新幹線・水戸黄門報告

大阪の講演会に多数お集まりくださり、ありがとうございました!
南海スイスと日が近かったので重複してご来場くださる人に失礼があってはいけないと新ネタを織り込んでお話させていただきました。
多少は新しい知識を取得していただけたのではないかと自負しております。


さて、今回も帰りの新幹線で「なんと心得おる?」と説教BABAを炸裂させてきました。

ドクターズバックを抱えた、年のころ45歳前後の男性。
ちょっと気の利いた人なら、隣席に座るとき軽く会釈くらいはして着席するのに、無言であるところからして、前途に暗雲を感じる(だいたい、最初に分るのだ)。

ドクターバックを持っているので、一瞬、
「医師かな?」と窓ガラスに映った彼の読むレポートを見ると英語だ。
ドクターなら、ドイツ語の文献を読むのでは? また、レポート・タイトルが医師の読むようなタイトルではない。 
「医師っぽいが、大学の講師かも? 教授というほどの品格はないなあ」
と勝手格付けしていると、携帯がひっきりなしに鳴るらしく、取り出してはしゃべるしゃべる。
話の内容から、彼の親かなんかが、大学病院に担ぎ込まれたらしく、男は東京の病院に向かう途中のようだ。
「お取り込みで気が動転しているのな。ベル音もマナーにしているし、ま、席で話をする点にあまり目くじら立てるのはよそう」と鷹揚に構えることにする。

しかし、男性はそれ以降も何度も何度も携帯を受け、座席でしゃべる。
10回はそんなことが続いたろうか?
前の席の男性が立ち上がって、まじまじと非難がましい目線で男の顔を見ても男はへーキ。段々、「傍若無人なやっちゃなぁ」との思いがこみ上げてくる。

私の列には大阪から明らかにその筋の男性が乗って来ていたので、私は、そのヤッチン風が切れて何かいわないかなぁ、とひそかに期待する。
ところがヤッチン風は漫画雑誌を読みふけり、態度はでかく、顔は怖いのに全くおとなしい。
そこに男性クルーが通りかかり、私の隣の携帯通話男をやんわり、しかし、しっかりといさめてくれる。
やれやれ・・・。これでやっと静かに眠れるワイと目を閉じうとうととしていると・・・・。

懲りない携帯男はそれ以降もずっと携帯で話続けるのだ。
貧血改善薬を飲み、めきめき元気を回復してきている私。
ついに怒髪天をつき、水戸黄門様状態に!

「話したかったらデッキに移動してください」

ところが携帯男はきょとんとしている。

「マナーを守っていただきたいですね」
と畳み掛けるとようやく、「すみません」とクマのようにのそのそとデッキに移動。
すると、周囲の男性らからは「アンタ、よくぞいったね」と賞賛のまなざしが・・・・。
なんでみんな黙ってたのー。私にはそれがとっても不思議~。
特にヤッチン風。
ああいうところで渡世の仁義をといてくれれば、ちょっとは遠山の金さん的な賛同もえられたはずなのに~。
それにしても。
英文読解力はあるらしいのに、懲りずにマナー違反し続けられる大人がグリーンに乗っていること自体、私にはショックだ~。無神経、人を人とも思わない人が金儲けにたけ、地位があるらしいなんて。
考えさせられる出来事でしたねー。

次第に血の気が多くなってきている私。
もっと炸裂する日は近いかも~?

by yoshi-aki2006 | 2007-04-08 22:58 | 人間考察 | Comments(4)  

Commented by sifer at 2007-04-09 06:21 x
昨日は、お疲れ様でした。
私も、セミナーに参加させていただきました。
やっぱり、本職の人の講演は、聞かせるものがあると感じました。
しかし、帰りにこんな事件があったとは、驚きです。
男性の場合、同姓にしかられるより、女性の方がこたえますね~~
木村さんの世直し旅は、まだまだ続きそうですが、お体には気をつけてください。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-04-09 10:04
siferさま
ご来場ありがとうございました!
時々、新幹線の中などで、なぜ、無料で講演しているのかなと思うことがあります(笑)
Commented by EYASUKO at 2007-04-09 13:16 x
木村先生、ありがとうございました。メールを頂戴しながら、旅行に出かけていたため、お礼がおそくなりまして申し訳ございません。
 貧血の治療が功をそうしているようで、お喜び申しあげます。医療も、格差が広がり、医療機関の良し悪しで、人生が決まってしまうような昨今です。
 どうぞ、お体をご大切になさってください。これからのご活躍を期待しております。ありがとうございました。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-04-09 16:04
今日も病院に行ってまいりましたが、待つ時間は非常に長くなりますので、お時間に余裕をみて、電話で予約していらっしゃることをおすすめいたします。
いろいろご心配いただきましてありがとうございます。
幸いにも薬が効いて、少しずつ楽になってきました。
副作用もありますが、薬の力は大きいですね。
また、いろいろご意見をお寄せくださいませ~

<< 42歳厄年 2 電話一つで >>