医は仁術 パート2

血が噴出す体を抱えてついに大病院へ。
予約がないとどこでも門前払いだが、そこはネゴシエーションで乗り切ろうとの作戦。
近所の医師からいただいた紹介状の病院を検索すると、お名前の先生は金曜日の教授。
今日は木曜日。することはほかにある。ダメなら、金曜日、紹介状の先生のところに行くことに。

以前、雑誌の記者さんから教えてもらい、ネットでしらべていたS先生のいらっしゃるはずのY病院へ。階段の上り下りだけで、ぜいぜいする。んー、これはただ事ではないぞぉぉぉぉ・・・。

病院の前につくと? あららーん。解体工事が・・・。何々???
張り紙によるとこの先のYY病院に移転したの? 

また、数百メートルほど歩く。なんともゴージャスなホテル並みの病院。こんなのができたんだ? 全予約制と受付ではねられるのを交渉して、なんとか、科受付へ。
そこの女性が非常に優秀で私の話を聞くや、別の病院にいらっしゃるS先生を探し出してくれる。タクシーで一路、S先生の移転先のM病院へ。
ラッキーなことにその日は初診外来受付日で時間も間に合う。さて、待つこと六時間半。やっと看ていただけることに。


いやー、話には聞いていたが、「医は仁術とはこういうことだ!!」と感動した!
これまで、テレビの上山先生しか「仁」の先生を知らなかったが、S先生もそれはそれはすばらしかった!
患者が引きもきらないはずだよなあ!

帰るとき、「よく来てくれたね! ありがとう」といわれたのには感動のあまり絶句してしまった。
要するに「あなたの患部を私が治させてもらえる。ありがとう」と先生は言ってくださったのだ。
もしも、私と同じ病で悩んでいらっしゃる方がいらしたらメールください。是非、お教えします。
(ブログで不用意にご紹介するとただでさえ、患者が殺到しているのに病院や先生、患者さまにご迷惑がかがると思いますので)

ところで私の病。「ここまでひどくなるまでよくがまんしていたねえ、辛かったろ?」
と、その言葉の後に先生と一緒に看てくださっている若手先生が
「通常の人があなたのレベルの貧血にすぐなれば、間違いなく死んでいます。そのレベルの貧血です」と言われてびっくり!
「あー、なんかおかしいと思っていたがやっばり、それほど悪かったんだ・・・」と思った。

が、「一緒に治して行きましょう!」とS先生、若手先生、女医さんに励まされる。
「肉とか食べてくださいね」
死のリスクを聞いた後なのに、自分の頭の中に「帰りに焼肉でもたべるべ」という考えが浮かんだのにはちょっとおかしかったが、なぜか、鴨南蛮を食べて家路に。

貧血は侮れない・・・。
養生しようと思った一日でした~。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-06 07:43 | 感謝 | Comments(17)  

Commented at 2007-04-06 09:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-04-06 09:57
ありがとうございます。
是非、治したあとの爽快感を味わいたいと思います。
この病とは37歳の時からのお付き合い。
特にこの五年はひどかったでーす。
また、いろいろお教えくださいね!
Commented by スーザン at 2007-04-06 10:39 x
いつもROMしてました。病院見つかったんですね。良かった。ほんと、ほっとした。嬉しいです。私もがんばろう。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-04-06 10:58
スーザンさん
同じ症状を持っていらっしゃいますか?
お互いにがんばりましょうね!

それにしても、私事に喜んでいただいて大変うれしく感謝申し上げます。私も人に対してスーザンさんのような気持が持てるようになろうと思います。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by amormai at 2007-04-06 14:04 x
いい先生にめぐり合えて本当によかった~!
朝礼の時 貧血でよく倒れていたので、身につまされました。
今は、その面影がないほど「丈夫で長持ち」ですが・・・
とにかく養生してください!お大事に・・・
 焼肉もレバーなど貧血改善にいいのでは???
Commented at 2007-04-06 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by izumi at 2007-04-06 19:33 x
そんなに大変な貧血だったのですね~
ほんとによかった、いいお医者さまにめぐり合えて!
もとから色白な方だとは思っていましたが、最近は特に白いなぁと感じてたんですよ~・・・
発表会、出演予定ですよね?
私はお手伝いで裏方にいるので、調子が悪かったらすぐ声かけてくださいな!いや、お声かけられなくても様子見てますね!
頑張って乗りきりましょう~!!
Commented by Mayu at 2007-04-06 20:54 x
本当によかったですね。
それにしてもそんなにひどかったなんて。。しっかり治して下さいね。
Commented by ココナッツ at 2007-04-06 22:38 x
先生、無理しないで。貧血はゆっくりと治していかなくてはなりません。体を休めてください。心配です。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-04-06 23:54
皆様
本当に暖かいコメントをたくさんいただきありがとうございます。
自分でも段々色が白くなっていくので、「き、気持悪い~」と思っておりました。どこを見ても白い! 血の気がない!
足がもつれるし、靴が入らないほどむくむ。
唇とかも真っ白けに。
爪がパリーンと割れる。
結構ホラーな体験でした。

また、年々、××が大××大サービス状態で、
「おおー」
と感じるほどで、先月来、とんでもない状態だったんです。が、もう大丈夫です。「敵」の姿が分りましたから! 結構この病に詳しくなりましたので、お困りの皆様に還元できたらと思います。
これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございます!
明日は関西に出張です。体をいといながらがんばります
Commented at 2007-04-07 00:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-07 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-07 00:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-07 01:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-04-07 05:43
そらまめさま
是非、メールをホームページからくださいませ。S先生をお教えいたします。
コメントをくださいました皆様、ご対応させていただきますので、
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。
Commented at 2007-04-08 13:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-04-08 22:36
Minamiさま

えっ、ひょっとしてお顔見知りですかーーー。
今回のことでつくづく思いましたが、やっぱりフラメンコって踊りの中の最強の踊りって気がします。あれを踊りとおせる女性というのはそれだけたくましく、健康なんだと思いました。
先日のレッスンの時、あまりにぜいぜいするので、まわりのみんなが「大丈夫~」と心配してくれ、自分でも大丈夫かなと思っていたところ、医師に「死にますよ」と言われて、ちょっとびっくり・・・。

もしも、東京で治療されることがありましたら、先生
ご紹介いたしますのでいつでも、当方のホームページにメールくださるか、シークレット機能でメルアドを教えてください。

お互いに貧血から立ち直りましょう!

<< 電話一つで 医は「仁」術 >>