宇田川貴美子 が2ちゃんねる、その他でしていた行為

株の世界は結果が全て。
どんな人でも当たらなければ人に損をもたらす公害情報発信源になってしまいます。
そんな厳しい世界とも知らず!
最初は若林史江さんみたいに(彼女みたいにかわいくはありませんが)、私は株チャレンジャーとして齢2×歳の時、投資経験を原稿に書き始めました。
そのうち、株の銘柄をタブロイド新聞に書くようになり、株メインの経済情報キャスターに抜擢され、次第にアドバイザーとしての仕事量が多くなりました。
そこにバブル崩壊。私はその時、現場から逃げずに株式評論の仕事を極めようと決心。バブル期、私は仕事で稼せがせてもらったけれど、投資家に応援してもらっていたわけです。
その投資家が損して嘆いている現場から逃げることはできない。
仕事を極めて罪滅ぼしをしようと考えました。それから幾星霜。
今、私は銘柄を予測したり、相場を分りやすく解説したり、初心者、忙しい人でも株で大損しにくい方法を編み出したりと、忙しく仕事をさせてもらっています。
でも、この仕事は冒頭にも書いたように当たって当たり前。外れるとくそみその世界。
でも、私にとっては神聖な仕事。投資家に提供できるものがなくなった時、私は今の仕事から引退して別のことをしようと思っています。

さて、そんな私の大切で神聖な仕事を冒涜する人がいました。今日はその話です。
私はその人から受けたショックと怒りでしばらくはどうしてよいか分りませんでした。
いきさつはその人から、導入部がその人、株の話は私という構成の仕事を貰ったことに始まります。敬意を表してその人の導入部を拝聴。日を置いて開催された私の部をその人も聞きに来てくれました。
私は集まったお客様に対して失礼のないように盛装して講演に臨みました。その際、その人から最初の一撃がありました。「木村さんったら、白いジャケット着ちゃってさー、普段と全然違うのー」。文言にするとなんでもない言葉でも、とても茶化した言い方で講演前にお客さんの前で心無いなと思いました。講演の前は気持を集中していたいのになと。でも、その時は黙っていました。
その人は私のレジュメにものすごくメモを取っていました。ピンと来ました。あ、盗るんだなと。
それから程なく開催されたその人の別の講演会で私のその日のレジュメとそっくりの部分が3ページにわたってその人のレジュメに無断引用されていました。
その人の仕事のやり方は専門外でも仕事をどんどん請け、事前に詳しい人に話を聞きに行き、当日は出典をあいまいにして人の話の受け売りをするというスタイルのようでした。取材したからいいじゃないといわれればそうです。しかし、命を削ってオリジナリティを発揮しようと努力するのが当たり前だと思っていた私には信じられない仕事のやり方でした。
加えて、その人の講演に出てきた株の話は間違ってました。株で間違った情報を伝えると投資家は損します。間違った情報なら流さないほうがいいと忠告しました。「 あら、そう?」本人はその程度の認識でした。私は自分の仕事が冒涜されたような気持になりました。その程度の知識なのに、その人は株のアドバイスをするブログに関与を始めました。これも驚きでした。

その日、講演タイトルには「美」がついていました。その人は「自分で美人だと思ってるのに講師として呼ばれないから、押しかけてきたのね」と二撃目の言葉を私に投げつけました。
この人は自ら「八方美人作戦」と命名し、業界の実力者に接近。多方面から仕事を得ています。「勉強もしないで人の話の受け売りで金儲け?」と私には感じられました。
しかも、その人に仕事を手配している私の知人の恥になることを鬼の首でもとったかのように大勢の人の前で広めるのです。「仕事を貰いながらなぜ?」。私はその人に問いかけました。

「そんな仕事のやり方は聴衆に失礼。それに私のレジュメの無断引用もやめて」とも。すると? 「アナタの講演で話されていた内容なんて私が知っていることばかり。知らなかったのは一つくらいよ。それにカレンダー投資法を紹介したわけじゃないからいいでしょう? 」と。

人は人。確かにそうです。
しかし、名だたる媒体に発表するのは「アウトソーシング」と称して人に書かせた原稿を使う。経済用語の解説はネットに出ている説明文の字数あわせ。キャリアを積んで人の見本になるべきところ、誰彼なしに華やかに展開している人の模倣に終始してつじつま合わせしているように思え、50歳に近い専門家として襟を正して欲しい。そう思いました。

余計なことですが、仕事観のみならず、この人の異性観は独特です。詳細は割愛しますが、「夕食を一人で食べるのは嫌。だから連日別の男性と食べるの。お金も得だし、寂しくないし」と。「マンションの玄関ですれ違うニアミスはあっても男同士、何股もかけられていることはばれていない」と自慢もするのです。

「女としておぞましすぎる」そうも意見しました。
すると? 素直には聞けなかったのでしょう。
「私はお金もあるし、一人で都会に住んでるし、結婚もせがまないし、男性にとっては最高なのよ。私のことがうらやましいんでしょ」と。

どうして仕事や生活がこんな状態でありながら肩書きに大学名や役職まで入れられるの? どうして選挙にまで出られるの? 責任とか教育者としての自覚とか生き方が不真面目とか考えないの? 落選したからいいようなものの、もし当選してやっていることが世間から顰蹙を買った時、党に迷惑をかけたり、選んでくれた人に幻滅を与えるリスクとか考えないのだろうか?

