変調の兆しあり

このブログでも紹介したが
6月末に野村総研の芳賀沼千里さんが「変調の兆しあり!」という主旨の基調講演をされた。
「変調」ということは「株は調整するよ」ということであり、それを耳のいい人は聞き分けているわけだ。そして、行動できる人はすぐ対策を打ったはずだ。
一方、「ふーん」と聞いて、事が起こってから慌てる人もいる。
後者が「大衆」というか「普通の人」、つまり「人並み」である。

「人並み」ではいつも混雑したバスに揺られていくことになる。

人よりちょっとだけ早く電車に乗ればいつも空いた車内で悠々と目的地に着ける・・・・。

分っちゃいるけど????

by yoshi-aki2006 | 2007-07-25 09:36 | マネー | Comments(2)  

Commented by hikosaka at 2007-07-25 16:35 x
北浜に天神底と言う諺?聞いたことが有ります。昨日から天神祭りが始まりました。今日、打診買いを入れてみました。果たして目的地に着けるか?期待しつつ、為替を睨みながら、、、
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-07-26 05:42
8月もチャンス(安値)があると思いますが・・・。
選挙の行方もよく観察していたいですね。

<< リアリストの経済人 中原伸之先生 国政は人の幸せを静かに喜べる人に >>