まかない料理

まかない料理とは?
厨房の人が店の人や自分達用に作る客に出すのとは別のお料理のこと。

私も自分用まかない料理を作る。
家族は懐石が好きなので、器を合わせておままごとのようにいろいろと料理を作る。

が! 自分が食べるのは「まかない料理」で充分。
うちは家族が食事のときは私がお給仕に専念するので、自分のご飯のときは一人で食べる。

今日のまかない料理は実に簡単!
小どんぶりに冷ご飯。
そこにさいのめにきった豆腐半丁。
細く切ったアゲ。
そば味噌。

これに昆布だし醤油をちょっとかけてレンジに。

その間に手際よく身支度をする。
チンとレンジが止まったら、ラップをはずして七味をかけ、あつあつの豆腐どんぶり(?)をいただく。
葱やしょうががあればいいが、年末進行で寸暇を惜しむ忙しさのため家には何もストックがない。

これを三杯も食べるとすっごく満腹。
あとは日本茶でしめてGO。

まかない料理のほうが私は好き。
大先輩が年をとったら自分で自分を誉めよとおっしゃっていた。
よって、「アンタは低燃費のプリウスなみの名車だ!」と自画自賛。
それにしても!
せっかくテレビに出る時に限って阿鼻叫喚の忙しさ。
頭もぼうぼう。化粧もなんだか。むさくるしくありたくないと思いながら、原稿作成、資料調べをして局にいき、わさわさと本番を迎えるとどうしても見かけに課題が・・・。

しかし!

済んだことはすぐ忘れよ!
これも師と仰ぐ人の言葉だ。
言ってせんないことは明日に持ち越すな。
それと、「自分の眼で見たこと以外、信じるな」
こんな名句も報道畑の人に教わる。
「こんな話、知ってる?」
と近寄ってくる狼から身をかわす術。

さ、原稿原稿!

by yoshi-aki2006 | 2006-11-28 20:29 | 医食同源 | Comments(0)  

<< 宴会部長の反省 金の蟹でランチ >>