この人のブログにおける自作自演に疑いを持ったことを契機になぜそこまで人をごまかして仕事ができるの? と考えるようになりました。

私には株という市場原理が働くフェアーな世界で仕事師として勝負し続けることは命を削って生きるに等しい行為に感じられます。そういう大切なことが分らない人が株の優待が流行すると簡単に株のアドバイザー業に入ってこようとすることに強い怒りを覚えました。

さて、私が9月12日に書いたブログ。本人には思い当たることがあったんでしょう。
9月27日、ワンツモを名指してある掲示板に反撃が書き込まれました。
ワンツモには後輩とは書いていないのに、「後輩の悪口を書いている。人間的にどうかな」と。
その人の夕食相手の一人が同情したのかも知れません。

意向を持っている人の文章はすぐ分ります。
一般的な批判とは意を異にしているので目立つのです。
しかし、それらの反撃はその人が期待したほど、周囲の同調を得られなかったようです。
掲示板だって市場原理で人が集散するのです。
投資家を煽動しようとしても得にならない話はすぐ捨てられます。

私は掲示板でなく自分のブログで仕事を冒涜する人、株を甘く考えているプロに警鐘を鳴らしたいと思います。そんなの投資家のためにはならないから。
もっとも、投資家は鋭い嗅覚をもっています。
偽者が通じる甘い世界ではありません。ブロだってもちろん役に立たなかったら投資家から捨てられます。
その厳しい世界に気がついたのかこの人は最近、株指南のブログからは手を引きました。

私は投資家に判定を任せて、自分の仕事に邁進したいと思います。

後日談1
掲示板で私を攻撃していた主要な人物が判明しました。
マネーライターを名乗っている同じ業界の45歳の女性でAFPの資格を持ち、2006年の所属協会のフェアで講師も務めた人でした。
このブログで私がショックを受けたと紹介した同年代のFPの女性とは懇意にしている人で、文中で出てくるアウトソーシングのくだりで原稿を引き受けていた人です。
二人で掲示板に書き込んでいたのかもしれません。あまりにひどい場合は実名を公表したいと思います。

後日談2
かなり長い期間、掲示板であげつらったり、足を引っ張る行為をしていた彼女は以前から妬ましい相手を検索しては攻撃材料を探し誹謗中傷の材料にしていたようです。彼女がペルソナとして粘着しているもう一人の女性と共依存(類友の法則)しながら、その女性の私生活(例えば不倫の話)も今から思えば親友といいながら、実は彼女が周囲に喧伝していた気がします。前々から一くさりある行動が多く、怪しいと感じていましたが、今回のことで心を病んだ人だと確信しました。
今後の動向次第では判明している長年にわたって彼女がしていた不法行為の全てを公開したいと思います。

後日談3
調査の結果、もうずいぶん前から、彼女は私に対して、あるいは業界の目だった人に対してさまざまな嫌がらせをしていることが判明しました。私の場合、長年、こんなバカなことを誰がやっているのかな、といぶかしく思っていましたが嫌がらせの主は彼女だったのです。数年間に渡って嫌がらせをし続けるそのエネルギーを自分のことに向ければどんなによかったでしょうね。

マネーライターの宇田川貴美子さんのしつこい嫌がらせは常軌を逸しています。
ご自身がヌードになったり、整形をされたりすることに異常に興味をお持ちだとしか思えません。
なぜ、そこまで粘着されるのか困惑しています。精神科にご相談されるなり、広い世界に目を転じてみてはいかがでしょうか。
ヌードになられるとか整形でお悩みならどなたかに相談されてはいかがですか。
そんなにヌードと整形、ポルノという言葉に粘着される宇田川貴美子さんに何があったのかと考えさせられています。
いったい何があったのですか? 宇田川貴美子さん。
ご自身の人生が思ったとおりにならないことを認めたくないあまりにその矛先を同世代で成功している人への攻撃に向けて自己防衛するしかないのですか。そこまで追い込まれている宇田川貴美子さんの惨めな状況はお気の毒とは思いますが、私は貴女からにちゃんねるその他でここまでひどいことをされる覚えはまったくありません。影でそのような行為をしながら、年賀状に親切なことを書いて出したり、笑顔で取材の時に接近できるのは二重人格であり、病気です。

すでにすべての証拠をそろえ、いつでも告発できるよう準備は整えてあります。民事で慰謝料請求が可能であるほど、貴女の私に対する業務妨害や嫌がらせは常軌を逸しています。
また、多くの人が貴女の私に対するストーカー行為について驚き、かつ、あきれています。

