システムと相手を座らせる椅子

人と接してみて、あるいは会社やサービスなどを利用してみて
「ははーん、これはこうなっているシステムなんだな」
と最近は非常に醒めた目で見られる。

パチンコは射幸心を鼓舞させる機械の前に座って、お金というガソリンを入れ続ける時間消失システム。

株式投資も射幸心刺激システムであり、それの共通幻想に群がる人々で一大産業を形成している。

関白亭主は妻にした女性に食事や身の回りの世話を要求し続けるシステムであり、子供とは親になる気などなかったかもしれない人に世話と愛情、寛容、気付きを要求し続けるシステムである。

人固有のシステム。
同級生だったA君。まじめで「いい人」といわれる好人物。この人は小さな頃、とても貧しかったという。彼のお母さんも貧しい育ちだったと聞く。
彼はぐうたらな父と働き者の母親の息子として育つ。しかし、A君は奮起して国立大学に合格。その後、さまざまな資格も取る。外国語も堪能だ。しかし、大人になってもずっと貧しい。なぜだろう? 彼の恵まれない人生をたまに見聞するたびに不思議な気持になる。

私なんか高校一年で中退し大検で大学に行った口。語学や数学などをみっちり学んだことはない。A君のほうが学歴はずっと高い。しかし、A君は稼げていない。

なぜなんだろう?

私はそういうことにずっと興味があった。一つには子が親以上になるのは非常に難しい。親を超えるには親とある種、決別しなければならない。A君をはじめとする高学歴なのに人生がうまくいかない人を観察していて気が付くのは、親の潜在意識を生きていることだ。A君は心優しく、貧しさに安心できてしまう視野の狭い母親と一心同体でいるようだ。
親子で「そうだ、そうだ」と団結し、社会性を持たない。社会性がないのは出世という点では致命的だ。自分の相対価値が分らず、自分を客観的に見られないからだ。

A君をはじめとするマザコン男、マザコン女はうまくやっているように見えて実は浮世離れしていて社会に適応しない。彼らが総じて見栄ッパリなのは偏向、屈折、巨大化した親の潜在意識を生きるがゆえに自分の人生にリアリティを感じることができず、当然のごとく常に不安で、それを隠蔽するためだろう。
このペルソナを壊されると彼らは逆上したり、ヒステリーの発作を起こしたり、ウツになったりする。
その脆弱さが彼、彼女達のアキレス腱であり、ガラスの天井だ。
リアリティのない見栄張り人生を親だけが「よしよし」と肯定してくれる。
しかし、自分では内心肯定できていない。
人から見るとその人のありようはもっと奇特だ。

大きくなりたかったら、大いなる人物と接したほうがよい。

もう一つ、相手を判断する時に注目しているのは、「この人は相手をどんな椅子に座らせる人かな」という点だ。どんな女でも美女にしてしまう人がいる。どんな男でも男にしてみせる人もいる(女性なら秀吉の内儀ねねであり、一豊の妻だ)。
一方で人を道化にしないとすまない人、人を親や部下、醜い女、男に貶める人もいる。その人の心の中にはそんな椅子しか用意されていないのである。よい椅子に座るのは自分だけ。他人にはとても座らせる器量がないのである。身内でうまいものを食べ、来た客人には食べ残しのようなものを出す。

美容師、デザイナー、販売員などあらゆる業種の人気者はその人の中にちゃんと相手が気持よく座れる椅子が用意されてある。
言葉一つ、視線一つでその人が相手にどんな椅子を用意しているかが分る。
当然のことだが、その人が自分のコンプレックス解消のために用意した居心地の悪い椅子に座ってあげる必要なんて全くない。
幸福なシステムと居心地のよい椅子を求めて生きていく。
自分のために必要なチョイスである。

by yoshi-aki2006 | 2006-08-25 00:00 | 人間考察 | Comments(5)  

Commented by hikosaka at 2006-08-26 11:43 x
昨日は昔の同僚と先生の講演会に参加させていただき有難うございました。盛況でしたね。面白く、楽しかったです。彼は投信1本ですが、興味が湧いたようです。馴染の店で3店梯子をしました。楽しく過ごす事が出来ました。有難うございました。株式の陽転反応は近いか?16000は割れたが、、、
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-08-26 21:15
hikosakaさま
ご来場ありがとうございました! また、毎度ご厚情を賜り御礼申し上げます。さっそくお礼状を書こうとして以前いただいた名刺を探しているのですが、すぐに出て来ません。お手数ですが、「非公開コメント」の機能をご利用いただき、あて先をお教えいただけますか?
本当にありがとうございました。また、新ネタを考えて年内二回くらいは名古屋にお邪魔できると思っています。
本当にありがたく御礼申し上げます。

また、アスカレポートご購読のH嬢さまからも当方ホームページにメールいただきましてありがとうごこざいました。来週のレポートでご質問にお答えしますね。ご来場ありがとうございました!
Commented at 2006-08-27 06:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-08-30 00:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-08-30 14:55
こんにちは!
ぜひぜひお邪魔してくださいませ!
お待ちしています!!  木村佳子

<< 若いうちになすべきこと! みんなが話題にしてくださるよう... >>