ベトナム投資

ベトナム投資の追加情報です。
テレビでご案内した3つの投信以外に11月に私募債の形でニューフェイスが売り出される予定です。
これは50万円が一口。10万円刻み。
ノーロードなので手数料がかからず、その点では有利。

未公開株が入っているため、これまで発売された投信とは一味違ったパフォーマンスが期待できるようです。詳しくはまた追加情報をお届けします。

テレビでいう予定だったのに時間がなく発言できなかった見通しの一つに11月開催のAPECにてベトナムのWTO加盟が有力視されています。
WTOに加盟できれば外資に門戸開放がなされ、さらに国内景気を刺激し、ひいては株価押し上げも期待できるのではないかと見ています。

個別株への投資は日本の証券会社からは現在のところ困難。
しかし、ベトナムの証券会社に日本にいながらにして口座を開くことは可能です。
ただし、まだ、日本の証券会社から送られてくるような正確なステートメントは期待できず、間違いも多々あるようです。買ってもいない銘柄が買ったことになっている、とか手数料が二重に取られていたとか。
クレームを入れてもメール返信がこないとか遅いとか。
現地証券会社には日本人スタッフがいる会社もありますが、その担当者が病欠や休暇、退職した時のフォローなどにはまた不安があり、現地証券会社に口座を開いて取引している人たちは手探りでやっている様子です。

冒険してもいいという人なら話は別ですが、まずは日本で買えるタイプの信用の置ける運用機関の投信から入門。
ここからスタートするのがよいように思います。

by yoshi-aki2006 | 2006-10-14 01:46 | マネー | Comments(0)  

<< 柿にほうじ茶 軟水vs硬水 >>