ご機嫌さん

長年、猫を飼っていたので「猫博士 初級」くらいは名乗れるのではないかと思います。猫のご機嫌には詳しいのです。

猫も人間と同じで浮かれポンチキな時もあれば、みょうに元気のないときもあります。
そして猫の悩みも結構深いものがあります。猫の背中を櫛で掻いてあげていたときのこと。
猫は私に感謝して、気持よさそうにしていました。が、時々、なんともいえないつらそうな表情をみせることがありました。
どうして?
あるとき、猫の背中の地肌を調べていたら、ちょっとしたできものというか、ほくろみたいな隆起があり、櫛がそれに当たって痛かったらしいのです。でも、猫はご主人様が櫛で背中を掻いてくれているのに、ありがたいという表現のほうを優先し、痛いことを訴えなかったのでした。ホントに私ったら鈍感なことです・・・。

人もよくよく注意していると微妙にご機嫌さんな時とそうでない時があるようです。
飲み友のAさん。
穏やかな人であまり激しい感情表現はしないのですが、何度か杯を重ねるうち、
「今日はご機嫌なんだな」という日と落ち込んで不安定な日や不機嫌な日がわかるようになりました。定点観測の効用・・・、というか、そういうことをお互い分かり合えるのが友達付き合いですね。

以前の住まいにある分野で世界的に有名な××先生がいらしたのですが、この方は、玄関ホールなどでお会いした時、人をひと目見てその人が今、ご機嫌さんなのかどうかが分るらしく、
実にその場その場にふさわしい対応をされました。
こちらが機嫌がよいときはウィットに富んださりげない会話を。
こちらがブルーな日は会釈だけという具合に。

私も株だけでなくそうした人の状態を見る達人になりたいな、と思います。
ところで株式市場はなんともすざまじいことになって来ました。が、早くも底入れしたかにみえる銘柄も出てきています。16日の三時半からの生放送では投資法についてのお話をします。お時間があいましたら、ご覧くださいね!

by yoshi-aki2006 | 2007-08-16 01:42 | 人間考察 | Comments(0)  

<< ジパング 日生劇場地下 春秋ツギハギ >>