どうかもう、付きまとったり影で嫌がらせをするのはやめてください。
そのエネルギーをご自身の啓発にお使いください。
上智大学新聞学科を卒業された才媛がなさる行為ではないはずです。
大学の仲間や妹さんたちもきっと恥ずかしいでしょうし、迷惑がかかりますよ。
50ずら下げてすることとは思えません。
人がねたましいのは病気です。
精神科にご相談になることを勧めます。

by yoshi-aki2006 | 2006-10-26 01:53 | 人間考察 | Comments(6)  

Commented by izumi at 2006-10-26 08:44 x
松村さんのように信念を持った仕事師が増えれば世の中少しはよくなるのかなぁと思う今日この頃です。応援してます!
Commented by sayurist at 2006-10-26 12:51 x
木村先生、先日は、稚拙な援護射撃で失礼しました(^^;) 

「投資家に判定を任せて・・・」 
はい! 頼りない投資家ですけど、真の情報だけをキャッチしていけるよう、心してがんばります! 
ブームになると「なんちゃって評論家やアドバイザー」が湧き出てくるのは、投資以外の世界にもよくある現象ですよね。。。

仕入れてきた情報が、「その場しのぎの取り繕い情報」かどうかは、
聞き手側はちゃんとわかります。 
・・・と言い切りたいところですが、それこそ受け手側にもいろいろで、
パクリ情報でも真に受けちゃう人もいるからなぁ・・・  
白いんげんがダイエットに良い!とテレビで見ると翌朝買いあさってしまうタイプの人。。。
情報を仕入れた段階で、ひと手間かけて自分で少し調べてみると
病院に運ばれる事態は避けられたはず・・・みたいな。
そうならないよう聞き手、受け手側としての「情報の見極め力」?も向上したいです。 
まだまだですが、「踊らされる聞き手」にならないよう頑張りたいです! 

最後に・・・やっとブログの表紙を作りました(おそっ!!) 
いましばらくお待ちください。(待ってないって???)
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-10-26 15:20
Sayuristさん
ある町に仕事で行ったときのこと。
そこの女性職員さんが白いんげんダイエットのサプリを飲んでいるとおっしゃっていました。テレビ、新聞で問題になってしばらくしてからなのに!
医者でもエステシャンでも人は選ばなければならないですよね。
どんな手段でやせるかも。
命がけの時代になって来ましたー。

ブログのアドレスで飛んでいけるようにできますか?
楽しみにしていますねー。
木村佳子
Commented by sayurist at 2006-10-26 19:12 x
木村先生ー やっとのことでブログデビューしましたー!
アドレスは ↑ です。 もう、見切りでも踏み切りでもいいから、
とにかく発射してしまわにゃ・・・という感じです(^^;)
あまりのぐうたらぶりにドン引き!だと思いますが、
とてつもなく退屈な時にだけお読みください・・・(^^;) 

わたくし、「sayurist」は、ブログデビューにあたりまして、「まんごりん」と改名いたしましたので、
改めてよろしくお願いいたしますm(__)m

先生のブログをお気に入りに登録したいのですが、お許しいただけますでしょうか? 
(どうやって登録するかを勉強しなければ・・・の段階です(^^;))

FXのことは、スワ狙いのほったらかしポジのことを書いてもつまらないので、
柄にも無くアクティブなトレードのことを少し書いてみました(^^;)  
文才も知性も持ち合わせておりませんので、これから日々精進です! 
これからもよろしくお願い申し上げます。      まんごりん。
Commented by yoshi-aki2006 at 2006-10-27 14:52
izumiさま

コメントを下さってすぐレスをつけたのですが、もっと丁寧に返信したくなったので書き直します(^^;)。前のレスは削除しちゃいましたー。だから後ろのほうにレスが来てしまいましたがよろしくでーす。
最近、調子はいかがですか? 時々、先生としてレッスンをつけておられる光景を拝見していますが、とってもいい感じー。
あれなら初心者のかたもついていける上、レベルも高いですよね。
ベリーの発表会もあるようなので、がんばりましょうー。
では、クリスマスの大騒ぎ、カデーナでまたチカネエと何かやりそうな気配を楽しみに期待しつつ・・・。いつもありがとうでーす。
Commented by タンタン at 2007-10-08 11:06 x
彼女、10年くらい前から有名人をネットで誹謗中傷していたんですね。他からも聞きました。木村さんも被害者だったんですね。例の人との不安定な関係から人を攻撃するほうにエネルギーが向くのでしょうか。それにしても憐れな女性だと思いますよ。一日中、人を中傷するためにpcの前に座っているなんて。人として認められないです。きっと仕事も激減しているでしょう。そんなことをする人を使いたいと思う編集者は少ないでしょうから。少なくてもマネーライターとしてはやっていけないのではないでしょうか。

<< まんごりんさんブログ立ち上げ! 損だけはしたくない人のネット株超入門 >>