経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

株式投資がうまい人

最近、ようやくどういう人が株式投資が上手なのか、その人をちょっと見ただけで分るようになりました(そんな気がするだけかもしれませんが)

一時が万事。ちょっとした行動、発言に触れただけで、
「あ、この人は株がうまそうだなあ」
「じつは大損しているだろう」
ということが分る(そんな気がするだけかもしれません)

お客さんでも講師を見ていて分ると思うんですよね。
「この先生はじつはあまり株をやっていないな」とか
「この先生は実は上げ相場しか知らないな」とか
「この先生は実はあまり儲かってないな」とか。

実際、バブル期に億の借金で買った株が大暴落し、もう引退してもよさそうな年齢であるにもかかわらず、仕事しなければならない業界人もいます。

上げ相場にのって大儲けした経験はあるものの、その後、大きくへこまして先生業は盛況という業界人も。

総括をこめて自己査定すると私は後者であった時期がありました。しかし、二度のバブル崩壊にあっても人に金銭的な迷惑をかけず、なんとか生き延びているとはいえると思います。手堅かった。それは自負してよいのではないかと。

さてさて、日本テクニカルアナリスト協会にはたくさん私の尊敬する先輩達がいますが、
特に「この人は絶対に株名人だ」という大先輩が二人います。
O先生は「テクニカルアナリストである以上、己の技量で儲けてみせよ。それができないで理論だけの人間を俺は信用しない」と後輩たちにはっぱをかけます。
実際にO先生は大成功されていて、御殿にお住まい(と伺ったことがあります)で私たちにも分りやすくノウハウを教えてくださいます。

このO先生に触発されたのがA先生で退職金を運用して資金が大きくなりすぎて運用困難になってきたとおっしゃるぐらいの成果をあげられています。この先生も私たちに分りやすくノウハウを教えてくださいます。

ご両人を拝見していて感じるのは、ちょっとお話しただけで、その発言内容、それに続く行動様式に見事に無駄がなく、問題意識を持ってアプローチ、目的達成の道筋をどうつけるか、目的達成後は速やかに撤退という具合に株のノウハウ同様、いかにも株のうまい人らしい反応形式なのです。

私も早く先生たちのようになりたいな、と思っています。株のうまい人を選んで参考にするのも技量の一つ。目を養いましょうね。
by yoshi-aki2006 | 2007-01-22 09:25 | マネー | Comments(0)