的に判断すべきことかと思います。人間ですから誰しも完璧には存在しえません。コメントをいただき、自分の過去の投稿を検証してみましたが、私としては中立的な見地で書いていると思いますし、経済的な意味合いだけで政治を判断しているわけでもないし、と改めて思いました。過去の記事に目を通していただければ、と思います。よろしくお願いいたします。
Commented by タリーズ at 2017-10-06 23:32 x
多忙な中、丁寧なご返答ありがとうございました。

<< マスメディアが小池批判を封印する理由 自分をブランド化するのが上手な... >>