確定申告

足が萎えるかと思った。
出張三昧で席の暖まる暇もなかった先週と打ってかわって今週は朝から晩まで確定申告のための準備に追われた。

私は分らないときは税務署に出向いて何でも聞くようにしている。すると、いろいろな疑問がすっきり解けて得した気分になる。

今週は税務署通い。今日も税務署に。分らないこと、困っていることは悩まずすぐに行く。聞けばちゃんと教えてもらえる。気が遠くなる長蛇の列でも待てば、海路の日和かな。
順番がやってきて、そろばん塾というか寺子屋式に職員さんの指導を受けて記帳できていく。

税理士さんはローテーションがあるようで、それにはまらないと、なかなか次の時間をとってもらえない。

そういう時は資料を抱えて直接、税務署へGO!

振替納税の手続きをしておけば、税の支払いだって4月20日に手数料ナシで払えるのだ。
あ~、やっと正月が来た気分だ~。
確定申告が終わってようやく春を迎えられる気分になれる。
さあ、次は原稿だ! そして週末は萎えた足をほぐしにフラメンコにGO!

by yoshi-aki2006 | 2007-03-15 22:17 | マネー | Comments(8)  

Commented by 大損をしないライフプラン at 2007-03-15 22:26 x
こちらでは、お初にお目にかかります。
先月、『ドクターと従業員のためのライフプラン』というう講演の際、「ご講演のご成功をお祈り」された者です。
報告が遅れましたが、何とか終えることができました。木村先生でさえ、講演後自問されている様子がブログでうかがえるくらいですので、私も当然自問してしまいました。
それと、上記の題名でブログを開設いたしましたので報告いたします。木村先生の『大損をしない』をお借りしています。
3月末は是非お会いしたいと思います。よろしくお願いします。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-03-15 23:59
よかったですね!
ご講演のご成功、本当におめでとうございます。
講演は何度やっても「ああすればよかった」「こうすればよかった」との思いが付きまといます。でも、そうやって成長していくのだと思います。お互いに是非、情報交換をして楽しくためになるスピーカーとして研鑽をいたしましょう。ご来訪、ありがとうございました。また、いろいろと宣伝でも結構ですし、よい情報をお寄せくださいね!
Commented by ぬらりひょん at 2007-03-16 00:56 x
先生こんばんは。
私も自分の分と親の分の申告を2月にやりました。
私どっちも単純なので簡単に済みました。(私はサラリーマンなのでこういうのは楽です)

しかし株と投信の損益通算は源泉徴収済みの口座ばかりで悩んだのですが挫折してしまいました。
ほとんどプラスで税額で2000円ちょいマイナスの口座があったのですが。
(申告すると税率的に不利なのでは?とか疑心暗鬼を生じますね...)
Commented by EYASUKO at 2007-03-16 08:17 x
確定申告おつかれさまでした。わたしも今年から地元の青色申告会の指導を受けて複式簿記に挑戦、やっと14日に終了し、郵送で提出しました。売り上げ300万ちょいの小企業なので、楽勝と甘く見ていましたら大変、いくらやっても追いつかず、苦労の連続でした。もっとも、原因の大半は、自分の書類整理の悪さにあったので、誰をうらむこともできなかったのですが。幸い指導のよろしきを得て、無事財務諸表を作成することができました。インターネットの申告コーナーで、簡単に申告書が作成できたので、一安心して、ほっこりしているところです。
 サラリーマン時代は、総務で給与計算等担当し、従業員の年末調整をしたりしていましたが、青色申告がこんなに大変とは思いもしなかったです。というより、やはりサラリーマンは収入がガラス張りではありますが、税の申告がやりやすいということは、有難いといえるのでしょうか。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-03-16 14:09
ぬらりひょんさま
お疲れ様でした~!
私は納税者番号制度を上手に導入してもらえないかと思っています。
いちいち個人で申告するのではなく、番号で「幾ら払いなさい」と通知が来るほうがラクチンな気がします。
ともかく資料と格闘が大変ですよね~。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-03-16 14:16
EYASUKOさま
14日完成! お疲れ様でした~。よかったですね!!
書類整理をやっているうちに時間が吸い取り紙に吸い取られていく感じになって夜も昼もなくなってしまいました(焦りました~)。
この時期の税理士先生の不機嫌、無愛想も理解できました~。
私のような職種はサラリーマンがうらやましいのですが・・・。
しかし、ともかく申告できてうれしいです。
税金が高かろうと、申告できることが喜びです。
税理士さんはこちらをおもんぱかって節税をアドバイスしてくれるのだと思いますが、そんなめんどうなことをしなくても税金を納めたほうが話が早いと私は思うほうです。
税金の高い、安いより、早くできる、めんどうでないほうが私は好きです。それにしても税務署は本当にいいところです。いろいろ分らなかったことが分るので是非、これからもしょっちゅう、問い合わせに出向きたいと思います。青色申告会も活用すればとてもいい機関ですよね。また、遊びに来てください! お待ちしています~!
Commented by 大損をしないライフプラン at 2007-03-17 22:33 x
先生にはいつも、それこそ『ぐっとくる言葉』を頂戴し、いつも嬉し涙を流しています。
後からの自問は、講演だけでなく、今の私の仕事にもいつも付きまとっています。自分の会社の支店とは取引をしていただいているものの、本部の人間としてそのお客様と一見で会うことが多いのです。初対面の限られた時間で、支店の社員が聞き出すことができない専門的でかつお客様の本当のニーズを聞き出して帰らないといけない。ということをしています。その面談が有効なものに終わらなければ、お客様や支店の社員にとっては「あの人何しに来たの?」ということになってしまいます。ですから、営業でも「ああすればよかった」の思いがいつもつきまとっています。
実は、昨日、ある会社の販路拡大を真剣に手伝いたいと訪問し、専門知識をぶつけ、現状の課題をあぶり出そうとしたものの、1時間近くのディスカッションで何も結論が出ないまま、「どうせお宅じゃ無理でしょ?」という感じで終わってしまい、かなり悔しい思いをしたばかりでした。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-03-17 22:58
大損をしないライフプランさん
難しい問題。毎日毎日、止むことなく、仕事をしている限り手を変え品を変え、私たちを襲ってきます。
しかし、私も最近、この宿命にようやく開き直りができるようになりつつあります。ギブアップしないでぶつかっていくわよと。求め続けることだと思います。向こうが手を変え品を変え私たちを襲ってくるなら、こちらも手を変え、品を変え、アプローチし続けること。前向きでいる限り、きっと出口は見つかると思います。世の中、鬼や夜叉ばかりではないと思うのです。その人の鬼の顔を引き出してしまうか仏の顔を引き出してしまうかが自分の器なのではないか。私も時々人に叱られますが、そのときはそう思うようにしています。そして、首尾よく行ったときはよくやったと自分を誉めましょう。きっとあなたならできますって! がんばりましょう!

<< 錯誤 一見さんお断り >>