M&Aリスト150社

今日、あるメディアの方が「日刊ゲンダイ見ました?」と教えてくれた。
大和総研が作成したM&Aされる可能性の高い150社の一部が掲載されてあるという。

さっそくキオスクで買い求める。

1位はカルピスだった。

カルピスは体にいい。あの技術、ブランド力は魅力だ。が、地味。時価総額は低い。

昨日の日経ニュースにはアメリカ通商部が三角合併促進要求。

が、しかし、仮に三角合併で外国有名企業の株券を対価に貰ってわれわれはうれしいかなー。
日本人というのは欧米の方が考えている以上にドメスである。
そんなにうまくいかないって。

明星食品と日清食品とスティールパートナーのいきさつを振り返ってもわかるように。
リストはリスト。
机上の空論でなく現実的に。
マネーという切り口だけでは人は動かせない。
日本人を外国人並み発想にするにはなお時間がかかるのだ。

by yoshi-aki2006 | 2006-12-07 23:53 | マネー | Comments(0)  

<< 木村佳子の株式講演会 速報 情けは人のためならず  白大島... >>