経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

投信セミナー

今日は投信セミナーの進行役を務めさせていただいた。
皆さん、非常に真剣だ。
まじめにメモをとって聞いてくださる。

私の役どころは7人のお話手をご紹介し、投資家の皆さんのお聞きになりたい事柄をパネラーの方から引き出していくこと。

一番最初の基調講演で時間が10分、ご説明のところで25分おしてパネルディスカッションでお尻を縮めようと時間をさばいたつもりだが、ちょっとせわしなかったかなと思った。

今日、ご紹介したものはどれもこれも買いたい投信ばかり。
分配金をもらうタイプ、もらわないタイプ、分散型などいろいろ。
マネーマスコミの中には投信に対してネガティブな指摘をしているものもあるが、ライフスケジュールやスタイルなどその人の必要とするものに合致したものなら、私はその投信はオススメだ。


また、手数料や信託報酬、リスクに関してもネガティブな見方ばかりしていては始まらない。
運用とは「試みてみるもの」と今日のパネラーの先生がおっしゃっていた。
投信の長所もあるから、研究の余地は大きい。
by yoshi-aki2006 | 2007-06-03 19:08 | マネー | Comments(4)
Commented by ココナッツ at 2007-06-03 21:59 x
私も投信をもっています。
投資の初心者なので、株より安心という気持ちはあります。

正直いって、いまだに毎月分配型が悪いという評判がよくわかりません。(^^;
たしかに、基準価格は上がらないけど、それは、それなりに、
使い道によっては、いいのでは・・・などど思ったりもしています。

Commented by yoshi-aki2006 at 2007-06-04 02:43
ココナッツさま
毎月分配型否定論は毎月分配金を出す度に税金を支払っている損、元金に加えて増やせば儲かるチャンスも増加するのに、現金として支給すれば、それがないから、損。それにそのつどのテマが手数料の高さに反映されている場合が多いからそれも損。極論すればそういうことのようです。
しかし、税金は払うのが当然でけちなことをいうなと思う人はオッケー。今、現金にして使うので元金が増えないのはかまわないならオッケー。テマがかかるのだから手数料を払うのは当然と思う人もオッケー。
ついでに毎月分配型は海外の債券に投資したいるタイプ化が多いから円高になったとき損するというネガティブ意見もあります。
だったら円高になったとき、補填するタイプのモノを持っていればオッケーと思う人はよいわけです。

長所ととらえるか短所ととらえるかはその人次第。私も、別に手数料が高くてもその分、利便性があればいいし、リターンが多ければいいし・・・と思います。

けちなことをいろいろあげつらうことないじゃないかと(笑
Commented by ココナッツ at 2007-06-05 20:28 x
なるほど~。

実は、毎月分配されるお金で父の入院費の一部を払いました。

分配型でないと、解約して、信託報酬など差し引かれたり、
手続きが面倒だったり、お金が減るという実感がわいて
淋しい思いをしたの思うのですが、お小遣い感覚で、毎月
あるので、そういう事がなく、私的にはよかったです。

そんな使い方も分配型にはあります。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-06-07 20:55
ココナッツさま

買われたかたが「よかった~」と納得されることが一番だと思います。FPにもいろいろな意見があって手数料を払うのは損だから安くという人もいれば、高くたってリターンが多ければよいという人もいます。私は後者です。