柿にほうじ茶

風邪を引いている人が多い。
咳き込んでいる人たちを見るたび、養生力というか予防力を思う。

自分でちょっと気をつけるとずいぶん違う。
いつまでも若々しい歌声を聞かせてくれる歌手の布施明さんが後輩にアドバイスしたことのまた聞きだが、大切なステージの前の日は首にタオルを巻いて寝て、加湿器をオンにしておくといいのだそうだ。

私も「ちょっとのどが怪しいな」と思った時はすぐ、首にタオルを巻いておく。
そのままスコップを持ったら、どこかの現場で雇ってもらえそうないでたちになるが、風邪を引き込まずに済む。
お出かけのときはお気に入りのハンカチにするといいかも。
たった布一枚でも効果があるよ。
日焼けしないで済むしね。

女性の先輩に教わったのはほうじ茶に梅干を入れて飲むこと。
ほうじ茶はカフェインが少ないので寝る前でも安心して飲める。
テレビ局のメイクさんから教えてもらったことだが、梅干を常食している人はデトックス力があり、食中毒にもかかりにくいそうだ。

風邪でおなかを壊す人もいるらしいので梅干はいいかも!

90分体を絞ってランチのあと、今年はじめての柿を食べ、あつあつのほうじ茶と梅干ドリンクを作って飲む。
季節の変わり目。
さあ~! ここを乗り切れば楽しい冬だ!
冬が来ればまた春が来る!
春の準備だと思えば秋冬も楽しい!

by yoshi-aki2006 | 2006-10-15 08:01 | 医食同源 | Comments(0)  

<< 絶え間なく挑戦だぁ~ア、ヨイショ! ベトナム投資 >>